うつ病で頭痛が?うつ病から来る「偏頭痛」と「緊張性頭痛」について

うつ病は、やる気が出ない、家から出たくない、食事もしたくない、今まで楽しかった趣味なども全くしたくないなど、全てにおいて悲観的になります。

これらを『精神的病状』と呼び、頭痛などを伴う自律神経失調症のような症状からくるものを『身体病状』と呼びます。

うつ病とは?

うつ病と言う病気もとても一言で表せる病気ではありません。そして、治療法なども一つと言う訳ではないのです。

上で述べたように、『精神病状』と『身体病状』この二つのどちらが先になったのか、またどちらの方が強いのか、それによって治療法も変わっていきます。まずは、この『身体的病状』の中にある頭痛から見ていきましょう。

頭痛

原因不明の身体の痛みを『身体的病状』と呼び、その中にある頭痛についてですが、頭痛と言っても二つの頭痛があります。

一つは、『緊張性頭痛』、もう1つは『偏頭痛』の二種類で、緊張性頭痛が70%、偏頭痛が30%となっています。

しかし、緊張性頭痛の場合、長い間原因不明で効果的な治療法はないとされていましたが、しかし、2010年10月に東京脳神経センターから、この緊張性頭痛を首のコリが原因で起こる頭痛と発表しました。

緊張性頭痛

この『緊張性頭痛』は、頭半棘筋と言う、首の後ろの筋肉が固くなり中を通っている大後頭神経を圧迫することによって起こるとされています。

緊張性頭痛』の特徴として、次の4つがあげられています。

  1. 後頭部から首筋にかけて突っ張るような痛みがある
  2. 頭を強く締め付けられるような圧迫感がある
  3. 一時的ではなく毎日のように何時間も頭が痛む
  4. 夕方から夜にかけて痛みが強くなる

偏頭痛

次に偏頭痛ですが、『偏頭痛』は別名『血管性頭痛』とも呼ばれてい、頭の中の血管が広がることで、神経の末端を刺激して、痛みを感じると言われています。

血管が拡張することで、痛みが生じるため、脈をうつたびにズキンズキンと痛みが生じ、吐き気まで伴う場合があります。また偏頭痛と名前がある通り、痛みは左右どちらに偏ります。

改善の方法

頭痛を解消するのには、毎日の生活を改める必要があります。まず、デスクワークなどの仕事をされている方は何時間も同じ体勢でいるので、血液が固まりやすく首のコリを発症し、頭痛が現れてしまうので、仕事の合間でも、首を回したり軽く動かしましょう。

それから食べ物から解消する方法もあります。ビタミンB1が最も効果的です。ビタミンB1は筋肉を和らげる作用があります。昔は玄米などで充分に補えていたのですが、今はほとんどが白米ですからね。

あとは、ホウレン草やごま油、エゴマ油です。エゴマ油は脳の神経細胞にも効果的に、発揮するのでぜひ一度試してみてください。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ