不安障害の人がカフェインを取る事は?取り過ぎには注意が必要

不安障害の人がコーヒーなどのカフェインを摂取する事で、症状が悪化するという声がネットなどを見ていると聞こえてきます。コーヒーなどが好きな人にしてみたらもし不安障害になってしまった場合には、カフェインをとってはいけないのかどうか気になります。

カフェインが人体にもたらす効果と不安障害の人に対する影響を調べてみましたので参考にして下さい。

カフェインが人体にもたらすもの?アデノシンに影響

カフェインには人間の身体や精神に対してどのような効果をもたらすのでしょうか?その効果は次の通りとなります。

カフェインの効果は?

カフェインの働きは、よく眠気覚しなどに効くと言われていますが、そもそもその働きが起きるのは何故なのでしょうか?

眠気を起こすのは?

人間が眠くなってしまうのは実はアデノシンという物質の働きがあるからなのです。このアデノシンの働きには眠気を誘発する、ノルアドレナリンの分泌を抑え痛みを誘発する、血管を広げる、心拍数を減らし心臓を休める、腎臓に流れる血流を少なくするなどの働きがあるのです。

カフェインの働きは?

それではカフェインの働きはどのようなものなのでしょうか?カフェインはこのアデノシンの働きをストップする作用があるのです。よってカフェインによって次のような効果があるのです。

    <カフェインの働き>

  • 眠気が取れて覚醒度が上がったり、集中力が上がる
  • ノルアドレナリンの分泌が増え、痛みが取れる
  • 強心作用を発揮し動悸を感じる
  • 腎臓への血流が増え利尿作用が働く
  • 胃腸の働きを活発にする
  • リパーゼという酵素の活性化で脂肪燃焼しやすくなる

カフェインが含まれているものは?嗜好品に多い

不安障害の人もそうですが、我々が日常摂取するものでカフェインが含まれているものにはどのような物があるのでしょうか?実は非常に多くのものに含まれていてびっくりするはずです。

カフェインを含む代表的なもの?

カフェインが含まれている代表的なものは次の通りです。

    <カフェインを含む代表的な飲食物>

  • コーヒー
  • 緑茶、紅茶、ウーロン茶などのお茶
  • コーラ
  • ココア
  • チョコレート
  • 栄養ドリンク
  • 鎮痛剤
  • 総合感冒薬

これらの飲食物には100mlあたりコーヒーや栄養ドリンクで50~80mg、その他飲料で20mgほどカフェインが含まれています。尚、栄養ドリンクの中でも眠気覚し的なキャッチコピーのものはもっと含有量が多く含まれています。

カフェイン摂取で注意する事は?量に注意

カフェインには眠気覚しや集中力アップといういいところがある反面、アデノシンの働きを抑制するという働きがある為、やはり注意すべき事があります。

カフェインは体にいいものなのか?

まず頭に浮かぶ疑問としては、そもそもカフェインは体にとっていいものなのか?という疑問です。その答えとしては適度に摂取している限りは有効なものとなりますが、過剰摂取をしていると体に悪影響を及ぼすものとなります。

過剰に摂取の基準とは?

それではカフェインを過剰に摂取した場合どのような悪影響があるかみていきます。過剰摂取の基準とは1日250mgを超えているようであれば摂取量に気をつけた方がいいのです。

過剰摂取が行き過ぎると?

もしそのままどんどん過剰になって1000mg以上摂取するようになると混乱状態や興奮状態となり、不整脈や幻視などが始まるのです。仮に10000mg以上摂取する事が現実としてあればけいれんや呼吸不全に陥り死亡してしまう可能性もあるのです。

不安障害とカフェインの関係は?取りすぎは症状が悪化する

不安障害とカフェインの関係は、これまでみてきたようにカフェインには軽度ではありますが、興奮作用や強心作用が含まれています。

これによって不安障害やパニック障害の人などはカフェインの摂取により症状を悪化させる可能性があると言えるのです。もちろん適度な量を守っていれば殆ど影響は無いと言えますが充分注意をするようにして下さい。

カフェインをやめるには?

カフェインの過剰摂取は不安障害の人に良く無いのですが、カフェインには依存性がある為一気にやめようと思っても難しいのです。無理せず量を減らすための工夫としては、1日に飲む回数を減らしたり、一回に飲む量を減らすようにしていく事が大事です。最終的にはカフェインを含まない飲み物にできるようにして下さい。

カフェインを含まない飲み物は?意外とあります

不安障害の人は極力カフェインの入っているものは避けた方が良さそうです。それではカフェインの入っていない飲み物とはどのようなものがあるのでしょうか?

    <カフェインを含まない飲み物>

  • カフェインレスコーヒー
  • カフェインレス紅茶
  • 麦茶、はと麦茶
  • 黒豆茶
  • 杜仲茶
  • ルイボスティー
  • ハーブティー
  • 牛乳、豆乳
  • 果物ジュース、野菜ジュース

まとめ

不安障害とカフェインの関係は一言でいうと摂取する事で症状が悪化する可能性が高いので摂取することを控えた方が良いのです。その理由はカフェインの作用には興奮作用や強心作用があり適量を超えた場合には極度の興奮状態などとなり不安障害や特にパニック障害などの症状を悪化させてしまうのです。

カフェインの摂取を止めるためにはおそらく依存性が高いので簡単にはやめられない事が殆どなので1日の飲む量を減らすとか、一回に飲む量を減らすなどの工夫を積み重ね全体的な摂取量を減らしていく事が必要となります。不安障害を改善する為にもカフェインの摂取は控え症状を悪化させないようにする事が重要なのです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ