うつ病でやる気が出ない原因と症状とは?

やる気誰もが罹る可能性のある現代病で、心の風邪ともいわれるうつ病の代表的な症状には次のようなものが挙げられます。

うつ病の症状

  • 気分が沈みがち
  • 興味がもてず、何をしても楽しくない
  • 食欲がなくなる、もしくは逆に食べ過ぎてしまう
  • 寝つきが悪くなる、目が覚めてしまう
  • イライラする
  • 落ち着きがない
  • 動作が緩慢
  • 疲れたと感じる
  • 気力がなく、やる気がでない
  • 自分に価値がないと感じる
  • 自分を責めてしまう
  • 決断力の低下
  • 死んだほうがマシだと思う

こうした症状はうつ病の典型的な症状であるにも関わらず、周りの人々や職場などで指摘され、落ち込む人も少なくありません。

うつ病が原因でやる気が出ないことは多いにありうることです。やる気が出ないのは怠けているからではなく、病気のひとつの症状であるということを理解することがうつ病の治療には欠かせません。ときには職場でやる気が出ないこと、動作が緩慢なことを指摘され、責められることもあるかもしれません。

自分を責めるのは悪化させる原因

しかし、やる気が出ない自分を責めるのは症状を悪化させる原因となります。治療には家族や同僚をはじめ、周りの人々の理解も欠かせません。早めに診断を受け、理解を求めることが回復への近道です。

近年ではうつ病に対する社会の理解も以前に比べ随分深まり、治療のための環境も整いつつあります。気になる症状に悩んでいるのであれば、心療内科等を受診し適切な治療を早めに始めることが症状を悪化させないための大切なポイントです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

2 Responses to “うつ病でやる気が出ない原因と症状とは?”

  1. 川地憂鶴 より:

    こんばんは。やる気ですか…正直今は寝て過ごしているので外出するのも億劫です。家事 育児もやりたいけど、身体が重く動かないことはあります。季節や天気も関係あると思って。薬変わったのも影響しているのかわからないけど…特に今日はダメな自分でした…

    • Yuki より:

      >川地憂鶴さん
      やる気がない時は何もしないのが一番です。
      誰しも動きたくないときはあるのでそんな時はあえて動かないのがいいですよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ