うつ病の代表的な症状の「抑うつ状態」はどんな状態なのか?

うつ病を代表する症状の1つが抑うつ(よくうつ)です。

抑うつとは、簡単に言うと気持ちが落ち込んでいる状態を言います。

気持ちの落ち込みは多くの人が経験したことがあるでしょう。例えば、何かで失敗した時、失恋した時、あることがきっかけで自己嫌悪に陥った時などです。

酷く気分が落ち込むと、外出するのが億劫になるなど内向的になったり、いつもより疲労感を感じたりすることもあるでしょう。

抑うつ状態は気持ちの落ち込みとは違う!

このような気持ちの落ち込みはしばらくすると回復することがほとんどです。また、人によっては気分転換や気晴らしに好きな事をして、気持ちの落ち込みを解消することもあります。

しかし、うつ病の症状として挙げられる抑うつ状態は、上記のような一時的な気持ちの落ち込みよりも複雑です。まず、何がきっかけで気分が落ち込んでいるのか分からないということが多いです。

そのため、本人が抑うつ状態であることに気づかないうちに、だんだんとマイナス思考になったり内向的になっていったりということも起こり得ます。また、「これが原因かも」と思い当たる原因が多すぎて、結局何がきっかけか分からないという事も多いです。

抑うつ状態だと何をしても気分がはれない

ちょっとした気持ちの落ち込みなら、趣味など好きなことをすれば気持ちも晴れますが、うつ病では何をしても気分が晴れないことがほとんどです。

また、好きな事自体にも消極的になったり、趣味にも興味が持てなくなったり、何をしていても楽しくない、気分が晴れない、物事が手につかないというのもうつ病の抑うつ状態に見られる症状です。

難しいのは、気持ちの落ち込みや、それに伴う行動・発言の変化を本人や周囲の人が気づけるのかという点です。例えば、「仕事で失敗してやる気が起きない…。」と理由が明確なら、本人も周囲の人も「気分が落ち込んでいる状態なのだな。」とすぐに分かりますよね。

しかし、これがうつ病では「なんだかよく分からないけれど、やる気が起きない…。」となってしまうのです。そのため、本人もなかなか周囲の人に相談しづらく、また、周囲から見るとただやる気がないように見えてしまう事もあるのです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ