不安障害の原因とは?脳の栄養に気をつける事が重要です

不安障害を発症してしまう原因とは、どのような事なのでしょうか?不安障害になってしまうと日常生活にも支障が出てしまうので出来る限り発症しないように原因を取り除いていきたいものです。

しかし不安障害を発症した人の原因を調べてみると心理的要因の人もいれば、全く関係ない人も存在します。いったいどのような事に気をつければいいのか調べて見ました。

不安障害とは?不安を主症状とした精神疾患

不安障害とは精神疾患の1つで不安を主たる症状とした疾患の総称なのです。その症状によって種類が分けられているのです。

不安障害とはどのようなもの?

不安障害を分類すると次のようなものに分類されます。但し実際の症状は1つという事では無く殆どの人が併発しているという状況なのです。

    <代表的な不安障害の分類>

  • 社会不安障害
  • 全般性不安障害
  • 強迫性障害
  • パニック障害
  • 心理外傷後ストレス障害

不安障害の原因は?実際には不明

不安障害の症状は主に心理的症状と身体的症状とに分かれています。そしてその原因は一般的には心理的な出来事などに起因している事が多いのですが、実際には心理的な出来事が見られない場合もあり、いつの間にか発症してしまう事も多くあり不明なのです。

心理的症状の原因は?脳の栄養不足

心理的症状の原因としてあげられている事は、脳の栄養不足という事が挙げられます。私たちの感情というものは脳の中の感情物質によってコントロールされているのですが、そのバランスが脳の栄養不足から崩れることで不安障害の心理的症状が現れるのです。

感情物質とは?

感情物質を作っているものはアミノ酸、ビタミン、ミネラルなのですが、これらの栄養素によって作られた感情物質が脳の中で興奮、リラックス、調整という3つがバランスを取っているのです。

栄養が不足すると?

栄養素が不足すると3つの感情バランスが崩れ、アドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミンという興奮物質だけを作り続けるようになってしまいます。興奮物質はバランスが崩れた時には怒り、イライラ、不安、緊張、恐怖、こだわり、依存といった感情を生み出す作用をしてしまうのです。

身体的症状の原因は?これも実は脳の栄養不足

脳の感情物質のバランスが崩れ状態の身体は、通常より興奮物質が出過ぎた状態となっている為、必然的に常に緊張した状態となってしまいます。これが不安障害の身体的症状を生んでしまうのです。

不安障害の身体的症状は?

不安障害の身体的症状には次のようなものがありますが、不安障害のメカニズムはまだまだ解明されていない為、原因不明と言われてしまう事が多いのです。

    <身体的症状の例>

  • 落ち着きがなくそわそわしている
  • 緊張している
  • 必要以上に過敏になっている
  • 倦怠感
  • 疲れやすい
  • 動悸、息切れ
  • めまい
  • ふらつき感
  • 集中力が無い
  • 刺激などに対して反応が過敏
  • 頭痛、肩凝りなど筋肉の緊張
  • 不眠、熟睡出来ない

これが負の連鎖?

このように脳の栄養不足から始まり、その結果、感情物質のバランスが崩れ身体を緊張状態とする為、体調が不調になって行きます。不調になった体はストレスに対抗する為に更にアドレナリンやノルアドレナリン、ドーパミンなどを分泌して不安や緊張を感じるようになってしまうのです。

対策としてしておくべき事は?栄養の補給

不安障害にならない為にしておく事で重要な事は、脳が栄養不足とならないように栄養をより多くとっておくことを意識する事なのです。

脳に必要な栄養素とは?

脳に必要な栄養素となる原料とはアミノ酸、ビタミン、ミネラルとなります。

気をつける事は?興奮状態が更に悪化

不安障害になってしまうと日常普通に行なっていた事でも気をつけないといけない事がいくつかあります。特に注意すべき項目は次の通りです。

カフェインを控える

コーヒー、紅茶、お茶好きの人にはちょっと厳しい話かもしれませんが、カフェインのいいところは眠気などを取り、頭をスッキリさせ、ちょっとした疲れを吹き飛ばしてくれる所にあります。この作用は脳をカフェインで興奮させる事にあるので不安障害の人がカフェインを摂取すると興奮している脳が更に興奮して症状が悪化してしまう事があるので出来る限り不安障害が治るまでは控えるようにしてください。

アルコールも禁止

アルコールもカフェイン同様脳を興奮状態にしてしまいます。少量ならばリラックス効果もありいいとは思うのですが、殆どが適量以上となり自制できなくなってしまうのがアルコールの怖い所でもあります。カフェイン同様アルコールも不安障害が治るまでは禁止にする事が必要です。

まとめ

不安障害には、社会不安障害や全般性不安障害、強迫性障害、パニック障害、心理外傷後ストレス障害といった症状によっていくつかの種類が存在します。それぞれの症状によって、また患者によってその症状の出方は色々で殆どの人が合併的に併発します。そして原因も大きくは心理的ストレスが起因するものが多いのですが、全く当てはまらないケースもありその原因の特定は非常に難しいのです。

考えられる事としては脳の栄養不足が影響をしている事は間違いの無い事実であるので注意すべきこととしては脳に対してアミノ酸、ビタミン、ミネラルと言った栄養素が不足しないように意識して摂取する事が大事となります。そのために注意しておくべきものとしてはカフェインやアルコールの過剰摂取はしないようにする事が大事です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ