なぜ抗うつ剤でやる気を出すことが出来るのか?

抗うつ剤うつ病になった人が治療薬として処方されている抗うつ剤で、無気力な状態からやる気が出るような状態にすることが出来るのでしょうか?

抗うつ剤は脳に働きかけ、セロトニンやノルアドレナリンの分泌を増やす効果があります。

これらは、やる気や落ち着き、イライラや怒りを脳内でコントロールする神経伝達のホルモン物質です。

やる気が出る状態とは?

やる気が出る状態とは、脳内の神経活動に関わる接合部位とその構造であるシナプス間で、セロトニンの伝達が上手く行われている状態で、セロトニンが不足すると、やる気が起きない、又は無気力な状態になると言われます。

抗うつ剤では、SSRIやSNRIという薬が適しているとされ、以前は三環系と言う薬が多く処方されましたが、副作用が問題化し、現在はSSRIが多く処方されています。

SSRIによって、セロトニンの濃度を高めることで、うつ状態を改善させる効果を期待出来ます。

飲み始めて直ぐに効果が出るのではなく、一般的におよそ2週間位かかります

薬への耐性はないのか?

ただ、他の薬にも言えることですが、使用し続ける内に身体に耐性が出来るため、薬の量を増やすか、種類を変更するかしなくてはならなくなる点はあります。

また2週間経っても症状の改善が見られない時は、他の薬に変更される可能性があります。

それから、SSRIは、以前の強い抗うつ剤のような副作用は少ないとされますが、まったくない訳ではないことに注意して下さい。

副作用の主な症状

副作用の主な症状としては、副作用

  • 吐き気
  • 口や喉の渇き
  • 便秘
  • 下痢
  • 食欲不振
  • 性欲低下
  • 眠気
  • イライラ
  • 頭痛
  • 目まい
  • 興奮

などがあります。

仮にこのような症状が出た場合は、薬の処方を止める前にかかりつけの医師に相談して、別の薬に変更してもらうなど対応してもらって下さい。

副作用で躁状態に

副作用の症状で興奮した状態になると一種の躁状態になり、抑制が効かなくなることもあり得ます。

抗うつ剤はある種、覚醒効果がある薬ですので、うつ病対策は、まず休養をしっかり取ることを前提に、それでも症状が改善しない場合に検討する方が良いと思います。

抗うつ剤を使うと結果的に躁状態になり、それがやる気のある状態だと勘違いすることにより「抗うつ剤を使うとやる気が出る」と言われる理由です。一時的には躁状態でやる気があるので抗うつ剤を使ってやる気を出すことは理に適ってますが、躁状態があればその後に必ずうつ状態への回帰があります

ですので、抗うつ剤を使ってやる気を出そうということは考えない方がいいです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ