あなたもうつかも?うつ状態の自己チェック法

ここ数年で日本国内のうつ病は急増しており、現在100万人弱の方が何らかのうつ病もしくはうつ状態にあると言われています。

ここでは自分がうつ状態にあるのかそうでないのかチェック法をご紹介しましょう。

直近2週間の状態

最近2週間の自分を振り返ってください。

A. ほどんど毎日一日中ずっと憂うつで気持ちが沈んでいた。

B. ほとんどのことに興味がなくなっていたり、いつもなら楽しめていたことが楽しめなくなったりしていた。

このAとBに当てはまらない人はうつ状態にはありませんが、1つでも当てはまる人は以下の質問に答えてください。

7つの質問(うつチェック)

  1. 食欲がない、または食欲があり過ぎ。自分で意識しないうちに体重の増減が大幅にある。
  2. 毎晩のように睡眠の問題(寝付きが悪い、真夜中に目が覚める、朝早く目が覚める、寝過ぎてしまうなど)がある。
  3. 普段に比べて話し方や動作がずいぶん鈍くなったり、またはイライラしたり落ち着きがなくなったり、静かに座っていられなくなったりした。
  4. 疲れやすくなったり、気力ややる気が出なくなったりした。
  5. 自分は価値のない人間だと感じたり、生きていることが申し訳ない、迷惑ばかりかけてすまない、という気持ちになったりした。
  6. 何かに集中したり、考えをまとめて決断するということができなくなったりした。
  7. 自分を傷つけたり、死んでしまいたい、死んでいればよかったのに、と思うことがあったりした。

上記の1~7の中で当てはまるものが4つ以上、またはA、B両方に当てはまり、かつ、1~7で3つ当てはまる場合の方に質問です。

最後の質問

「A、Bの症状のため苦しくなり仕事や勉強が全くできない」

この質問でYESの場合にはうつ状態にある可能性が高いと言えます。逆にそれ以外の方は、うつ状態にある可能性は低いということです。

しかしこのチェック法はあくまでも自己診断の目安で、他にもうつ状態のチェック法はいくつもあります。どんな病気でも早期発見は早い完治に繋がります。

心配のある方は心療内科などカウンセリングを受けることをおすすめします。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ