不安障害の1つ「パニック障害」とは?原因から治療法について解説!

パニック障害は、不安障害という精神疾患のうちの1つに分類される病気です。

現代では3人に1人はなんらかの精神疾患を抱えていると言われており、社会不安障害で悩んでいる人も数多くいることが明らかになっています。

その社会不安障害の中でも広く知られているのが「パニック障害」で、このパニック障害は100人に1人が発症するとしているデータもあります。

そんな発症率が高いパニック障害とは、一体どのような病気なのでしょうか。症状や原因、治療法も含め、徹底的に解説します。

パニック障害ってどんなもの?若い女性は特に注意!

パニック障害とは?

パニック障害は、思いがけないときに「パニック発作」と呼ばれる発作が起き、強い不安感に襲われる病気です。性格上の問題であると思われがちなパニック障害ですが、性格ではなく脳の働きの変化であることが、近年の研究で証明されています。

パニック障害にかかりやすい人は?

主に若年層の女性に多い病気であり、親や兄弟など近しい人がパニック障害を患っている場合も発症しやすい傾向にあります。

パニック障害の症状は?胸部への不快感が起きたら「パニック発作」かも!

パニック発作の症状は?

パニック障害では、以下のような症状が起きます。

    <パニック障害の症状>

  • 突然の激しい動悸
  • 脈拍の増加
  • 胸の詰まり感
  • 吐き気
  • 胸部の不快感
  • 「このまま死んでしまうかもしれない」という強い不安感

パニック障害による症状は長くても30分~1時間程度でおさまります。この症状を「パニック発作」と言います。

パニック発作は胸部への違和感や不快感が大きいため、「心臓病ではないか?」「何か深刻な病気なのではないか?」と考える人も少なくありません。しかし、心臓外科や内科で検査したところで、異常がないと診断されることが圧倒的です。

パニック発作の怖いところは?

パニック発作の恐ろしい点は、発作を繰り返すことにより、「また同じ症状が出たらどうしよう?」と、あるかわからない未来への不安(=予期不安)を覚えることから、仕事をすることが困難になったり、外出することができなくなってしまったりするということが起きてしまい、日常生活に支障をきたすケースがあるということです。

パニック障害の原因は?元々持っている性質と生育環境が原因!

パニック障害の原因として考えられることは、主に2つあります。

①生まれながらに持っている性質

まずは、生まれながらに持っている遺伝子などの性質です。不安症体質、神経質な性格やこだわりを持っているタイプの人は、比較的パニックを引き起こしやすい傾向にあります。

②生育環境

遺伝子以外では、生まれたその後に築き上げられたもの、いわゆる生育環境の影響が大きいです。親からの躾や生活していく上で築かれた価値観といった外部的要因や、親との死別や早期別離といった過酷な経験を味わったことがあるという場合は、それらがパニックを引き起こす誘因となる場合が多く見られます。

パニック発作が起きたらどうすればいい?自分でできる対処法を紹介!

パニック発作が起きたときにとることができる行動として、次のようなものがあげられます。

①深呼吸

呼吸に意識を向けることにより、パニック発作で浅くなりがちな呼吸を整えることができます。4秒間吸って6秒間でゆったり吐く、というリズムを繰り返すと、比較的早く発作が落ち着きます。呼吸は自律神経の中で唯一コントロールすることができるものです。上手く活用していくことで、パニック発作に対処することができます。

②自己暗示をかける

思考の力というのは、想像以上に強いものです。「これはただのパニック発作だ、苦しい状況はすぐに終わる」と自分に言い聞かせるだけでも、パニック発作に対して十分に効果があります。考えすぎることなく、焦ることなく思考を繰り返すことが重要です。

③気を紛らわす

呼吸が落ち着き、自己暗示をかけることで思考回路が整ったら、音楽を聴いてみたりテレビや映画を観てみたりするなどして、パニック発作以外に気を向けることも有効です。人は2つのことを同時にするのはなかなか難しいものですので、パニック発作以外のことを気にかけるだけでも、発作がだんだん和らいでいきます。

パニック障害の治療法は?主なものは2つ!

パニック障害での治療方法は、主に2つあります。

①投薬療法

パニック発作をコントロールするのに、抗うつ剤や抗不安剤が非常に効果を発揮します。だいたい2週間から3ヶ月程度は服薬をして様子を見て、必要であれば薬の種類を変えてみるなど、様々な方法を試します。

②認知療法

思考の歪みを改善させる認知療法も、パニック障害の治療ではよく用いられます。元々パニック障害は、「物事とはこうあるべき」と考えてしまいがちな、真面目な人や神経質な人がかかりやすい傾向にあります。その「すべき思考」の歪みを正すことにより、パニック発作やパニック障害が起こる可能性が低くなることが期待されます。

パニック障害は真面目な人がなりやすい?専門家の力を借りつつ、自分なりの対処法も考えて!

パニック障害の症状や原因、治療法について紹介しました。パニック障害は、真面目な人や神経質な人が非常にかかりやすく、また、生育環境や過去のトラウマも大きく関係していることがわかりました。

パニック障害は、自分1人で治すのは非常に難しい病気です。投薬や認知療法など、医師や専門家の力を借りることも大切です。それと並行して、自分なりの対処法を持っておくと、いざ発作が起きても落ち着いて行動することができます。使えるものはしっかりと使いながらも、自分の行動を正していくことがパニック障害の治療にはとても重要です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ