憂鬱な気分がずっと何日も続いている?うつ病で休息が必要かもしれません! 女性 41歳 小さなデザイン会社での営業事務サポート A.F.さん

うつ病になると、落ち込んだり憂鬱な気持ちがずっと続くため、普段通りの生活や仕事をするのが困難になってきます。原因がまだはっきりとは特定されていないのですが、この病気の症状を改善するためには十分な休息が必要です。

うつ病で休職されている方の中には、早く職場に復帰して以前の様に働きたいと望まれる方も多いでしょうが、その半面で社会復帰に対して不安を抱えている方もいらっしゃいます。

憂鬱で重たい気分がずっと続く?いつもと違う気分や体調の変化

小さな会社に転職したばかりで、たった一人で5人の営業サポートをしなければなりませんでした。前任者からのまともな引継ぎもなく、何から仕事を始めていいのかもわからない状態でした。

大量の入力作業に追われ、発注ミスがあると客先からすごい勢いで怒りの電話がかかってきました。それらすべてを一人でこなしていたのですが、数ケ月立って上司に怒られてからどんよりとした気分がずっと続き、何日たっても上司からの言葉が心が重たくのしかかっておりました。

ある日会社に行こうと思っても、体に泥が絡み付いているようで、立ちあがることすらできなくなってしまったのです。振り返ればこれがうつ病の始まりでした。

うつ病で体調不良?そんな時は仕事を休職することも必要です

メンタルクリニックを受診したところ、極度のストレスや緊張によるうつ病だと診断され、会社をしばらく休職することにしました。入社してまだ数か月の会社でしたので、ここで休んではクビになってしまうかもしれないという不安もありましたが、「何よりも自分の健康が第一だ」と家族にも説得されて、思い切って休職することにしたのです。

大変だったことは、休職の初めの頃は会社からの問い合わせの電話やメールが入ってきて、自宅に居ても心身ともにゆっくりと休んでいるという訳にはいきませんでした。

うつ病の回復につながったきっかけについて

とにかく十分な睡眠と栄養を摂って、脳にかかっているストレスや疲労を軽減しようと努めました。家族からも自分にストレスをなるべく与えないように周りからサポートしてもらえました。

1ケ月も過ぎると会社からの連絡も少なくなってきたので、生活習慣のリズムを自分なりに改善していきました。1日に何度もお風呂に入って汗をかいてみたり、好きな音楽を何もせずに何時間も聞いたり、緑や空を眺めて雲の動きに合わせて深く呼吸をしたりして、ゆっくりと散歩をすることから始めていきました。

半年もたつと薬を飲みながらなんとか会社に行かれるレベルまで回復していきました。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ