うつ病の4つの予防とうつ病で休職した時の過ごし方は?

いまや日本人の10人に1人はなるといわれているうつ病。もはや特殊な病気ではなく、だれもがかかる可能性があるとおもわれます。

うつ病になってしまった時は、病院に行き休暇を取得するか、休職をして休養するのがいちばんだとおもわれます。

うつ病にならないために

なにかとストレスが多い現代社会ですが、うつ病を防ぐ方法としていくつか知っていると有効かとおもいます。

  • 規則正しい生活…深夜残業、徹夜、休日出勤をくり返していると睡眠不足や生活リズムが不規則になり心身ともに疲れやすくなるため、注意が必要です。
  • バランスの良い食事…できれば毎日3食規則正しく食事をすることが望ましいです。
  • ポジティブ思考…仕事上のストレスなどで、罪悪感・自己否定的な考えがおおくなるとうつになりやすいため、極力ポジティブな考えを持った方が有効です。
  • カウンセリングの活用…風邪など目立った兆候がでる病気と違い、うつは兆候が目立ちにくい病気なので、早期にカウンセラーなど信頼できる人に相談することが重要です。

休職のための手続き

気を付けていてもうつになってしまった場合は、病院に行き適切な治療が必要です。無理をして仕事を続けていても、悪化することが多いため休職することが必要です。

休職の手続きとしては、会社へ書類を提出する必要があります。一般的には、医師の診断書と長期休暇・休職申請書・みなし勤怠表の提出が必要になってきます。

自立支援制度

うつで医者にかかる場合、会社で健康保険に入っていれば3割負担ですみます。とはいえ、くすり代は治療費も高いため自立支援制度を活用すれば1割負担ですみます。

申請方法は住んでいる地域によりますが、市役所・区役所に申請書類を提出し、承認されれば手帳が支給されます。受診するたびにこの手帳を提出すれば、1割負担になり経済的に助かります。

休職期間中の過ごし方

会社のストレスでうつになった場合は退職する方もいますが、ほとんどの会社には休職制度があるため活用した方が賢明です。うつの程度にもよりますが、初期は休養に専念することが重要です。仕事のことは忘れ、眠りたいだけ眠り、ひたすら休むことが大事です。

薬を処方されていれば、きちんと服用します。ある程度調子が戻ってきたら生活のリズムを安定させます。好きなことをしたり、調子が良ければ近所を散歩してみてもいいでしょう。

体力と気力を回復させ復職へ

その次の段階として、体力を回復させます。復職する上でも仕事をこなせるだけの体力が必要なので、簡単なトレーニングやスポーツをすることで体力を回復させます。

体力があるていど回復してきたら、気力回復です。長時間机の前に座って読書や簡単な作業をすることにより、仕事への集中力を養います。

順調なら、実際に会社まで電車に乗って通勤シミュレーションをしてみることも重要です。休職中は回復と後退をくり返す場合もあるため、あせらずじっくり治療に専念することが大事です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ