認知療法で認知の歪みを治しネガティブ思考を払拭

うつで通院していると、主に薬での治療になります。しかし、私はうつの根本の原因が、すぐにクヨクヨしてしまう自分のネガティブ思考が原因だと身を持って知っていました。

その原因の根本的な解決はなされまいまま、薬で症状を抑えるだけでは、病気を克服できずにまた再発するかもしれないと不安でした。

認知療法を始めて

そこで私は知り合いに勧められて認知療法を始めることにしました。認知療法はネガティブな思考の歪みを認識して、現実にそった思考ができるように練習します。

ネガティブの思考からポジティブに変えようとしても上手くいかない事がほとんどです。自分のネガティブ思考を客観視して、いかに極端な思考をしていたかを認識できるようになりました。

これはとても効果がありました。歪んだ考え方にはいくつかパターンがあります。

物事を白か黒、善と悪といった二分法で考える思考パターンです。あいまいな答えをみとめません。極端な一般化もよくありません。ひとつかふたつの事実で、世の中すべてこうだと思い込みます。

良くない事出来事が起こるとそこから頭がはなれず、他の良いものがまったく目にはいらなるパターン。 あらゆることを、悪い方に解釈してしまうマイナス思考傾向。

認知療法の効果で

認知治療をうけると自分が持っている上記のような、歪ん考え方の悪い癖を克服することができます。自分を変えたいと思う気持ちがあるなら、最初は少し抵抗があるかもしれませんが自分の悪いクセに向き合いましょう。

私はそれだけでネガティブ思考がかなり改善されました。この療法は自分一人で行う方法も紹介されています。ネットで検索したらすぐに見つけることができます。また関連書籍も多く出版されています。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ