その仕事をミスはうつ病のせい?そうなったときの対処法は?

あなたやあなたの近しい人、あるいは先輩、後輩、部下、同僚で、最近仕事でのミスが増えたな、という人はいませんか?もしもそれまでは仕事が普通にできる人だったのに、急にミスが増えてきたら、その原因はその人がうつ病にかかっているからかもしれません。

ここでは、どういうミスや症状が出たらそれはうつ病なのかを紹介し、その場合の対処法についてあわせて説明します。

これはうつ病のサイン?仕事の能率が落ちたら要注意!

まず、うつ病にかかると、仕事の能率が落ちます。今まで仕事ができていた人の仕事ぶりが悪いほうに変わったら、うつ病を疑いましょう。

なぜうつ病になると能率が落ちるのかというと、以下のような要因があります。

集中力がなくなるから

うつ病になるとまず集中力がなくなります。それによって、仕事をこなす能力が極端に落ち、能率も悪くなります。

認知能力が落ちるから

同時にうつ病になると、ものごとを認識する能力も落ちます。「最近ボケてきたな」「忘れることが多くなってきたな」というようなことが起こった場合、それはうつ病の可能性があります。中には「若年性認知症」を疑って病院にかかったところ、うつ病だったということもあります。

これはうつ病のサイン?判断力がなくなったらうつ病かも!

さらにうつ病になると、物事を判断する能力も落ちてきます。今までどのような案件でも素早く判断し対処していた人が、いきなりYes、Noを決められなくなってきたら、それはうつ病のサインかもしれません。

なぜ判断力がなくなるのかというと、それはうつ病にはこのような症状があるからです。

精神運動が遅くなるから

精神運動とは物事を考えたりする脳のスピード能力のことです。この能力が落ちてくるので、判断力がなくなるのです。

理解力が低下するから

うつ病になると、物事を理解する能力も低下します。したがって、何かの案件があってもYes、Noが即座に出てこなくなるのです。

これはうつ病のサイン?遅刻、早退、欠勤が増えたら危ない!

また仕事そのもののミスではないですが、うつ病になると遅刻、早退、欠勤が増えてきます。今まで非常に几帳面に規律を守り、無遅刻無欠勤だった人が、急に遅刻や早退などが増え始めたらうつ病のサインです。

なぜそうなるかというと、うつ病には以下のような症状もあるからです。

身体がだるくて朝起きられないから

うつ病は精神の病ですが、身体にもその症状は現れます。身体の異常なだるさ、倦怠感もそのひとつです。これが発症すると、朝どうしても起きられず、遅刻やそのまま欠勤してしまう、ということが増えるのです。

時間の観念がなくなるから

先に書いた症状とつながりますが、うつ病になると集中力がなくなると同時に時間の観念がなくなってきます。それによって今まで注意していた出勤時間、退勤時間の観念が薄くなり、遅刻や早退が増えてくるのです。、

このような症状が出たら?以下の対応をすぐにとろう

以上のような症状が出たら、まず心療内科や精神科に連れていくことはもちろんですが、職場としては以下のような対応をする、あるいは本人にさせることが重要です。

うつ病だとわかったら?まず会社に伝えよう!

うつ病を疑って、50%でもその可能性があるなら、すぐに会社にそのことを報告するか、させるかしましょう。うつ病=昇進、昇格の道から外れる、というイメージがありますが、そのようなことを心配している場合ではありません。

希死念慮という症状も

うつ病には「希死念慮」という症状もあります。要は「死にたくなる」「死を望むようになる」という症状です。うつ病で自殺者が多いのはこの症状が発症するためです。

ですのでうつ病を疑ったら、死の危険さえあるので、すぐに会社に伝える勇気を持ってください。

うつ病とわかったら?休職してストレスから離れよう!

うつ病の要因は様々ありますが、多くの場合は過度のストレスです。それは肉体的なストレスの場合も、精神的なストレスの場合もあります。

いずれにしても、そのストレスから解放してあげることが、まずうつ病の治癒、あるいは悪化を避けるために必要なことです。

一番よいのは休職すること

そのために一番よいのは、思い切って仕事そのものから離れることです。基本的に労働保険に加入していれば、休業補償もありますので、収入のことなども考えずに、給食をするようにしましょう。

うつ病とわかったら?休職できないときは働き方を変えよう!

上に書いたように、一番よいのは思い切って休職することですが、それが仕事上の都合や、本人の意思などによってどうしても休職できないときには、働き方を変えることで、とりあえずの対応を図ることが、次善の策です。

残業などの少ない部署に異動させる

多くのうつ病は激務から発症しています。過度の残業、休日出勤などがその要因です。

ですので、まずはそのようなことのない部署に異動させることが重要です。

ストレスのないポジションに移す

営業などで大きなノルマを抱えていたり、仕事の責任者として大きな責任を持っていることもストレスになります。ですので、そういう場合には、異動までさせなくても、いったん楽なポジションに移す、降格させる、仕事内容を営業から事務に変える、などの対応が必要です。

まとめ

いかがでしたか?

以上書いてきたことは、自分にその症状が起こった場合にも、部下や同僚などに起こった場合にも通用する重要なポイントです。

特にうつ病は軽症の時に対応すれば、回復も早い病気です。ですので、以上のようなことに心当たりがあったら、すぐに対応するようにして、最悪の状況に至らないようにしましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ