気分変調症の具体的な症状とは?医療マニュアルの一部を公開!

イマイチ調子が出ない、なんだか気分が落ち込む、などの症状はありませんか?何年も続いている場合は、気分変調症かもしれません。

気分変調症は性格だと思い込んで過ごすこともあり、数年も経ってから受診する人もいます。

今回は、医療で使われるマニュアルの一部を紹介しながら、併発する病気も含めた気分変調症の症状について説明しましょう。

当てはまる場合は、一度医療機関を受診してみてください。

気分の落ち込みが続く!気分変調症とは?

気分変調症は、気分がふさいで落ち込む状態が長く続く疾患で、やや女性に多く発症します。ここでは、まず気分変調症の概要について説明します。

アメリカの精神医学会で発表

気分変調症は、1980年に発行されたアメリカ精神医学会のマニュアルDSM-Ⅲで「気分変調性障害」(DysthymicDisorder)と発表されています。

「気分変調症」はWHO(世界保健機関)の分類上の名称です。2013年の最新のマニュアルでは、「持続性抑うつ障害」と変わりました。

名称が変わっている

気分変調症はかつて「抑うつ神経症」「神経症性うつ病」という名称でした。医療の現場で「神経症」の病名が使われなくなったため、名前が変更されました。

現在は「気分変調症」や「持続性抑うつ障害」の他に、「気分変調性障害」や「ディスチミア」とも呼ばれています。ここでは「気分変調症」と統一して説明します。

気分変調症と診断するには?基本の症状!

医療機関を受診した際、気分変調症の診断は各マニュアルに沿って行われます。一部を抜粋してまとめました。

疾病及び関連保健問題の国際統計分類(ICD-10)

WHOの発行するマニュアルによると、うつ病ほど重症ではないが、気分が落ち込む症状が長期にわたるとしています。

多くは成人の早い時期に発症して少なくとも数年間続くといった内容が書かれています。

精神障害の診断と統計マニュアル(DSM-Ⅴ)

アメリカの精神医学会の手引きによると、気分が落ち込む症状がほぼ1日続き、調子のよい日もあるが悪い日の方が多いとし、少なくとも2年続くなどと書かれています。

子供や青年の期間は1年としています。さらに、下記の診断基準も併せるよう説明しています。

気分変調症の症状!その他の診断基準は?

DSM-5では先に紹介した基本症状の他に、以下の状態が抑うつ期に2つ以上当てはまるかどうか診察します。

他にも項目がありますが、全てを掲載できないので一部を紹介します。

  • 食欲食欲が減ったり、反対に過食になったりします。
  • 睡眠満足な睡眠が取れない、または寝すぎてしまうことがあります。
  • 気力何かをやろうという気力がなくなり、倦怠感があります。
  • 自尊心自分に自信がなくなり、卑下する状態が続きます。
  • 集中力何かを集中してやったり、決断したりすることができなくなります。
  • 絶望感希望がなくなり、「何をやってもダメだ」と思い込んでしまいます。

気分変調症の症状!併発する病気とは?

気分変調症は、長く患う間に他の病気を併発することがあります。主なものを見てみましょう。

二重うつ病というケースも

気分変調症を患っている間にうつ病を併発することがあり、「二重うつ病」と呼ばれます。症状が重くなるため、医師の指示に従って治療を続けましょう。

うつ病は気分変調症と似た症状のため、時に判断しづらいこともあります。

甲状腺機能低下症

気分変調症では、甲状腺機能低下症を併発することが多くあります。甲状腺の病気でも気持ちが落ち込むなどの症状があるため、抗うつ薬が効かないケースもあります。

この場合は、甲状腺の症状を改善させる治療を行って様子を見ます。

不安障害も併発しやすい

気分変調症はストレスの耐性がないために、パニック障害や強迫性障害などの不安障害も併発しやすくなります。

自覚症状がある場合や家族などに指摘された場合は、医師に相談して適切な治療を受けましょう。

気分変調症の治療法は?信頼できる医療機関へ!

気分変調症は長く続く疾患のため、性格だと思い込み何年も過ごしてしまうケースもあります。

症状が当てはまり、体調が悪い日が続く場合は精神科や心療内科を受診しましょう。

薬物による治療

それぞれの症状に合わせて、抗うつ剤や抗不安薬、睡眠導入剤などが処方されます。

すぐに効き目が出ない薬もあるため、自己判断で止めたり増やしたりせず、指示に従って服用しましょう。副作用が苦しい場合は、すぐに相談してください。

心理療法による治療

症状にあわせて、対人関係療法や認知療法などの心理療法を平行する場合もあります。

対人関係療法は、人との付き合い方を見直し、感情を大切にしながら対策を考えていきます。

認知療法は、歪んだ見方や考えを客観的に修正しながら、困難を克服する力をつける方法です。どちらも素人では難しいので、専門家の指示を仰ぎながら進めましょう。

まとめ

気分変調症の症状について、医療の現場で使われるマニュアルや治療法もご紹介しました。

当てはまる症状がある場合は、重篤になる前に一度受診してみることをおすすめします。辛い時は、薬の力を借りることも必要です。

適切な治療を受けて、スッキリと快適な体調を取り戻しましょう!

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ