強い向上心は要注意!うつ病になりやすい性格とは?

近年、うつ病という病気が世間一般によく知られるようになりました。うつ病はよく「こころの風邪」と例えられているように、どんな人でもなりうる病気で、自分だけは大丈夫というように油断は禁物です。

しかし、風邪もひきやすい人とそうでない人がいるように、うつ病にもなりやすい人の特徴というものがあるのです。どんな人が特にうつ病に注意すればよいのか、見てゆきます。

うつ病って?典型的な症状!

精神的な症状の例!

多くの人はうつ病に対して精神的な症状をイメージしています。それでは、実際に現れやすい典型的なうつ病の症状を紹介します。

  • 抑うつ気分(悲しい気持ちになる、落ち込むなど)
  • 思考力の低下
  • 意欲の低下(今まで好きだった趣味ですらやる気になれない)

まさに「鬱」という言葉が当てはまるような症状を強く感じるようになります。

身体的な症状の例!

うつ病では精神的な症状のみが生じるというイメージを持っている方が多いですが、実際には精神的な症状のみではなく、次に紹介するような身体的な症状も伴うことがほとんどです。

また、これら身体的な症状はうつ病ではなく別の疾患が原因である可能性もありますので、これらの症状を感じたら早めに病院を受診するようにしましょう。

  • 睡眠障害(眠れない、夜中に何度も目が覚めるなど)
  • 食欲の低下(もしくは増加)
  • 頭痛
  • 動悸
  • 倦怠感
  • 胃痛

どうしてなってしまう?うつ病の原因!

最大の原因はストレス!

これも一般的によく知られていることではありますが、うつ病の最大の原因と言われているのがストレスです。

仕事や勉強がうまくいかずにストレスを感じることももちろんあるでしょう。しかし、うつ病患者さんが最も強く感じたストレスは人間関係のトラブルからくるストレスと言われています。

他社との関わりが避けられない社会に生きているからこそ感じるストレスです。

うつ病の鍵を握る神経伝達物質とは?

ストレスがうつ病の原因とお話しましたが、実はストレスがうつ病の直接の原因であるわけではないのです。

うつ病は科学的に仕組みがほぼ解明されており、その鍵を握るのが神経伝達物質というものです。

神経伝達物質とは人間の体内、特に脳の中で情報のやり取りに関わっている化学物質です。ストレスを感じることによってある種の神経伝達物質が減少し、脳がうまく働けなくなることによってうつ病の症状が現れるのです。

なりやすい人ってどんな人?うつ病に注意すべき性格!

ストレスを感じやすい人がなりやすい!

他の様々な病気と同様に、うつ病にもなりやすい人とそうでない人がいます。

先に話したとおり、うつ病の原因の多くはストレスですので、ストレスを強く感じる人がすなわちうつ病になりやすい人ということができます。

ストレスを感じやすい自覚のある人はよく注意するようにしましょう。

真面目な人・向上心の強い人!

自分が他の人に比べてストレスを感じやすいのかそうではないのか…。なかなか自分で知ることは難しいことです。

一般的に言われている、ストレスを感じやすい性格というものがありますのでご紹介します。

  • 真面目な人
  • 向上心が強い人
  • 完璧主義者
  • プライドが高い人
  • 悲観的な人

ここであげられた性格に当てはまる人はうつ病に注意すべきということができます。

うつ病を未然に防ごう!ポイントはストレス発散!

ストレス発散法は自分にあっていることが大切!

ストレスを感じやすい性格というのは、その人の個性でもありますので無理に変えようとする必要はありません。

ストレスを発散し、上手に付き合うことができればうつ病になるのを防ぐことができます。

しかし、万人に共通するストレス発散法というものは存在しません。自分にあった発散法を見つけることがポイントです。

どんなことがあっている?ストレス発散法の見つけ方!

どんなことが自分にあったストレス発散法なのかわからない…。特に精神的に追い込まれているときはストレス発散法が見つけづらくなってしまいます。

基本的には自分の趣味などがストレス発散法になりやすいですが、それに縛られる必要はありません。とにかく、やっていて楽しいと感じることであれば何でも良いのです。

新しいことにいろいろと手を出してみて、楽しいと感じることをなるべくたくさん見つけておきましょう。

もしもうつ病になってしまったら?解決方法!

気をつけていてもうつ病になってしまうことはあります。うつ病には遺伝的な要因も存在するという研究結果もありますので、もしうつ病になってしまったとしても自分を責めてはなりません。

うつ病の治療にはとても長い時間がかかります。しかし、適切な治療を行えば必ず治すことができます。

もしもうつ病になってしまったかもと感じた時は、ためらうことなく専門家の力を借りて治療をすることが大切です。

まとめ

うつ病の最大の原因はストレスです。従って、ストレスを感じやすい性格の人はうつ病になりやすいということができます。

真面目、完璧主義、強い向上心の持ち主などは特にストレスを強く感じやすいと言われていますので、うつ病を患いやすいということを自覚することが必要です。

自分にあったストレス発散法を見つけ、上手にストレスと付き合っていきましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ