うつ病になるとやる気が起きないのはなぜか?

やる気が起きないやる気はあるのか?」と怒られた経験は多くの人が持っているのではないでしょうか?

悪気があるわけではないのにやる気が起きない、そんなことをあなたも経験していることと思います。誰にでも普通にあるやる気が起きないという状態が、あまりに長く続く場合には何らかの病気の兆候である可能性もあるので注意が必要です。

やる気が起きないのは病気の兆候?

「やる気が起きない」が「何かをしようとする気持ちになれない」という意味であればうつ病の症状であるかもしれません。また、「やる気がなくなった」という意味であれば以前はあったのになくなってしまったということで、燃え尽き症候群を疑いそのきっかけや時期を考える必要があります。

怠けているように見られることの多いこうした症状ですが、こうした症状は体がなんらかの状態から体と心を守ろうとする自然な反応のひとつです。体や心が「やる気を出して何かをする」状態でなければ、やる気は起きないように体ができているとも言えます。

やる気は出にくいものです

やる気とは「ちょっと大変だけれど頑張ればできそうだ」というときに起こるもので、「うまくいきそうにない」というときには出にくいものなのです。「ちょっと大変」なことを乗り越える準備ができ、何かに取り組む準備ができれば、自然と気力は戻り、物事に積極的に取り組むことができるようになるのです。

うつ病を患うということは、心が混乱して身体も疲れている状態です。あなた自身があなたの生命を維持するために、やる気にブレーキをかけている状態をうつと考え、心と体の回復に努めましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ