むずむず脚症候群ってどんな病気?症状・原因・二次障害について!

寝床に入ってもなかなか寝付くことができなかったり、眠りが浅くて疲れが取れなかったりと満足した睡眠が取れずに睡眠障害に悩む人は多くいます。

睡眠障害には様々な原因がありますが、「むずむず脚症候群(レストレスレッグズ)」の場合にも足の不快感で眠れなくなることがあります。むずむず脚症候群とはどのような病気でしょうか。

むずむず脚症候群ってどんな病気?症状について

むずむず脚症候群とは、その名の通りで脚がむずむずする病気です。症状が現れるのは夕方から夜にかけてが多く、じっと座ったり横になっていると不快感が増すのでじっとしていられなくなります。

夜に寝ようとすると脚の奥の方がむずむずとした痒みや痛みを感じるので、なかなか寝付くことができなかったり何度も目が覚めてしまい熟睡できなくなります。

脚に感じる違和感は人によっては、「足の中に虫がいて這いまわっている」ような気持ちの悪い症状なのだそうです。

どうしてむずむず脚症候群になるの?原因について

むずむず脚症候群になる原因はまだはっきりと判明されていませんが、遺伝性、代謝異常、鉄欠乏、脳内ドパミン神経障害などが関係していると言われています。

ドパミンとは、筋肉などの運動や感覚をつかさどる脳内神経伝達物質です。鉄はドパミンを生成するのに必要な物質なので、鉄不足になるとドパミン障害を起しやすくなり、むずむず脚症候群になる危険があります。

鉄欠乏性貧血や月経過多、妊娠などによる鉄分不足の場合にも気を付ける必要があるでしょう。

脚の症状以外にも問題が起こる!二次障害について

むずむず脚障害になると脚の不快感だけだなく、二次障害を併発してその他の病気になる場合もあります。

脚の不快感が気になり眠れなくなると睡眠不足のため昼間に眠気や疲れを感じてしまいます。睡眠不足や疲労が溜まると、不安感や絶望感などのうつ症状を併発することもあります。

また、むずむず脚症候群の人は、ストレスにさらされて交感神経が活発になっているので、血圧が高くなったり脈拍が増える傾向にあります。

血圧が上がり脈拍が増えると、心筋梗塞や脳卒中などの心臓や脳血管に関する病気になりやすくなります。

まとめ

むずむず脚症候群になると、脚がむずむずとして不快感を感じてじっとしてられなくなります。

原因についてはまだ判明されていませんが、遺伝性、代謝異常、鉄欠乏、脳内ドパミン障害などが関係していると考えられています。脚の不快感が気になると睡眠障害になりやすく、寝不足とストレスによりうつ病などの精神疾患を患う危険があります。

また、脚の不快感でストレスを受けて交感神経が活発になると、血圧が上がり脈が増えて心筋梗塞や脳卒中になる危険もあります。このことから、むずむず脚症候群は我慢せずに早めに治療することが大切なのです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ