社会不安障害って治るの?適切な治療法とコントロールの仕方!

よく聞かれる「社会不安障害」、どのように治したらよいのでしょうか。人によってさまざま違った症状が起こる病気のため、個人それぞれに合わせた治療が必要になります。独自の考えで治そうとしたり、間違った情報により症状がさらに悪化する危険もあります。

それで適切な治療を開始することで、改善をはかることが可能です。まずは、治療を考えることから始めてみませんか。ここでは、「社会不安障害」の適切な治し方について説明します。

どう対処する?最初の一歩!

怖いから、苦痛だから、といって逃げ続けるというのは、誤った対応です。「社会不安障害は治療できる病気である」ということを理解し、改善に向けた第一歩を踏み出してみましょう。

経過を変える「最初の一歩」

まず治療を考えます。それには「薬物療法」「認知行動療法」があります。この治療法によって改善の期待が大きくなります。

「性格」と「病気」の境界線!治療の対象とは?

「社会不安障害」に悩む人は、自分の悩みが「極度のあがり性」「心配性」など、性格によるものだと思い込んでしまい、治療できる状態だとは思っていないということがよくあります。

性格だって変えられる

性格とは、その人特有の行動パターンととらえることができます。その背景には、もって生まれた気質や育った環境があります。こうした背景を変えることは、難しいといえます。

しかし、病気の場合はどうでしょうか。症状は揺れ動き、日によっても変わるでしょう。行動パターンに病気が関係しているとしたら、治療によって病状を改善させることで、行動パターン、つまり性格を変えることは可能ということなのです。

境界線がどこかははっきりしない

不安や恐怖による苦痛が性格によるものなのか、病気の影響なのか、その判断は容易ではありません。ずばり、治療の対象となるかどうかは、「生きづらさ」の程度の問題です。ただし、これもあいまいです。どの段階で治療を始めたほうがよいのについては、いろいろな意見があります。

健全な状態とは、ときどき不安や恐怖に襲われる。明らかな治療対象とは、不安や恐怖が強く、社会生活に支障が表れている。しかし、この間にはグレーゾーンが存在します。不安や恐怖に悩むことがしばしばあるという程度がその範囲に含まれます。この段階から治療したほうがいいと思う人もいれば、生活に支障が出ているレベルになってから治療の対象になるという人もいます。

単に「心の問題」?体の治療も重要!

単なる「心の問題」と片付けられがちな「社会不安障害」ですが、当人の悩みの種になっているのは、緊張や不安を感じた状態で表れるさまざまな身体症状であることが少なくありません。そのため、心の治療と同様に、体の治療も大切です。

「心の持ち方」だけでは克服しにくい

「社会不安障害」の患者さんの多くは、緊張した時に表れる身体症状に苦痛を感じています。それで、緊張しないように心の持ち方を変えよう…というのが旧来の考え方でした。

しかし、心と体は密接に結びついていています。確かに、心の状態が変われば、身体症状の表れ方も変わってきます。一方で、体の症状が少しでも軽くなれば、心の状態にも良い影響があるということです。

心身両面からの治療で改善していく

「社会不安障害」の治療は、心の面からアプローチしても、また身体症状からアプローチしても、どちらも効果が期待できます。

心の面からのアプローチには、心に働きかける薬物療法、カウンセリング、認知行動療法などがあります。身体症状へのアプローチには、身体症状を抑える薬物療法などがあります。

不安が軽くなる?薬物療法の最前線!

「社会不安障害」の治療は、薬物療法を中心に進められるのが一般的です。どんな薬が適切か、薬の効果はどうかなど、診察のたびに医師とよく話し合い、効果を確認しながら薬物療法を続けるのが理想的です。

SSRIとよばれる薬や抗不安薬、自律神経に働きかける薬などを使い、不安や恐怖を和らげたり、身体症状を抑えたりします。

薬物療法の特徴

薬を適切に使用していくことで、大きな効果が期待できます。服薬による症状の軽減からはじまり、回避行動の減少につながります。そして、行動パターンが変わることで、新しい行動パターンが確立されます。

自分を変えてみる?認知行動療法で克服!

薬物療法と並ぶ治療法として、認知行動療法があります。認知行動療法は、回避行動を生み出すもとになっている思い込みを修正すること、これまで逃げてきた状況に立ち向かう方法を学んでいくことを目的とした治療法です。

薬は併用するのがよい

薬の力を借りて、不安や恐怖をコントロールしながら、同時に認知行動療法を進めていくのがよいでしょう。

社会不安に立ち向かう方法をマスターする

あなた自身の受け止め方を変えれば、不安はコントロールできるようになります。

    <社会不安に立ち向かう4つの方法>

  • 認知修正法(回避行動の前提となる考え方の方よりに気づき、修正するための方法)
  • エクスポージャー(あえて苦手な状況に身を置くことで、不安や恐怖になれていくための方法)
  • ソーシャル・スキル・トレーニング(社交術を学ぶことで、対人不安の軽減をはかる方法)
  • 身体面から心のリラックスをはかる。

まとめ

「社会不安障害」の治療の基本は、薬物療法プラス認知行動療法です。治療の柱となるのはやはり薬物療法が効果的ですが、同時に不安に苦しむ自分を「変えたい」という強い意識が必要になってきます。だれかが変えてくれるわけではありません。

どんな薬も、どんな医師も、あなたがどう行動するか、どう感じるかまではコントロールできません。それで、まず、自分を変えられるのは自分自身しかいないという自覚が必要です。

最初は、不安や恐怖もあることでしょう。しかし、不安となる状況に段階的に試すことによって場数を踏み、慣れること、それこそが一番の薬なのです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ