病院で言われた気分変調症とは何?うつ病より軽症でも期間が長い!

毎日なんとなく気分がすっきりしない日が長い間続いていても、それが病気だとは気づかずに自分の性格のためだと考えて何の対応もしない人も少なくありません。

そんなにつらくなくても憂鬱な気分が続く事で、普通に生活をする事さえ困難になる事もあります。また普段の生活の中での行動で、人に言われて気がつく事もあります。

また自分で、もしかしたらうつ病かなにかかもしれないと病院を訪れてその時に気分変調症と初めて耳にする人も少なくはないのです。今回はそんな、気分変調症について調べました。

気分変調症とは?長い間気持ちが晴れない日が続く!

気分変調症とは、1日のほとんどの時間を憂鬱な気分で過してしまう症状が長く続く慢性の病気です。気分変調症というのは、WHOの分類での呼び方でアメリカの精神医学会の分類では気分変調障害といいます。

日本では抑うつ神経症と言われ、神経症性うつ病という言い方もありました。うつ病(大うつ病性障害)とよく似ているのですが、比べると軽い症状で「いつも憂鬱な気分が続く事」という点から区別する事が出来ます。

※神経症とは、最近では神経症性障害と呼ばれています。ノイローゼの事で、不安神経症、恐怖症や強迫神経症などに分けられます。

どんな症状があるのか!

症状としては、長い間軽い鬱の状態に見えます。何をしても楽しくない、楽しめない状態にあります。よく見られる症状を下記に挙げました。

    <気分変調症でよく見られる症状とは>

  • よく眠れないとか、常に眠気に襲われる
  • 食欲がなくなるとか、逆に過食になる
  • いつも疲れた気がする
  • 自分はだめだと、自身が持てない
  • 集中して考える事が出来ない

なぜ気分変調症になったの?生活環境も原因の1つ!

気分変調症はうつ病と症状が似てはいるのですが、原因は必ずしも同じではないのです。以前は、性格から来てきるという見方が多かったです。

気分変調症は、一見元気そうに見える時があり瞬間的に気分がよくなる事もあります。うつ病に比べると、患者さんの個人的な心の苦しみが多いです。この様な事を考えると、育った生活環境の影響があると言えます。

生活環境が原因とは?

成長期や思春期には、生活環境は人間の性格が出来るのに大きな影響を与えます。常にいつもストレスを感じるような状況の中にいた事も原因の1つと言えます。

病院ではどのように診断するの?診断基準がある!

うつ病よりも軽症とは言っても、患者さんにとってはなんとなく気分が晴れないが長く続くというのは日々の生活をおくる中ではとても辛いものです。1日も早く病院への受診をお勧めします。

また、うつ病の治療をしているがなかなか結果として現れれていない等と不安を感じた時には1度病院で気分変調症の事を含めて相談されたほうがいいです。病院では、診断基準を基に症状などの情報を含めて診断をします。

ICD-10の診断基準とは!

病院での診断を受けた時の診断基準となるICD-10というものがあります。これは、WHOの出している診断基準になり「気分変調症」となります。

DSM-Ⅳ-TRの診断基準とは!

ICD-10と同じに病院での診断基準にDSM-Ⅳ-TRがあります。アメリカ精神医学会で分類されているものです。こちらでは、「気分変調性障害」となります。

診断された後の治療とは?症状に合わせて行なう!

治療には、薬物治療と心理療法が行われます。ただし、患者さんの心の問題に対しての対応は薬物では対応しきれないケースが多く見られます。

これには、メンタルな面へ近づいて働きかける事が必要になります。患者さんが自分の力で日々のストレスを和らげる事が出来、達成感を得られると自尊心も回復されます。

そして治療でのポイントは、この病気は気分に左右されるが性格が問題ではないという事を認めそして、自分の長所を見ましょう。

薬物療法ではどの様に?

気分変調症の治療では薬物治療の効果も少なく副作用が多かったのですが、最近では副作用の少ないセロトニン系に選択的に働きかける薬やセロトニンとノルアドレナニンに選択的に働きかける薬が開発されています。

対人関係療法とは何?

心理療法の1つになります。精神疾患は、人間関係に何かの問題がある事が多くあります。そこの所を改善させる為に行なわれます。気分変調症の患者さんは、特に対人関係に不安を持っているので高い効果が期待できます。

他の合併症が心配?不安が続き心の病気を併発する!

なんとなく憂鬱な日々が長く続きながらも、自分の性格やその時の年齢等により感情が原因なのだと考えてあまり気にしないで過してしまうケースが少なくありません。

結果として、ストレスが気づかないうちにたまりうつ病を併発させてしまう事も多くあります。不安が続くことで、アルコールなどに逃げて依存に繋がるケースもあります。このように他の精神疾患に繋がる事もあるので、気がついた時には早めに専門医での受診をお勧めします。

うつ病とはどんな病気?

うつ病とは症状が色々あるのですが、精神的ストレスや身体的なストレスや様々な事が原因になり脳の機能に障害が起きて脳の働きが悪くなるので自分が何も出来ないだめな人間と感じてしまうのです。

ストレスが影響する!

ストレスにどれだけ耐える事が出来るかその力の事になります。これは個人の差があるので同じ事をして同じ事を言われてもストレスを感じやすい人とそうでない人がいるのです。

まとめ

今回は、自分では気づきにくい気分変調症という病気について症状や診断について治療についてそして併発する病気について調べました。

気分変調症とは、1日のほとんどの時間を憂鬱な気分で過してしまう症状が長く続く慢性の病気です。気分変調症は、WHOの分類での呼び方でアメリカの精神医学会の分類では気分変調障害といいます。

症状としては、長い間軽い鬱の状態に見えます。何をしても楽しくない、楽しめない状態にあります。病院では、診断基準を基に症状などの情報も含めて診断をします。

治療は、薬物治療と心理療法が行われます。治療でのポイントは、この病気は気分に左右されるが性格が問題ではないという事を認め自分の長所を見る事です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ