自律神経失調症に薬は有効?処方される薬を徹底解説!

人間の体は「自律神経」という神経が上手くバランスをとることで活動しています。この「自律神経」には「交感神経」と「副交感神経」の2つがあり、これらのバランスが乱れることによって、自律神経失調症という症状を引き起こすことがあります。

この自律神経失調症の症状は非常に多岐にわたり、全身症状から頭部、呼吸器、胃腸、生殖器など、ありとあらゆる部分に不調を感じるようになります。

そこで、自律神経失調症の症状にはどのような対処が効果的であるかということを、薬をメインに徹底的に解説していきます。

自律神経失調症に特効薬はあるの?薬を飲むだけでは治らない!

結論から言えば、自律神経失調症には特効薬はありません。その理由としては、自律神経失調症は症状が千差万別であり、それら全てに対応することができる薬は存在しないからです。

自律神経失調症に薬は全く効果がない?症状を緩和することはできる!

自律神経失調症に特効薬がないことは前述した通りですが、薬が全く有効な手段ではないかというと、決してそういうわけではありません。

自律神経失調症で起こる症状自体は薬で緩和することができます。ただし、それは対症療法になりますので、根本的に自律神経失調症を改善するというわけではありませんので、その点を間違えないように注意が必要です。

自律神経失調症で処方される薬はどんなもの?ストレス対策がメイン!

自律神経失調症の原因として主にあげられるのが、ストレス不規則な生活です。よって、自律神経失調症の対症療法としては、それらを緩和する薬が処方されることが比較的多いです。

    <自律神経失調症で処方されることが多い薬>

  • 自律神経調整剤
  • 精神安定剤(抗不安薬)
  • ビタミン剤
  • ホルモン剤
  • 抗うつ剤
  • 睡眠導入剤
  • 漢方薬

自律神経調整剤はどんな薬?

自律神経調整剤は、自律神経の中枢に直接働きかける薬です。自律神経調整剤によって自律神経を安定させることができます。副作用は比較的少なく、精神的な原因が見当たらないときに処方されることが多い薬です。

精神安定剤(抗不安薬)はどんな薬?

抗不安薬と呼ばれる精神安定剤は、自律神経の緊張をほぐし、不安や緊張を取り除くことができる薬です。神経症などでも処方されることが多い薬ですが、自律神経失調症にもある程度の効果が期待されているため、処方されることが多い薬です。

ビタミン剤は自律神経失調症にどんな効果があるの?

ビタミン剤は、自律神経のバランスを整えるために処方されるケースがほとんどです。ビタミンは数多く存在している栄養素ですが、自律神経失調症の場合は特にビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEが処方されることが多いです。

ただしビタミン剤はあくまで補助剤であり、薬を使用する場合はほかの薬と併せて処方されるケースが基本です。

ホルモン剤はどんな場合に処方されるの?

女性の場合、自律神経失調症の症状が婦人科系統に出ることがあります。特に更年期の女性やホルモンバランスが崩れている人に、そのような症状が出る傾向があります。よって、そのような人にホルモン剤でホルモンを整えることにより、自律神経失調症の症状がある程度緩和する見込みがあります。

抗うつ剤はどんな薬?

抗うつ剤は、脳内の機能を調整する薬です。ストレスにさらされ続けた場合、脳内の神経伝達物質が不足してしまう場合があり、それによって不調が引き起こされる場合があります。よって、ストレスが原因である症状や病気に処方されることが多いです。

抗うつ剤と名前がついているだけに、うつ病をメインに処方される薬ですが、自律神経失調症にも効果を発揮する可能性があります。

睡眠導入剤はどんな場合に処方されるの?

睡眠導入剤は、不眠を訴える患者に処方される薬です。自律神経失調症の場合、不眠を訴える人も決して少なくはありません。原因がわからず不眠の症状が特に強い場合は、睡眠導入剤の投薬が検討される場合があります。

漢方薬はどんな薬?

自律神経失調症の症状を訴える人は、比較的ストレスに弱く、緊張しやすかったり神経質であったりと、精神的な部分に原因がある人が多いです。それがストレスに発展し、結果的に自律神経のバランスを崩すことにつながってしまいます。

そのような人は、体全体のエネルギーバランスを整えることも効果が高く、特に自分の治癒能力を引き出す漢方薬が合っていると考える医者も少なからずいることから、漢方薬を処方されるケースも見られます。

自律神経失調症の薬に副作用はないの?眠気やふらつきに注意!

自律神経失調症で処方される薬には「これ!」という副作用はない

自律神経失調症は、特効薬がなく対処療法しかありません。したがって、処方される薬は症状によって様々なので、副作用もそれぞれになります。つまり、症状によって処方される薬の数だけ、副作用も存在すると考えられます。

得意に注意が必要なのは、体の緊張をとる効果がある薬!

特に注意したいのは、精神安定剤などの体の緊張をほぐす薬です。このような薬は眠気やふらつき、脱力感といった症状が非常に出やすいため、運転を多くする人や、集中力が必要な仕事に従事している人は特に注意が必要です。不安であれば、専門家に相談してみるのがベストです。

自律神経失調症の薬は妊娠中に飲んでいいの?必ず医師と相談!

自律神経失調症の治療中でも妊娠を望む人や、自律神経失調症になってしまってから妊娠がわかったという人もいます。そのような人がまず気になるのが薬の影響です。

もっとも大切なのは医師に確認をとることです。特に妊娠初期の場合は、気が付かずに薬を飲んでしまっていたということも十分起こりえます。どのような影響があるのか、医師に相談し判断してもらうことは何よりも重要です。

今後妊娠を希望しているという場合も、同様に医師と相談します。というのも、やはり妊娠を望む場合は薬を飲まないことがもっとも安全な選択肢だからです。自律神経失調症は薬を飲まなくても改善する場合があるので、妊娠を既往している旨を伝え、治療方針を医師と相談するのが最善です。

自律神経失調症に投薬治療はメインになりえる?あくまでサポート!

自律神経失調症の対処方法を、薬をメインに解説しました。

自律神経失調症には、根元から治す特効薬というのは存在しません。あくまで薬でできることは、自律神経失調症によって引き起こされる辛い症状を緩和する対症療法のみです。薬はサポート役でしかありません。

ではどのように自律神経失調症を治していくかと言うと、ストレスを解消することと規則正しい生活をすることの二本柱になります。なぜなら、自律神経失調症はこの2つが主な原因となるからです。

よって、適切なストレス解消法を探し、規則正しい生活を送ることが、自律神経失調症にとっては何よりの薬になるのです。症状によって処方される薬は、これらを遂行するための補助役としてとらえるのが良いと言えます。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ