辛いうつ病の頭痛をどうにかしたい!解消法は7つもあった!

負荷のかかる仕事量や人間関係のトラブルなど、現代社会にはストレスの原因となる要素が多く存在しています。そのストレスが一時的なものであれば、ある程度の時間が経過すると解消することができます。しかし、解消することができないまま慢性化してしまうと、やがてうつ病へと発展してしまうケースもあります。

うつ病として知られる症状は一般的に精神的なものが多いですが、実は身体的症状も数多く存在しています。そこで、今回は身体症状の中でも訴えが多い「頭痛」と、その解消法について紹介します。

精神的な症状だけじゃない?うつ病の身体的な症状って?

うつ病と言えば、「やる気が出ない」「憂鬱な気分になる」「自傷・自殺願望」といった精神的な症状を連想されることが多い病気です。しかし、うつ病は精神的な症状だけが全てではありません。不眠などの睡眠障害や、食欲不振や吐き気といった胃腸症状、全身のだるさといった身体症状も立派なうつ病の症状です。

特にうつ病の身体症状としてあげられるのが、痛みです。肩凝りや首凝りからくる痛みをはじめ、腹痛、頭痛といった痛みを訴える人は多く存在しています。その数は、なんとうつ病を抱えている人の6割にも相当します。

どうしてうつ病だと頭痛が出るの?そのメカニズムを解説!

うつ病の身体症状の1つである「痛み」の中でも、最も訴えが多いのが頭痛です。頭痛の原因は、モノアミン(脳内物質)が関係しています。

モノアミンにはセラトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンといった種類がありますが、これらは気分の落ち込みを防止するだけでなく、痛みの抑制も担っています。このモノアミンが減少することによって、痛みを抑える力が低下してしまい、頭痛が発生してしまいます。

うつ病の頭痛ってどんな頭痛?主な種類は2つあった!

うつ病の頭痛は主に2種類あり、緊張型頭痛偏頭痛です。

緊張型頭痛とは?

緊張型頭痛の特徴は、頭を全体的に締め付けられたような、重く鈍い痛みです。動けないほどの痛みになることは比較的少ないですが、短くて30分程度、長期にわたると数日間続くこともあります。

偏頭痛とは?

偏頭痛の特徴は、片側もしくは両方のこめかみの部分が、脈拍に合わせてズキズキと痛むのが特徴です。痛みは1~2時間でピークに達し、動きや音、光などの刺激に強く反応します。その痛みは動けなくなることも多く、仕事や家事がままならなくなり、寝込んでしまう人もいます。

うつ病の頭痛と併発しやすい症状は?

頭痛の種類によっては、併発しやすい症状があります。まず、緊張型頭痛の場合は、首や肩の痛み、ふらつき、めまいを感じることが多いです。次に偏頭痛の場合ですが、胃のむかつきや嘔吐が起こることがあります。また、光や音、動き、においといった刺激に非常に敏感になり、頭痛が悪化することもあります。

辛いうつ病の頭痛をなんとかしたい!対処法は?

辛いうつ病からくる頭痛の解消法はいくつかありますが、その中でも効果が出やすい方法を7つ紹介します。

    <うつ病からくる頭痛の解消法>

  • 生活習慣を見直す
  • 抗うつ剤を服用する
  • 筋弛緩薬を使用する
  • 鎮痛剤を服用する
  • ストレスを解消する
  • お風呂に入る
  • 暗く静かな場所で休む

生活習慣を見直して、頭痛を軽くする!

生活習慣を見直すことにより、うつ病及びうつ病からくる頭痛の改善が期待できます。早寝早起きといった規則正しい生活態度を身につけ、軽いウォーキングなどの適度な運動を取り入れることにより、モノアミンが分泌されます。特にウォーキングにはリラックス効果があることも証明されていますので、運動不足の解消も兼ねて取り入れるのがおすすめです。

抗うつ剤を服用して、頭痛を改善する!

抗うつ剤でモノアミンを増加させるのも、うつ病からくる頭痛の緩和に役立ちます。特にモノアミンの中でもノルアドレナリンは痛みを抑制する力が強いので、ノルアドレナリンを増やす効果があるサインパルタやトレドミンといったSNRIと言われる抗うつ剤が効果的です。

その他にも、リフレックスやレメロンといったNassaという抗うつ剤や、ノリトレン、フラニールといった三環系抗うつ剤も有効です。
ただし、三環系抗うつ剤は副作用が強い抗うつ剤ですので、主治医と相談の上に服用するのが望ましいと言えます。

筋弛弛緩薬を使って緊張を解し、頭痛も解す!

緊張型頭痛の場合は、体の緊張が首の肩や凝りとなり、それが頭痛に発展する場合もあります。デパスやレキソタン、セルシンなどの筋弛緩剤を使って、体の緊張を解すことで、頭痛が改善することがあります。
ただし、これらの薬は長期間の服用は体に負担をかけることになります。必ず主治医と相談して服用しましょう。

鎮痛剤を使用して、頭痛を緩和する!

カロナールやロキソニン、ポルタレンといった一般的な鎮痛剤の使用も、うつ病から来る頭痛には効果があります。ただし、こういった鎮痛剤は胃腸に負担をかけますので、胃腸の痛みやむかつき、吐き気が出ることもあります。服用を希望する際は、主治医に服用の可否を相談することが必要です。

ストレスを解消して、頭痛も解消する!

緊張型頭痛は、身体及び精神的なストレスから発生します。リラックスできることを見つけたり、運動したりといった自分なりのストレス解消法を見つけることが、頭痛の解消にもつながります。

お風呂に入って、頭痛もスッキリさせる!

緊張型頭痛は血流を良くすることで改善するケースもあります。お風呂にゆっくりと浸かることで血流が良くなり、体の筋肉の緊張が解れるため、頭の痛みもスッキリとします。

暗く静かな場所で休んで、無理はしない!

偏頭痛の場合は、音や光が強い刺激となり、頭痛が悪化してしまうこともあります。その場合は、できる限り外部の情報を遮断し、ゆっくりと休むことで症状が落ち着くこともあります。無理に動くことも偏頭痛を悪化させる要因になるので、注意が必要です。

うつ病の頭痛の解消法の効果は頭痛だけじゃない?うつ病自体にも効果的!

うつ病からくる身体的な症状の一つである頭痛のメカニズムや、頭痛の種類、解消法を紹介しました。うつ病の頭痛には種類があり、それぞれに対して適切な方法で処理することが大切です。

また、今回紹介した7つの解消法は、うつ病からくる頭痛だけでなく、うつ病自体にも効果が高いものがほとんどです。そして何よりもうつ病からくる頭痛に効果的なのは、うつ病自体を良くしてしまうことです。

頭痛だけでなく、うつ病自体も改善させるために、ぜひ紹介した7つの解消法を試してみてください。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ