我が子が不登校に!その原因は気分変調症という病気?

子供が急に学校へ行きたがらなくなったり、気持ちが晴れない状態が続いて、頭痛や腹痛、食欲の減退を訴えてきたら、それは「気分変調症」という病気である場合があります。

成長過程の思春期の子供の場合、気分変調症を発症しているにも関わらず、親は単なる「思春期の悩み」として片づけられてしまうことがあります。

子供にとっては、気持ちがモヤモヤして暗い気持ちになったり不眠になったりと辛い状態かもしれません。気分変調症になる原因はどこにあるのでしょうか。

周囲のストレスが原因?環境的要因

思春期の周りに影響を受けやすい年頃の時期は特に、環境的なことが原因となり気分変調症になることがあります。

親を失ったり離別したりして精神的に多大なストレスを感じることにより発症するケースもあります。他にも、学校でのイジメや、勉強のプレッシャー、理想と現実とのギャップから感じる無力感や様々な問題がこの病気を引き起こします。

思春期の子供が、周りに気を使いすぎたり、部活動や塾で忙しい生活を常に強いられる状態に置かれると、常にストレスにさらされ続けて気分変調症に発生するのです。

気分変調症になりやすい性格があるの?性格的要因

気分変調症は、気分が落ち込みやすい人がなりやすいといえるでしょう。

そのことから、物事をマイナス思考にとらえてしまいやすい性格の人は、精神的ストレスを感じやすいので気分変調症になる危険があります。物事を常に完璧にこなさないと気が済まない完璧主義者の人もこの病気になりやすい傾向があります。

「学校へ毎日行かなくてはならない」「勉強して良い成績を取らなければならない」といった「しなければならない」といった観念は、真面目で素晴らしい性格なのですが、度が過ぎると疲れが溜まっていきます。

身内にも同じような病気の人が?遺伝的要因

気分変調症の患者の身内を調べたところ、なんらかの精神的疾患を持っている割合が高いというデータがあります。子供が気分変調症と診断された場合には、親、兄弟姉妹、二卵性双生児などは、遺伝的にこの病気になりやすい傾向があります。

また、気分変調症の患者数は、男性よりも女性の方がやや多いそうです。気分変調症の場合、セロトニンという神経伝達物質に問題があるので、薬でうまくコントロールしていく必要があります。

子供が不登校で悩んでいる時には、気分変調症の病気が関係していることがありますので、思い当たる場合には専門医に診てもらい治療していきましょう。気分変調症は、薬や精神的治療などの治療を重ねることによって少しずつ良くなっていく病気です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ