適応障害はどのように治療するか?3つの治療法でストレスを克服!

「適応障害」とは、うつ病のような脳内の情報伝達物質などの異常があるわけではなく、周囲の環境に対応できないストレスを発端として発症する精神疾患で、いつ何時、誰もがかかる可能性がある心の病気です。また、早期に発見し適切な治療を行っていれば必ず治る病気であり、早ければ半年ほどで完治するケースもみられます。

適応障害の治療の基本は、対ストレス対策であり、具体的にどのような治療が行われているかについて説明します。

治療の基本はストレス対策!根本的な治療法とは?

適応障害の治療の基本は、ストレス対策であり大きく3つの治療法に分類されています。

治療上の重要点とは?

適応障害の治療では、対処療法として薬物療法を受ける事もありますが、原則的には投薬で治療する疾患ではありません。適応障害の根本的な治療方法は、「原因となるストレスから離れること」、「適応できないことに対してどのように対処していくか」に重点が置かれています。

治療法の3つの分類とは?

適応障害の治療は、大きく「ストレス因の除去」、「ストレス因に対しての本人の適応力を高める」、「情緒面や行動面での症状に対してアプローチ」の3つに分類されて行われます。

ストレス因の除去とは?症状改善への近道とは?

適応障害の治療は、まず疲弊した心身の回復を図ることから始めることが大切となっています。

環境調整が治療の第一歩!

「ストレス因の除去」とは、環境調整することであり、「ストレス環境から離れる」ことで健常な心身を取り戻す目的があります。これは、疲弊した精神状態では正常な判断ができませんし、取返しのつかないあやまった判断をしてしまう可能性があるためです。

そのため、一時的にでも健常な心身を取り戻すことが、治療の第一歩となっています。

ストレス環境からの離脱を!

適応障害は、原因となるストレス環境が明確となっており、その環境から離れれば比較的速やかに症状の改善がみられます。早い方だと数日、遅い方でも数週間で症状は速やかに改善がみられるため、ストレス環境から離れることが重要となっています。

適応力を高める治療法とは?決して一人で頑張らない!

「ストレス因に対しての本人の適応力を高める」とは、適応できない環境に向き合うための治療です。適応できない環境に対する対処法は、「自分がその環境に合わせる」、「環境が自分に合うようにする」の2つしかありません。

治療は本人の主体性が重要!

治療方法として、認知行動療法と問題解決療法の2つがあります。どちらの治療法も、本人と医師など治療者が協同して行っていくものですが、基本的には治療を受ける本人自身が主体的に取り組むことが大切です。

    <適応力を高める治療法>

  • 認知行動療法:カウンセリングなどで、ストレス因に対しての受け止め方のパターンにアプローチし、ストレス耐性を高めていく治療法
  • 問題解決療法:現在抱えている問題と症状自体に焦点を当てて協同的に解決方法を見出していく治療法

治療に必要なこととは?

適応に困難な状況に当たった場合、まずは「自分が環境に合わせられないか」「そのためにはどのような工夫をすればいいのか」から考えていく必要があります。適応する努力を十分にしないまま、すぐにその環境から逃げてしまうようになれば、次第にどんな環境にも適応できなくなってしまう恐れがあります。

ただし、決して自分一人で行ってはいけません。自分だけで「適応できるように頑張ろう」と努力した結果、それが叶わず適応障害を発症しまっているわけであり、無理をすれば悪化の要因になりかねません。

必ず治療者の適切な指導やアドバイスを参考にして、適応の工夫や努力を続けていくことが大切です。

薬物療法は対処療法!処方される主な薬とは?

適応障害でもお薬が処方されることもありますが、薬物療法は「症状に対して薬剤を使う」という対症療法であって根本的な治療ではありません。

薬物療法の位置づけとは?

「情緒面や行動面での症状に対してアプローチ」とは、薬物療法を施します。

適応障害において薬物療法は、積極的に施す治療ではなく、「一時的に使うメリットの方が上回る場合」において止むを得ず選択される治療法と位置付けられています。

症状に合わせた薬を処方!

薬剤は症状に合わせ、不安や不眠などに対してはベンゾジアゼピン系の薬、うつ状態に対して抗うつ薬が処方されています。

薬剤の服用は、必要な期間に限って使用する事に留め、漫然と飲み続けないように注意することが重要です。

治療を受けるためには?再発に留意する!

適応障害の治療は、再発リスクを減らすためにも本人の主体性が必要とされるため、ただ漫然と治療を受ければ良いわけではありません。

治療上の留意点とは?

適応障害の治療を行う上で、次の4つを理解しておくことが大切です。

    <治療上の留意点>

  • 適応障害=「適応力がない」「心の弱い人」ではない。
  • 薬剤は、補助的な治療法でしかない。
  • 安易な逃避にならないよう、自分の将来も考えて治療方針を決める。
  • 最終的には自分で治療方針を決断する。

再発をまねく要因とは?

適応障害は、原因となるストレス環境に対してうまく除去や対処できれば、他の精神疾患と比べて比較的早期に症状がよくなる傾向があります。しかし、ストレスの要因を完全に除外できなかった場合や、逃避した結果、ストレス耐性が身につかないまま別のストレスに遭遇した場合などは、再発の可能性が高いことを留意しておく必要があります。

まとめ

適応できないストレス環境は、誰にとっても存在しているものです。その意味では、誰でも適応障害を発症する可能性を持っていると理解し、日頃からストレスマネジメントに心がけることが大切です。スポーツなど趣味を持ってストレス解消する時間の持つことも有効です。

また、カウンセリングを受けることは、怪我をしたとき治療してもらうことと同じであって、決して恥ずかしいことではありません。

一人で悩まずに周囲に相談して環境を変える試みやカウンセリングを受けストレスや克服法を学ぶなどして、ストレス耐性を上げて適応障害を治療していきましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ