すぐ出来る!うつ病時に「やる気を出す方法」は○○することだった?

うつ病になった時のやる気を出す方法を、根本的な部分から合理的に考えてみましょう。

何もやる気がしないというのはうつ病の典型的な症状です。

ですが、「やる気がしない=何も行動できない」。実はその考えは脳の構造上で間違っています。

行動をすることでやる気が出る!

人間の脳には側坐核という部分があり、ここは、行動を起こすことによってやる気を出させるという特性を持っています。つまり、逆ということです。

また、この状態を作業興奮といいます。面倒だと思って手をつけず、ほったらかしにしていたものの、いざ始めると夢中になってやっているということはありませんでしょうか?

掃除に例えるならば、腰は中々上がらないものです。しかし段々と片付いていく部屋を見ていて、いつの間にか面倒くささよりも達成感や、こうしたいという別の欲求が湧いて、次第にやる気が出て来ることはないでしょうか。

早朝のマラソンならば、正直な話、体がだるいですし眠いです。ですが、ランナーズハイという言葉もあるくらい自然とやる気が滲み出てきます。そしていざ終わってみると、案外それほど大変なことでもなかったということも多くありますね。

取りあえずやってみることで

うつ病の時にやる気が出ないではなく、何か簡単なことでもいいので取りあえずやってみるということがやる気を出す方法です。近所で散歩や買い物、ベッドに横になりながら読書、気晴らしにオリジナル料理などなど、他にも様々なことが身近に転がっています。

やる気を出す方法は諸説があります。自分で自分を騙すとまではいきませんが、考え方や見方を変えることで意外にも入り口は簡単に見つけられます。

やる気が出て行動するのではなく、行動することでやる気が湧き、さらに行動することによって何かを自然と達成している。この「やる気と行動の法則」を意識し、比較的手軽なものから実行してみましょう。

まずは一歩を踏み出してみるということ。それこそが、やる気を出す方法を実践してみようと行動し、やる気を出させる最短の道です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ