うつで休職を取る時に自宅でどう過ごしたら良いのか?

うつ病になってしまったが、どうすれば良いのか方法がわからないと途方に暮れる時ってありますよね。

気分が乗らない、やる気がしないのは、あなたが病気だからです。

そんな時には、思い切って会社を休職して、うつと向き合って治療してみましょう。

休職方法とは

仕事を休んでは皆に迷惑がかかるから、休みにくいと迷っている方もいます。ですが、実際にうつを患っているのですから休みを取得しても問題はありません。

休職には医師の診断書が必要になります。診断書を会社に提出して休職届を提出するのですが、会社によって休職の規則に違いがあります。必ず、確認してから行いましょう。

給与面ですが、通常は無給の会社が多いかもしれません。しかし、健康保険からの傷病手当金という制度を利用することができます。(申請の仕方は:傷病手当金申請方法の3ステップ

その場合、給与の6割が支給されます。お金のことを心配せずにまずは治療に専念しましょう。

休職中の過ごし方

うつで休職となると、更にやる気が起きないことも考えられます。体が疲れているときには、無理をせずに、ゆっくり休むことが大事です。

しかし、一日中、家の中でのんびりしているのも気が晴れないものです。朝の清々しい日やお天気が良い日には、体力作りのためにも散歩をするようにしましょう。

30分ほど歩いていると、段々、体もポカポカしてきます。太陽の光を浴びていると、毎日見るような空や草木、公園や川などの自然の風景も新しい発見があるものです。気持ちもリラックスして落ち着いてきますよ。

生活リズムを整えて過そう

食生活もとても大事です。朝昼晩と3食はきちんと食べるようにしましょう。お腹が特に空いていなくても、時間になればできるだけ食べた方がよいです。

食事の時間がずれると、また次の食事がずれてしまい、夜に寝付けない、朝起きられないなどのサイクルを招いてしまう可能性があります。

また、休職生活に慣れてきたら、少しずつ活動時間を増やして行きましょう。しかし、体力的に辛い時には、無理をせずに主治医の支持に従ってください。

病気を回復するために休むのですから、会社のことは一切、考えないようにしましょう。会社が原因のうつならば、なおさら、休みの間の頭は、自分のためだけに使いましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ