パーソナリティ障害の特徴!共通して言える5つの項目とは?

パーソナリティ障害とは、数ある心的疾患の中でも特異な疾患です。表面に現れにくいという事もありますが、一般の人では判断が難しい。もちろん、専門医や専門に研究している方であれば判断できる方も居ます。

ですが、一般の人は、性格や人柄といった括りで観てしまう方が多いというのが実情です。ここでは、パーソナリティ障害に共通する5つの項目について紹介していきます。

パーソナリティ障害の特徴?判断が難しい!

一言でパーソナリティ障害と言っても、その症状は数多くあるため特徴も一概には言い表せないほど沢山あります。また、前述したとおり、性格と疾患の区別が難しいため、一般の人には、性格なのか疾患なのかの判断が非常に難しいのです。

ただ、共通して言える特徴があります。では、その共通して言える特徴とは何なのでしょうか。ここからは、その特徴について紹介していきます。

医師でも見分けは困難

実は、この特徴とは医師でも判断が難しいものなのです。精神科医すべての人がこの疾患に対し専門的な知識があるかというと、残念ながら、そうではないというのが現実なのです。

パーソナリティ障害に対する専門的な知識に乏しい医師からは「性格だから治らない。病気ではないから治療の必要もない」などと、突拍子もない事を言われる可能性もあります。

ですから、セカンドオピニオンもしくは、それ以上の病院を受診し、本当の意味で専門知識に長けた医師を見つける事も、選択肢のひとつと言えます。

性格と疾患の違いは?違いを分ける境界線!

『性格』と『疾患』。この境界線は何処にあるのでしょうか。実は、境界線を引くのは非常に難しい問題です。パーソナリティ障害の中でも、患者数が増加傾向にある境界性パーソナリティ障害については研究が進んでいますが、その他のパーソナリティ障害については、まだ解明されていない部分が多いのです。

経過を見ながら判断する

そのため、医師は、数日から数十日かけて、患者さんとコミュニケーションを取りながら経過観察を行ないます。その上で、きちんとした診断を行い、改善に向けて治療に取り組む方法を取っています。

注意すべき点は?心のサインを見逃さないで!

心的疾患の患者さんは心のサインを発します。表情、仕草、言動や行動などに、そのサインが現れます。何気ない普段の生活の中から、周囲の人はそのサインに気付いてあげましょう。

「いつもと様子が違う」、「どうも変な感じがする」と思ったら、それはサインの可能性があります。気をつけて様子を観察し、病院に行くことを勧めましょう。

パーソナリティ障害?共通する5つの項目!

パーソナリティ障害の概念は、著しい性格の偏り、固定観念が強いため、社会通念上の、他者の欲求や言動を受け入れる事が困難な事です。また、自分の欲求が受け入れられない事への不満などから過激な言動や行動に出てしまいます。

その結果、社会生活に支障をきたし、支障をきたす事によって、さらに不安感や抑うつ性が高まり、その結果、自分の世界に閉じこもってしまうといった負のスパイラル状態に陥ってしまうのです。

思考が両極端である事

パーソナリティ障害の患者さんは、「善」か「悪」、「100」か「0」、「白」か「黒」といった両極端な思考に陥り中間という思考が取れません。また、自己顕示欲や自意識が高く、自分を正当化しようとする傾向も見られます。

親切にしてもらったり、自分を必要としてくれる相手に対しては優しい一面を見せるものの、一旦、相手から無視されたり拒絶されるような態度を取られたら、攻撃的な性格に変貌するといった内面を持っているのです。

不安定な感情である事

パーソナリティ障害の患者さんは、感情が不安定になっています。自分は他人からどう見られているのか。どう思われているのか。といった不安感が常に頭の中を支配しています。また、他人からの言動に対し【聞き流す】といった対応が出来ず、常に深刻に受け止めるため、ストレスが増長し、自己のバランスを崩してしまう。

また、【相手に合わせる】といった思考が出来ないため、相手との関係が順調な時は、気分が落ち着いているのですが、ふとした相手の些細な言動や行動から衝撃を受け、閉鎖的な思考に陥り、やがては他人を避けるようになってしまうのです。

自己否定や劣等感が強い

「自分は何をやってもダメだ」、「自分の思いなんて通じない」といった自己否定や劣等感が他人よりも大きいのもパーソナリティ障害の特徴のひとつです。心の中の根底には常にその思いがあるために、他人の言動や動作が非常に気になり、また、その他人に左右されてしまう。

明確な意思が存在しないため、ガラスの様な心は、やがて社会生活に適応できなくなってしまう。そして、適応できなくなった自分を責め始め自傷行為などに発展するのです。これがパーソナリティ障害の特徴です。

自己顕示欲と自意識

自分へのこだわり、自分への執着を異常なまでに持っています。一見、傲慢にも思えるこの行動は、自己顕示欲の表れであり、過剰な自意識がそうさせているのです。

【自己愛】とも呼ばれるこの思考は、ともすれば「ナルシスト」、「そういう性格の人」と思われがちですが、一旦、この自己愛が周囲に否定されると、その思考は攻撃的になったり、強烈な自己アピールによって周囲を敵対するような思考に変わるのです。

「人は人だから」、「そう思う人も居るけど気にしない」といった思考へは切り替えられないのです。ここまで来ると、周囲の人も尋常ではない、何かおかしいといった感覚で見始め、やがて周囲や社会生活との間に壁が出来てしまう事になるのです。

自他の境界の曖昧さ

自他の境界の曖昧さ。これは、自分の思いを相手に押し付けてしまうという思考です。「自分の思いは相手も共有してくれる」、「こんなに想っているのだから、相手も想ってくれているはず」といった思考が優先しているのです。

相手が自分の事をどう思っているのか?、こういう事をしたら相手はどう思うか?といった思慮が欠落しているのです。常に自分の思いや感情が優先し、それを相手に重ねてしまう。相手の気持ちを察する事が出来ない。これがパーソナリティ障害の特徴です。

他にもある!症状の違いによる特徴とは?

ここまで、パーソナリティ障害に共通する特徴について紹介してきましたが、この他にもパーソナリティ障害特有の特徴として挙げられるものがあります。「無関心」「無気力」「疑い深く相手の事を信用しない」「空気を読むことが出来ない」「想定外の言動や行動を起こす」などが該当します。

常に自分が中心に居る

これらに共通して言えるのは「常に自分が中心に居る」という事です。傲慢、ナルシスト、自己中心的とも言えるこの思考は、パーソナリティ障害ならではの特徴とも言えるのです。

こうした思考は、過去の経験や体験がトラウマとなって、自身の思考の根底に根付いてしまう事から生じるものです。これを性格と捉える人も居ますが、社会に適応する事が困難であると判断される場合、性格ではなく心的疾患を疑いましょう。

まとめ

ではここで、パーソナリティ障害の特徴に関する5つの項目についてまとめます。

    <共通して言える5つの項目>

  • パーソナリティ障害の特徴は見分けが困難
  • 性格と疾患の境界線は難しい
  • 心のサインを見逃さない
  • 共通する5つの項目について
  • 常に自分が中心に居る

パーソナリティ障害の特徴を一言で表すと【対人関係における障害】です。パーソナリティとは、人格、個人の性格、個性です。対人関係において障害が生じた時、それはパーソナリティ障害へと発展する危険性を秘めているのです。

人間社会にはストレスが付きものです。複雑に絡み合う人間関係の狭間では、潜在的にパーソナリティ障害の発症を抱えている人も多くいます。現に、パーソナリティ障害の患者数は、年々増加傾向にあるのです。

きちんと治療すれば、パーソナリティ障害は改善に向かいます。パーソナリティ障害を否定するのではなく、パーソナリティ障害の特徴を十分理解して、向き合う事が必要です。誰もが潜在的に抱えている心的疾患。絶対にかからないという保証は何処にもありません。その事を頭の片隅に置いておきましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ