やる気が出ない状況での休職について

やる気が出ないという症状は、従来型のうつは勿論、新型うつでも起こりうる症状です。

ただ、本人の自覚症状というよりも、周囲の人による客観的な意見が必要です。

「従来型うつ」と「新型うつ」での症状の違い

従来型のうつの場合は、全ての事においてやる気が出ない状況になります。そのため何かをやるとしても動きが遅く、弱々しく活気を感じられません。

新型うつの場合は、やる気が出ないという状況は、仕事中に多く見られます。逆に、仕事以外の時間、趣味の時間などはまるで別人のように意欲的かつ行動的になります。こうした特徴から、新型うつの患者をただの気まぐれと思う人も少なくありません。

どちらのうつでも休養が必要

従来型のうつであろうと新型うつであろうと、やる気が出ない状況では、何も行えません。そのため、うつの治療の一つである休養を取る為に、専門医が休職を勧める事があります。

この時には、休職の勧めを断ろうとせず専門医の判断に従うのが一番です。特に従来型のうつの場合、休職に対して否定的な考えを抱いてしまいがちです。

皆は働いているのに自分だけ休んで申し訳ない、同僚に迷惑をかけてしまうといった考えに陥る事は珍しくありません。そうした場合には、休む事こそが今の自分が行うべき仕事と割り切るようにしましょう。

なかなか簡単には割り切れないという人は、骨折した人をイメージして下さい。例えば腕を骨折していた場合、デスクワークが行えないのは当然です。それが原因で休職していても、誰もおかしいとは思いませんし、誰も責める事はありません。

うつによる休職も、これと同じような状況なのです。ですから専門医が休むべきと判断したからには、しっかりと休む事を心がけましょう。

休職しても生活リズムは乱さないで

だからといって、好きな時間に起きて好きな時間に寝るような生活はいけません。なぜなら、生活リズムが不規則だと、それだけ病気が治りにくい状況を作ってしまうからです。

ですから規則正しい生活リズムを心がけるようにしましょう。生活リズムが乱れていると、仕事に復帰してからも大変ですので、先の事も見据えた生活を行いましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ