パニック障害の注意点!年齢、状況別に注意する8つのこと

パニック障害は主に成人女子が発症しやすいということが知られていますが、パニック障害を発症するのは、なにも成人女子に限られたものではありません。広くは、小学生から主婦の人、会社に勤めているサラリーマン、高齢者でもパニック障害を発症することはあります。

そのため、どんな年齢層の人でもパニック障害を発症するリスクはあると言えます。今回は、パニック障害を発症した際に、患者の年齢、状況別に注意する事柄についてまとめていきます。

お子さんの場合!不登校の恐れ

パニック障害を発症したのが、小学生ぐらいの幼少期にあたる場合は、患者さんは、授業中の発表では強い不安感を感じたり、教室にいるのが耐えられないぐらいの恐怖感を常に感じていたりする場合があります。そういった場合は、患者さんは学校に通うことが困難になってくるため、大変な注意が必要です。

不登校をふせぐためにはお子さんをよく観察する

パニック障害を発症したのが小さいお子さんであった場合は、結果としてそのお子さんが不登校に陥ることが多いです。また、普段の集団行動ができなくなり、保健室登校しかできなくなる場合もあります。

本人だけではなく家族に対して心理教育を行う

パニック障害を発症したのがまだ小さいお子さんだと、病院を受診した際に、自分が今どんな状態に陥っているのか、どんな薬をのんで治療すればいいのか、十分に理解できない場合が多いです。そのため、病院の受診の際は、親などの家族を呼び、パニック障害がどんな病気で、どんな経過をたどるのかについて、医師からの心理教育がなされる場合があります。

会社員の場合!仕事が困難に

パニック障害を発症したのが、会社に勤めているサラリーマンの方であった場合は、会議などで発言することが困難になっていたり、そもそも通勤ができなくなったりしてしまいます。そのため、仕事を続けることが一時的に困難になります。

場合によっては休職する場合も

パニック障害を発症した患者さんが会社に勤めている場合は、休職をせざるを得なくなります。その場合は医師からの診断書が必要になるため、あらかじめ準備しておくことが必要です。会社に勤めている人がパニック障害になると、もう自分は二度と職場に帰ってこれなくなるのではないかと思い、退職をしてしまう人もいます。しかし、パニック障害は必ず完治する病気です。すこし休憩期間をもうけるという意識で休職するとよいです。

叱咤激励をしてはならない

周囲の人は、パニック障害の症状が現れるのが、患者さん本人の性格が気弱であるからだと決めつけてしまう場合があります。特に、患者さんが会社に勤めている中年の男性であるとなおさらです。周囲の人は、患者さんに対して優しい気持ちで接して下さい。

主婦の場合!家事育児の困難

パニック障害を発症したのが、主婦の人であった場合は、普段の家事や育児に支障がでる可能性があります。外出して買い物ができなくなったり、自宅で料理ができなくなったりするため、大変注意が必要です。

育児をしている人の場合は夫婦カウンセリングも有効である

パニック障害を発症したのが育児中の若いお母さんであった場合は、パニック障害の症状のために、お子さんの世話をすることに、支障が出ている場合があります。そのため、旦那さんの協力も治療にあたって必要不可欠となってきます。場合によっては夫婦でカウンセリングを受けることで、症状が緩和される場合もあります。

高齢者の場合!診断が遅れる

パニック障害を発症したのが高齢者であった場合は、昔からパニック障害を発症していて、長期的に苦しんでいる人が多いです。パニック障害の発見、診断が遅れて、長い間症状と戦っている場合があります。

一人暮らしの場合は孤立しやすい

高齢者の方は、独り身で暮らしている場合も多く、家族や親せきがいない状態だと、パニック障害を発症していても周囲に頼ることができない場合が多いのです。

地域において相談ができる場所を利用する

パニック障害を発症した高齢者の方は、自分の周囲に相談できる期間が数多く存在していることを知っておく必要があります。また、社会が高齢者を孤立させないような体制づくりも必要です。

    <高齢者が相談できる場所について>

  • 自治体・保健所
  • 福祉事務所
  • 精神保健福祉センター
  • 地域活動支援センター

受診を拒む場合!家族からの支援が重要

患者さんの中には、自分が病気になっていることが受け入れられないで、病院に受診することを拒んでいる場合もあります。

無理に受診を勧めないことも大事である

患者さんが病院に対して抵抗感を示している場合は、無理やり受診を勧めるとかえって逆効果です。そういった場合は、まずは、家族だけでも医者からの話を聞いて、患者さんに伝えるとよいです。

まとめ

パニック障害を発症する年齢層は幅広く、小学生から主婦の人、会社に勤めているサラリーマン、育児中のお母さん、ひいては高齢者でもパニック障害を発症することはあります。どんな人でもパニック障害を発症する恐れはあります。

中には、パニック障害を発症した際に、本人には全く病気の意識がない場合もあります。そのため、周囲の人は、普段から身の回りの人が、元気がないかどうか、悩んでいる様子はないかどうかを見守る必要があります。そして、パニック障害の患者さんを孤立させないような社会づくりも必要となってきます。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ