多重人格と解離性障害の関係とは?2つの発症リスクに注意!

「解離性同一障害」とは、2人以上の複数の人格が1人の人間の中に存在する病態を現す、いわゆる「多重人格」との呼ばれている「解離性障害」の一種です。一般的にキャラが変わるといわれる性格が変わるだけでなく、年齢や名前など全般的に全く異なった人格に交代する奇異な症状ですが、演技や詐病ではありません。

解離性障害の中で最も深刻な症状を現す解離性同一障害とは、どのような病気であるかについて説明します。

解離性同一障害の症状とは?理解が困難な人格交代!

物事に集中したり夢中になって、ふとした記憶が途切れることは「正常な解離現象」であり、誰にでもありえる通常の現象です。しかし、解離現象によってアイデンティティーや記憶に破綻をきたしてしまう場合、解離性障害として治療が必要な疾患と判断されます。その中で、1人の人間に明らかに2人以上の複数の異なった人格の存在が認められる症状を「解離性同一障害」と分類されています。

現れる症状は多種多様!

解離性同一障害の主な症状は、異なった人格への交代現象が現れ、複数の人格での思考や言動がみられますが、複数の人格の存在に気づくことがなく、自分で意識して制御することは困難であることがほとんどです。無意識での人格交代ですが、漠然とした別人格の気配を感じることや、一部の人格だけの人格の存在を認識している、あるいは複数の人格が自分の中でコミュミケーションを持つなど、その症状は多種多様です。

人格交代は真実か?

人格の交代は一見すると、突然に口調や態度が変わるなど、わざと別人格を演じているように見えますが、そこには本人の意図は全く働いていません。しかし、事情を知らない人には演技としか思えず詐病と疑われ、学者の中にも人格交代現象を認めてない方もいる複雑な疾患となっています。

解離性同一障害の原因とは?環境要因が強く影響!

解離性同一障害の発症の原因は、一つではなく複数の要因の相互作用であるため、原因の特定は非常に困難になっています。

3つの発症要因とは?

解離性同一障害の人は、その原因となったトラウマとなるストレス要因を解離によって忘れていることも多いですが、一般的に以下の3つの要因が発症に関係していることいが多くみられています。

    <解離性同一障害の発症要因>

  • 遺伝的要因:生まれつきの発達障害や遺伝的な解離傾向などの素因によるもの
  • トラウマ要因:幼少期の極度のストレス体験(性的または身体的虐待なと)によるもの
  • 環境要因:機能不全家庭、病気、事故や災害、いじめなど安心できる環境の喪失によるもの

逃げ場のない環境が危険!

強烈なトラウマ体験があっても、適切な周囲のサポートがあれば発症しない方もいますし、特にトラウマ体験がなくても、ネグレクトなどで居場所を失った影響で発症する方もみられます。

解離性同一障害の原因は、過度のストレス体験自体よりも、逃げ場がないような環境要因が強く発症に影響を及ぼしています。

発症しやすい人の傾向とは?女性は発症しやすい?

解離性同一障害になりやすい人の傾向には、特定の特徴がみられています。

2つの発症リスクとは?

解離性同一障害の発症リスクには、過剰同調性および対人過敏症状が挙げられます。

    <解離性同一障害の発症リスク>

  • 過剰同調性:無意識のうちに空気を読み過ぎる傾向を持つ、幼少期に親や周囲に気をつかういわゆる「いい子」だった人に多くみられる。
  • 対人過敏症状:安心できる環境を得られなかったことによる、他人への過度な恐怖心や警戒心を持ってしまう状況

このような傾向を持つ方は、他人からの否定を恐れて過剰に同調した環境で成長した方たちは、感情を吐き出せず慢性的にストレスを蓄積するため、発症のリスクが高い傾向がみられます。

女性に多い原因とは?

解離性同一性障害の発症リスクには、欧米の調査よると男女比が1対9と女性に多くみられることら、「女性である」ことも挙げられています。その原因には諸説あり、男女のホルモンの違いが疑われています。

ただし、男女で症状の現れ方に違いによって男性の医療機関の受診が少ないため表面化していないだけではないかとの最近の研究もあり、まだ現時点では明確になっていません。

治療の目的は日常への適応!安心できる環境とは?

解離性同一性障害の治療の目的は、人格交代が起こっても日常生活に適応できる状態に導くことであり、必ずしも人格を1つに統合することではありません。

人格交代を無視しない!

解離性障害の全般に共通して、治療に有効とされる薬剤が存在していないため、一般的に精神療法が施されています。精神療法では、複数の人格や過去のトラウマと向き合う必要があり、苦痛を伴い危険な状況に陥る可能性があり慎重な治療が求められます。

そのためには、まず交代する各人格を無視せず尊重し、敬意をもって対応してくれる解離性同一障害に詳しい医療機関を受診することが重要となっています。

安心は信頼関係の構築から!

本来、解離とは人間の持つ防衛本能であるため、ストレスやトラウマが排除されない状況で治療を行っても効果はありません。そのため第一に、可能な限りストレス要因から遠ざける環境整備が必要です。

安心感のある環境の整備とは、医師などの治療者や周囲との信頼関係を無くしては築けないことを理解しておくことが大切です。

解離性同一障害が抱える問題とは?必要な対処とは?

解離性同一障害は、その特異な症状から専門の医師が少なく、また疾患の存在自体に否定的な専門家もいるなど、さまざまな問題をかかえています。

怪しい治療法には注意!

いわゆる多重人格は、テレビや小説では、その性質から面白い題材として扱われている経緯から、多くの誤解をまねいています。このような作品を見ることで影響を受けることもあるため、注意が必要です。

また、オカルトと関連付けられることも多く、スピリチュアルヒーリングなどのいかがわしく何の効果もない治療方法が存在しています。オカルトやスピリチュアルとの関わりは、症状を悪化させる要素でもあるため、冷静に判断することが求められます。

正しい知識が身を守る!

本人自体が解離性同一障害と気付いていないことが多く、周囲も人格交代を信用せず演技を認識してしまいがちです。このような状態が継続すると症状が悪化する恐れがあるため、周囲の方の病気への理解と冷静で思いやりのある対応が不可欠です。

医師など治療者に任せるのではなく、本人とその家族など周囲の人も正しい知識を身に着け、自分自身で身を守るように努めることが重要です。

まとめ

治療の目的にあるように、解離性同一障害の治療は、複数人格の統合は最終目標ですが必須事項ではありません。元々、解離現象とは防衛本能であるため、それぞれの人格が共存し棲み分けしながら、日常生活に適応できているのであれば問題とは言えません。そのため、本人および周囲の方が、解離性同一障害の症状について学習し理解することが大切です。

解離性同一障害の治療は3~6年程度の長期に亘ることが多く、困難なことは否定できませんが、安定した生活を取り戻すため諦めず取り組んでいきましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ