うつの一番の薬は休む事!別の病気を併発する前に 女性 28歳 フィットネストレーナー A.N.さん

私がうつを発症したのはフィットネストレーナーをしていた時の事でした。転職をしたばかりで覚える事が沢山有り、転職前と比べると新人であっても責任が重い会社でした。

勤務時間外でも営業活動をしたり、食事休憩中でも研修用のビデオを見せられたりといつも気を張っていました。

私の経験した事は他でも良く耳にする珍しくない事ですが、それだけにうつを発症する可能性は何処にでも有ると言えるのでは無いでしょうか?

私は運良くうつを克服する事が出来ましたが、もっと重い症状に苦しむ方も沢山居ると聞きます。この体験談を読む事で理解を深めて頂けたら幸いです。

私がうつを発症するまで~些細な事がきっかけに~

冒頭でも触れた様に、私がうつを発症したのは転職して間もなくの頃でした。新人研修を終えて現場に配属されると研修と現場とのギャップを感じる毎日でした。

マニュアル通りには顧客獲得は出来ず、飛び込み営業から顧客を連れずに一人で店舗に帰ると罵られ、粘って営業を続けて居ると戻りが遅いと罵られる毎日でした。

同期が数名居ましたが、その上司の威圧的な態度は誰もが違和感を持つ程でした。本社に相談しても私の直属の上司は本社の人たちにはかなり可愛がられていて「あの人(私の直属の上司)は苦労しているんだ」とか「貴方(私)が甘過ぎる」と言うような返答しか得られませんでした。

またその頃、結婚を考えていた交際相手との別れも有り、何とか持ちこたえていた精神力がどんどん低下していきました。次第に吐き気や倦怠感、不眠の症状が現れ、病院を受診したところ、自律神経失調症と軽度のうつを併発しているとの診断でした。

休職したきっかけ~1日でも休むと冷静になれる~

休職するまでにも何度も上司に相談しては「甘い」と言われるばかりで取り合って貰えず、逃げ出したい気持ちで有る休日に心療内科を受診しました。

自律神経失調症とうつの併発との診断を受け、薬を処方され、診断書を貰い、漸く救われた気持ちでした。

休職したら解決ではなかった!~職場から呼び出される恐怖~

私の場合、診断書を持参してすぐに休職、という訳には行きませんでした。始めは「自律神経失調症なんて名前のつけられない対したことない症状に無理矢理名前をつけただけの物だ、軽度のうつなんて聞いた事がない。」と突き返されてしまったのです。

ただ、休職こそすぐに出来ませんでしたが、一時的に配属先を異動したり、別の店舗からヘルプ要員が配属されたりしましたが、仕事に対する恐怖心が拭えず結局休むことになりました。

ただ、これで終わりではなく、欠勤を許された後も結局、会社から電話が有り、欠員を理由に出勤しなければならない事が何度も有りました。

後々知ったのですが、この会社には私と同じ理由で退職したり、まともに休職出来ず治療が進まないまま、退職も出来ないという人が何人も居た様です。

休む事が何よりの薬~良い人を止めましょう~

この様にして休むに休めない日が続き、いつまでも会社のペースだと気付いた私は退職を決意しました。退職を申し出た後も「これで後悔しないのか?チャンスをあげるから頑張れ」等と脅迫の様な返答が続き、2ヵ月程経ってから漸く退職する事になりました。

退職の数日前から重い腰痛や発熱が有り、退職の翌日には高熱が1週間程続きました。ストレスが原因で別の病気も発症してしまったのです。

ですが、その症状が落ち着くと本当に清々しい気持ちて、翌月には新しい仕事に就く事が出来ました。自律神経失調症の症状はその後1年位は続きましたが、完全に元の職場から離れる事でうつの症状はすぐに軽くなりました。

理解のある会社であれば退職せずとも直ぐに克服出来たのでは無いかと思いますが、そうでは無い場合、断固として休む事が必要だと思います。

私の様に上司から「甘い自分のままで良いのか?」等と言われても反発出来ない所謂「良い人」が過ぎると本当に取り返しがつかなくなってしまいます。辛いときは辛いと言う、休みたい時は休むという単純な事がとても大切なのです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ