心気症の症状と治療!心気症患者の8割が不安障害やうつ病?

パニック障害に繋がるパニック発作の残遺症状には、自律神経失調症、心気症や離人症などがあります。パニック発作の残遺症状とは、それほど重度でないパニック発作が起きた後、長時間治療されずに放置された場合や治療が不十分な場合に発症します。心気症の症状は、パニック発作の症状の中の2~3の症状が持続的に出現するようになることです。

残遺的症状はいつの間にか現れる!そして間もなく消える

この残遺的症状はいつの間にか現れ、いつの間にか消えていきますが、パニック発作の時に心臓病を疑い病院に診察に行き、結果パニック発作であると診断されても納得せず心気症に移行していくことがあります。

つまりパニック障害患者は自分自身の体調の変化や異常に非常に敏感で、それが心気症を引き起こす場合があるのです。

パニック発作の症状は?死に至るケースもある?

パニック発作は身体的さらに精神的な症状を伴い、過度な恐怖感や不安感とともに症状が現れ、10~20分でピークに達し、そして何事もなかったようにもとの常態に戻ります。激しい症状のために驚いて救急車を呼ぶ場合もありますが、病院に着く頃はケロッとしていることがほとんどで、死に至る重篤な結果にはなりません

パニック発作の症状?肉体的精神的な症状

    <肉体的精神的な症状>

  • 異常な発汗
  • 激しい動機や息切れ、窒息感
  • 胸部、腹部への痛み、不快感
  • 手足のしびれや疼き
  • 死ぬのではないかという恐怖
  • 誰も助けてくれないという不安
  • 非現実感

パニック発作は時間が経過すると持続的な残遺症状の心気症に発展することがあります。

パニック障害から発症する心気症!いったいどんな特徴の疾患?

自分の病気は深刻で、死に至る病だと頑固に思い込むことが病象です。身体の異常について執拗に訴え、自分が最も恐れている病名を医師に名指しすることさえあります。何度も検査に行き、異常が見当たらないのに、自分は病気だと疑い、その疑念が自身の中で増幅していきます。

医師をとっかえひっかえ、異常なしと診断する医師は信用しない

医師や病院をとっかえひっかえしても納得せず医師を手こずらせます。そして何も異常ありませんと診断する医師を信用せず、病気だと言ってくれる医師を捜し歩くのです。

心気症患者が異常所見が見つかったときの反応

ただ軽微な異常所見が見つかったり、病気かもしれないと診断されたときは大騒ぎになります。病気のせいで死んでしまうのではないかと思い込むからなのです。

心気症の身体的症状!大きく分けると5つの症状

    <心気症の身体的症状>

  • 肩こり、頭痛
  • 頭がボーっとしてめまいがする
  • 物忘れがひどくなる
  • 疲労感や脱力感から解放されない
  • 不眠症、欲求不満

心気症は重篤になると、出勤不能になり仕事に支障をきたし、その点ではパニック障害と類似しています。

パニック障害と心気症の発症!違いと発症率

パニック障害の発症は女性により多く見られ、中でも20代30代の女性は100人に5~6人が発症します。これに対して心気症は発症率に男女差はほとんど見られませんがやはり20代30代により多く発症するというデータが残っています。しかし心気症は50歳を過ぎると発症する率は極端に下がります。

毎日病院に通う高齢者の場合の心気症

高齢者はしばしば健康を心配しますが、病気を探して医師を渡り歩くようなことはなく合理的です。病院に行くことを自分に課せられた一日の仕事だと考えているからです。

パニック障害と心気症!その原因はどこに?

パニック障害は理由を特定することが難しく、一般的には小さなストレスの毎日の積み重ねや、ある日、遭遇する非常に強いストレスがその原因です。心気症を発症する原因も特定が困難ですが、本人が過去にかかった病気や近親者の病気のことが記憶に残っていたりすることや、うつ病を合併していることが多く見られます。

不安障害やうつ病の変形が心気症?

つまり不安障害やうつ病の変形として心気症が生じる可能性も否定できないのです。

心気症患者の8割が不安障害やうつ病

心気症患者で、不安障害やうつ病を持っている人は8割にも上ります。また健康問題とは無関係な解決できない困難な問題に直面している人が「自分を病気と認めて欲しい」という気持ちや願望が原因になることもあります。重い病気にかかっていれば、難題を後回しにできるからです。

病状の経過の違い?パニック障害と心気症

同じ不安障害の傘の元に分類されるパニック障害と心気症ですが、その病状の経過はどうでしょうか?パニック障害はパニック発作が突然何度も起こり、放置しておくとやがて予期不安になり、電車やバスに乗ることや人混みに出かけることが恐怖となる広場恐怖へと進展していき、最終的にはパニック障害になってしまいます。

心気症の30%~50%の患者は改善する

心気症は悪くなったり良くなったりを繰り返しながら、慢性的に続いていきます。しかしながら心気症の30~50%の患者は改善します。子供の場合は青年期後期又は成年期前期までにはほとんどの心気症は回復します。

治療方法の相違点!パニック障害と心気症

パニック障害と心気症は不安障害というひとつの大きな精神疾患の傘の中でカテゴライズされる疾患です。どちらも死に至るような重篤な病気ではありませんが、患者本人にしてみれば、我慢することができない恐怖と不安に満ちた病であることは間違いなく、その苦しみは本人でなければ理解することは難しいのです。

それぞれはストレスの積み重ねや、不安障害、うつ病などの疾患から生み出される病で、初期の段階であれば抗不安薬などの投与が一定の効果を上げることもわかっています。しかしこれらの薬物療法がパニック障害や心気症の症状を完全に除去することは稀であり、普通は治療の補助的手段に留まります。

まとめ

パニック障害であれば既述したように、普段の不規則な生活を改め、ストレスの少ない生活に切り替えることが必要になりますが、心気症の場合は精神療法(心理療法)が主役となります。

身体的な「病気」にかかっていると信じている患者さんは、精神科で治療を受けること自体が屈辱であり、怒りの感情を抱いています。さらに医師や医療現場側もこうした心気症患者の態度にいら立ちを覚え、ついつい理屈で説得しようとしたり、心理的な問題点をダイレクトに指摘する傾向にあることは否定できません。

したがって心気症の心理を良く知る専門医にかかり、患者の怒りや苛立ちを助長しないよう時間をかけて精神療法を導入することが肝心です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ