定年前うつ病になる原因とならないための対策は?

うつ病は性別年齢に関係なく患うものですが、そのうつは様々なタイプで分けられます。

特にストレスの多いサラリーマンは就業期間中もさることながら、定年を間近に控えた定年前うつ、退職後の定年後うつ、夏休み後に症状が出始める昇進うつなど様々なタイミングでうつを発症することが多いと言われています。

ここでは定年前うつ病に関して紹介したいと思います。

定年前うつ病にはどうしてなるのか?

定年前うつ病とは、定年を間近に控えたサラリーマンに発症します。定年の時期を迎えるに従って、会社の肩書がなくなる、収入を失う、誰にも相手にされなくなる、家族にも見放されるのではないかといったような恐怖や不安に苛まれ、大きなストレスとなってうつ状態に陥ります。

こういった定年前うつ病を患う人の特徴は家庭を顧みず仕事に打ち込んで、子育てや子供の教育は妻に任せっきりで、休日も会社の接待ゴルフや自分の休息に当てるようなタイプで趣味もなく、所謂会社人間タイプの人に発症しやすいと言われています。

また、このようなタイプは熟年離婚をしてしまうことも多くあります。

定年前うつ病にならないためには?

このような定年前うつ病を避けるには、定年後の人生設計や普段からの家族とのコミュニケーション、特に夫婦の絆を深めておくことが大事です。

また、定年前から自分の興味のあることを考えて自分が熱中できる趣味を見つけたり、その趣味を通じて友達を作るなど対策を講じる必要があります。

その他に体力作りも定年前うつ病の予防には効果があります。今までやってきた仕事がなくなると気力と同時に体力にも影響を及ぼし突然体調が悪くなることもあります。ウォーキングや水泳など有酸素運動をすれば気分もリフレッシュし健康維持にも繋がります。

うつ病にならないためには楽観的な考え方が必要です。仕事時代は縦社会で命令されることに慣れきってしまい、定年後には全て自分で判断しなければいけない生活がストレスになります。

そのためにも早い段階から定年後の日常を想定した生活リズムを作ることが大事です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ