【動画付2曲紹介】うつ病が安らぐクラシック曲は?

うつ病治療におすすめなものの一つとして、音楽療法というものがあります。

それはうつ病だけに留まりませんが、その独特の癒しにも似た活力が湧いてくるテンポの曲に気持ちが感化されます

音楽曲にはそれぞれ好みがあり、おすすめしても人によってはそれほど心に響かないということもあるかもしれません。なので取りあえず、うつ病の時は気持ちが沈みがちなため、暗い印象や感じのある曲は避けるくらいで良いでしょう。

それでは、比較的に短く聞きやすいクラシックの曲を2つご紹介します。

癒されるクラシック

邦楽や洋楽にも良い曲がありますが、まずは当たり障りのないものからいきましょう。

1つ目が、ロッシーニ「ウィリアム・テル」序曲より「スイス軍の行進」です。こちらは比較的人気があり、実際にうつ病時、聞いていたという方も多いです。

2つ目が、シベリウス交響詩「フィンランディア」です。序奏は少々重い印象がありますが、次第に訪れる癒し、後半には活力が湧いてくる曲です。

2曲ともぜひおすすめしたい曲ですね。その他の音楽でも、勢いのあるものや、落ち着いたものでも癒されるリズムの曲は大変おすすめです。

ですがここで、非常に多くの良曲があるのですが、演歌はあまりうつ病にはよくないようです。聞き終わった後にがっくりした、などという声も実際に上がっています。

また、よく病院の待合室などにも流れている音楽療法の専門的な曲もあります。水の流れる音や、風のそよぐ音をベースにして作成されているようです。歌詞や余計な音も聞きたくないという時には、こちらの方がおすすめかもしれません。

でも同じ曲を聴き続けないで!

最後に、うつ病に多く見られがちな傾向として、「同じ曲を聞き続ける」というものがあります。安定したものを好み、冒険することを嫌う旨がありますので仕方のないことかもしれません。

ですが、そういった固定された思考だと、せっかくうつ病を緩和させるために聞き始めた曲なのに、その曲が逆効果になるということもあり得ます。そのため万遍なく数曲を流し続けるというのが、最後のおすすめですね。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ