パーソナリティ障害の原因とは何か?複雑に絡み合う4つの要因とは?

パーソナリティ障害とは、思考や行動が著しく偏り周囲の人との間に大きな隔たりが生じ、周囲との人間関係に問題が起こり本人も生き辛さを感じてしまう精神疾患の一つです。

パーソナリティ障害の原因は、現在時点では明確にされていませんが、他の精神疾患と同様に単一要因ではなく、様々な要因が複雑に関連していることが明らかになってきています。現在、どのようなことが発症の原因とされているかについて説明します。

日本での罹患状況とは?発症要因の研究状況とは?

近年の日本では、精神疾患で入院している方の5~10%にパーソナリティ障害が認められており、厚生労働省から治療ガイドラインが示されるなど、様々な研究が進められています。

発症と関連する要因とは?

パーソナリティ障害の原因については、現在解明が進められている段階ですが、遺伝的要因をはじめいくつかの要因が挙げられています。単一要因あるいは複数が複雑に絡み合い発症につながると考えられています。

    <検討されている発症要因>

  • 遺伝的要因
  • 養育期の環境要因
  • 脳神経系の要因
  • 社会情勢の要因

双生児による統計的研究とは?待たれる仕組みの解明!

人間の人格や性格の構築には、遺伝的な要因がある程度影響していることは認められており、パーソナリティ障害の発症の根底には人格や性格があるため、遺伝的要因の研究が進められています。

遺伝的要因の研究とは?

遺伝的要因の研究では、一卵性双生児と二卵性双生児の比較を通しての治験が多く行われています。兄弟の一人が発症した場合、もう一人が同じ疾患を発症する比率「一致率」を調査します。

遺伝率の低い疾患は、一卵性双生児と二卵性双生児の一致率に大きな差異は認められず、遺伝性が高い疾患の場合は、一卵性双生児の一致率が高くなる傾向が認められています。

パーソナリティ障害の遺伝率の研究では、一致率が50~60%との報告があり、発症と遺伝的要因の関係性が現れています。

関連はあるが全てではない!

統計的な研究からパーソナリティ障害と遺伝的要因に何らかの因果関係がみられますが、メカニズムまでは解明されていません。

遺伝的要因とは、パーソナリティ障害になり易い傾向を持って生まれてくることになりますが、両親にパーソナリティ障害の傾向がある子供の全てが発症する訳ではないことを留意する必要があります。

環境要因も大きく影響!愛着障害との関連も指摘!

人格や性格の形成には、遺伝的要因だけではなく幼少期の養育環境も大きく影響しているため、パーソナリティ障害の発症にも養育環境が影響しているとみられています。

偏った人格は自己防衛?

環境要因とは、幼少期の虐待やネフレクト等のトラウマ体験だけでなく、その後のいじめ体験などのストレス体験も含まれます。人格形成の重要期に不適切な環境の影響で自己愛に傷を受け、自分の心を守る手段として奇異な偏った人格や性格が形成されたと考えられています。

愛着関係も影響か?

子供の人格や性格の形成には、両親など養育者との人間関係「愛着関係」が大きく影響しています。適切な愛着関係が築けなかった子供は、「自己愛」「自己評価」の発育に問題が生じてしまうことから「愛着障害」との関係性も指摘されています。

発症要因は他にもある!誰でもなり得る疾患!

遺伝的要因や環境的要因の他に、脳神経系など生物学的要因と社会環境要因も発症に影響していることが分かってきています。

脳機能の影響とは?

パーソナリティ障害の行動タイプの一つ「衝動的行動」には、脳内の神経伝達物質の影響が認められています。特に「セロトニン」の働きの機能低下が、衝動的な行動の抑制低下に関与している研究報告があります。

脳内の神経伝達物質の働きの低下は、遺伝的要因だけでなくトラウマ体験やストレス体験によってももたらせるため、パーソナリティ障害の複雑な発症要因を表す一例となっています。

社会環境要因とは?

近年では、環境要因を広く捉えた「社会環境要因」も、発症に影響しているとみられて始めました。人間の人格は家族だけでなく社会生活の中でも培われているため、社会環境が影響していても不思議ではありません。もっと大きく捉えれば、国民性や文化も要因の一つとなり得ます。日本人の国民性として、集団の和を大切にする傾向から同調圧力が強いため、個性をストレスと受け止めてしまう危険があります。

このようなことから、パーソナリティ障害は特定の人格の人の疾患ではなく、誰でもなり得る疾患と言えます。

予防や発見が困難!切り捨てないことが大切!

パーソナリティ障害は、発症の要因が人それぞれ千差万別であり、メカニズムが明確になっていないこともあり、予防の難しい疾患です。

症状の危険性とは?

パーソナリティ障害は、奇異で偏った思考が背景にあるため、本人が自覚しにくい特徴を持つ疾患です。また、少々人と違った個性を持つ人や多少の人間関係のトラブルも珍しい事ではないため、周囲も病気によるものとの認識が困難です。

ただし、症状によっては、自傷行為、自殺企図、犯罪行為に至ってしまう危険性がるため、「性格のせい」と切り捨てずに冷静で適切な対応が必要となっています。

まとめ

遺伝的要因や養育環境要因など、家族の関わりが指摘されているパーソナリティ障害ですが、人格形成は単純ではありませんので家族が責任を感じる必要はありません。精神疾患の中には、原因を明確にしてそれを取り除く必要がある疾患もありますが、ほとんどの場合パーソナリティ障害では、原因を明らかにしても何の解決になりません。それよりも、これからどのように接していくか、どのように治療を進めるかが重要です。

パーソナリティ障害とは、治療によって症状の改善が期待できる疾患であることを理解して、あきらめず接していきましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ