規則正しい生活で改善!今からできる自律神経失調症の改善策

自律神経失調症を引き起こす大きな要因の一つに「生活習慣の乱れ」というものがあります。人間には「概日リズム」と呼ばれる体内時計が存在しており、その針は毎日日光を浴びる事でリセットされています。そのリセットタイムがズレる事で自律神経のバランスが崩れてしまうのです。

崩れた自律神経のバランスを整える方法は沢山ありますが、基本はやはり「生活を整える」事に他なりません。それ以外の方法はその後に追加で取り組むとより効果が高くなります。そこで今回は自律神経失調症を改善する生活習慣について紹介をします。

慢性化しやすい?自律神経失調症の厄介な問題

自律神経失調症の症状には様々なものがありますが、その中でも特に慢性化しやすい、再発を起こしやすい症状について紹介をします。

    <慢性化しやすい自律神経失調症の症状>

  • 食欲不振、胃もたれ
  • 憂鬱・抑うつ
  • 朝起きるのが辛い、身体が重たい
  • 疲れが抜けない、だるい
  • 無性に不安になる

これらの症状は一旦収まっても、しばらくするとまた戻ってくるケースが多いです。何度も繰り返しているうちに慢性化して長期化しやすいのも自律神経失調症の特徴です。

発症するとしつこい症状

自律神経失調症は発症すると中々厄介です。発症するまでに身体は必死に耐えてきている為に発症した時点では既に「疲労困憊」となっているからです。多くの人が「発症したばかり」はまだ治りやすいと考えていますが実はそうではありません。

投薬治療が逆効果も

自律神経失調症の治療法として「薬物療法」があります。ですが自律神経失調症の症状は幅広く、別に原因疾患が潜んでいる場合も多いです。その為、迂闊な投薬治療は症状を悪化させる逆効果となるケースもあります。慎重な検討が必要となるのです。

投薬よりも生活で!自律神経の回復を促す方法

自律神経失調症の投薬治療は余程の生活への支障が生じていない限りは「切り札」として取っておいて良いです。その前に取り組むべきことは沢山あります。その代表格が「生活習慣の改善」なのです。

生活から起こるケースが多い

自律神経の狂いは日本人の場合は生活習慣の乱れから起こる事が多いです。この場合は若い世代に多く、学生等に顕著に出てきます。とにかく生活リズムが一定ではないのです。

早寝早起きで徐々に改善!概日リズムを整える

人間の基本は「早寝早起き」です。ですがそんな都合よくできる人はそうはいません。そこで寝る時間の前後はともかくも「1日〇時間眠る」といった睡眠時間の一定化から取り組んでみましょう。「できる事から始める」というのが自律神経失調症の改善のコツです。

体内時計をまずは調節

生活リズムの安定化に欠かせないものが「概日リズム」の安定化です。つまりは体内時計を規則正しくするという事です。理想は日の出の朝日でリセットをかける事ですが、難しい場合は午前7時~8時くらいの朝日でリセットしましょう。

食欲や睡眠欲にも効果的

食欲や睡眠欲といった様々な欲求は概日リズムと大きく関わっています。ですので概日リズムを整える事によって食欲不振や睡眠障害などの改善にも繋がります。人間の持つ体内時計は実に多くのバランスを保っている土台なのです。

IT機器との上手な付き合い!就寝前には手放そう

現代社会で自律神経を興奮させる大きな要因は「IT機器」です。昔はTVを近くで見ては駄目、と言われていましたが、今は携帯ゲーム機にスマホと顔をとても近付けるIT機器が増えました。当然交感神経は緊張します。

こういったIT機器が余りに身近になってしまい、知らず知らずのうちにプライベートでも自律神経を常に交感神経優位にしてしまう環境が整ってしまっているのです。

夜はアナログ生活が一番

自律神経を整える為にはやはり夜はIT機器とは距離を置くのが良いでしょう。せめて就寝前の1時間くらいはアナログ生活に徹するのが良いです。身体の眠りを妨げてしまいます。

朝昼多くて夜軽く!食事のバランスを調整

自律神経を整える方法として「食事」も大きな要因となります。朝<昼<晩というバランスで食事をとっている人が多いですが、身体が落ち着く夜に最も重たい食事をとるのは余り良い事ではありません。この食事バランスを変えると心身共に負担が軽くなっていくのです。

朝昼はエネルギーを補給

まず朝ごはんは控え目でいきましょう。「朝はしっかり」という固定観念がありますが、朝は内臓は夜勤を終えてゆっくりしたいタイミングです。ここで食物を入れてしまうと休む暇もなく働き続ける形になりますので胃腸には負担にしかなりません。

夜は控えめ、内臓に優しく

今、現代人はとにかく夜に重たい、好きな食べ物をもってきます。ですが朝昼もしっかり食べている状況ですので夜はそれほどエネルギーを必要としません。そこに脂いっぱい、砂糖いっぱいの料理を食べると入眠前に覚醒を促してしまいます。

ですので、夜ご飯は最低限の不足しているエネルギーを補給する為に、更には胃腸に優しいあっさりとしたものを取るようにしましょう。

生活習慣を初めの一歩に!自律神経失調症の改善法

以上、自律神経失調症を生活習慣から改善していく方法について紹介をしました。自律神経失調症はとにかく生活と密接に繋がっています。「生活上の問題は何もないはず」という場合は「足元が見えていないだけ」か「人間関係などの社会との接点でストレス要因がある」かのどちらかです。

どちらも存在するケースが多いので、最初に取り組むべきはやはり「自分でコントロールできる要因」にすべきです。そして自分自身に変化が出始めたらこっちのもの。あとは小さな成功体験を積み重ねて自分をうまくコントロールしていきましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ