うつ病で休職!うつ病で仕事を休んでいる時はどうすればいいか?

うつ病の症状によっては、やむを得ず仕事を休まなければならないこともあります。

ここでは、仕事を休んでいる間の過ごし方について、見て行きましょう。

休職中の過ごし方は?

休職しなければならないほどの症状となると、まず確実に医師の診断を受けていると思います。まずは、医師の支持に従って、治療に専念することが大切です。

うつの治療には様々な方法がありますが、大抵の場合、まずは日常生活を無理なく過ごせるように生活リズムを整えたり、薬を飲んだりといった治療法が取られます。

順調に治療が進めば、数か月で復職することも可能です。

しかし、うつ病の症状は人によって大きく異なるため、ある人には効果的だった治療法が別の人には全く効果がなかった、ということも珍しくありません。仕事を休んだはいいが、ちっとも治療の効果が現れない…なんてこともあるのです。

気持ちを楽に

うつの治療で大切なのは、こうした停滞期に気持ちが焦り、より症状を悪化させないよう、気持ちを楽にして過ごすことです。年単位で付き合うくらいの心づもりで治療にあたっている人もいます。

日々の症状の変化を意識し過ぎると、それ自体がストレスとなり、ますます改善が遅れることにもなりかねません。

規則正しく過ごす

また、うつ病の治療では毎日を規則正しく過ごすこともポイントです。

うつになると、症状によっては朝起きることさえ困難になってしまうこともあります。無理は禁物ですが、可能な限り毎日朝一定の時間に起き、食事を取り、一定の時間に就寝する習慣をつけましょう。

体内時計が整えられ、自律神経系の症状を緩和する効果が期待できます。太陽の光を浴びたり、運動したりすることで、セロトニンの分泌が活発になると、うつ病の治療に効果的だという研究成果も見られます。

食事はバランスよく

食事は、栄養バランスの取れたメニューを、三食きちんと摂るよう心がけましょう。

お腹いっぱい食べるよりは、少なめの量に抑えておくほうが、健康維持には効果的です。

毎日、散歩程度でいいので運動するのもお勧めです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ