うつ病には漢方薬が効く!?うつ病を改善させる漢方薬3選とその効果について

最近では、様々な病気などを治すことで大いに貢献している漢方薬。この漢方薬はうつ病にも効果のあるものがあることをご存知でしょうか。

最近では様々なところで使用されている万能薬である漢方薬です。その漢方薬がうつ病に対して一体どのような効果をもたらしているのでしょうか。

そこで今回はうつ病になってしまった時に漢方薬で治す際の効果、そして漢方薬を使った治療によるメリット・デメリットを紹介します。

今話題の万能薬「漢方薬」とは何か?そしてその効果とは??

最近ではテレビや雑誌、またインターネットなどあらゆるマスメディアを通して「漢方薬」というワードが出ています。そんな今話題の漢方薬とは一体何なのであろうか。

まず初めに漢方薬とは?

漢方薬とは、5世紀ごろに中国から伝来し、それを日本で独自に開発した漢方医学の理論に基づき多数の植物性のものや動物性のものなどを材料として使用した医薬品です。

漢方薬というのは、一般的には漢方医学によって研究され作られた薬による治療法ですが、実は漢方薬だけが漢方医学というわけではありません。有名なものだと、「鍼灸」も漢方医学によって作られた治療法なのです。とは言っても、なぜそこまでして漢方薬が人気なのかが気になりますよね。

しかしこれにはちゃんとした理由があったのです。

急性病、慢性病の改善目的に効果あり!

急性病とは主に風邪や熱、または鼻炎のことを指します。効果が効き始めるのは薬を服用してから1日?3日ほどですが、風邪などの引き始めによる身体の異変に気付き、いち早く処方すると早く効きます。

慢性病とは高血圧や糖尿病といった、生活習慣病などが原因で継続的に薬を服用する必要のあるものを指します。こちらの方は、少なくとも3ヶ月処方することがオススメされています。

個人差がありますが、処方し始めてから14日くらい経ったら、苦痛が和らいだり前よりも身体が楽になっているなどの効果が出始めます。これらの変化は大体1ヶ月?2ヶ月ほどで出てき始めます。苦痛が消えると、不快な症状を忘れることもあります。

体質改善、健康維持にも効果あり!

よく風邪をひいたり、アレルギーを持っている人には、毎日少しの量を継続して処方すると少しづつ変化が見られ始めてきます。また、加齢など対する身体のメンテナンスを行い、日々健康でいられる体を作るのにも漢方薬は効果的です。

しかし、このような改善効果や維持効果は漢方で改善させようと思っても1日では改善しません。ですので、継続して処方することが大切となります。

うつ病の原因って何?その原因を徹底分析!

先述のように、漢方薬には様々な症状に効果があります。また漢方薬は原材料を調合するバリエーションが豊富なため、他にも二日酔いや日常で困った時に家庭用常備薬としても効果を発揮します。

しかしそんな万能な漢方薬には、うつ病を克服させる効果が発揮されるのでしょうか。

うつ病の症状とその原因とは?

うつ病の症状というのは主に、倦怠感・食欲不振・不眠・動悸になります。このような症状から、家から出ずに引きこもってしまったり、一日中寝たきりになってしまうというケースが多いです。また、女性の方がうつ病になりやすい傾向にあります。

それでは、うつ病の原因をここで紹介します。

ストレスによる影響

まず、ストレスには、精神的ストレス、構造的ストレス、化学的ストレス、温度と湿度のストレスという4つの種類があります。その中でも主にうつ病と関係があるのは、精神的ストレスと化学的ストレスです。

精神的ストレスは、人間関係から生まれる不快感や嫌悪感を指します。精神的ストレスは、うつ病と一番関係が深いといっても良いでしょう。

化学的ストレスは、栄養素の過剰や不足のことを指します。特にカフェインの摂取は化学的ストレスになり、うつ病の人は摂ってはいけない栄養素でもあります。

不眠などで生活リズムが不規則

そもそもうつ病になってしまうと、体内の精神エネルギーや、生命エネルギーが低下します。また生理的欲求も低下してしまうため、睡眠欲だけでなく食欲や性欲が高頻度で低下してしまいます。ですから、健康な状態で睡眠不足になるとうつ病になりやすくしてしまい、うつ病にかかってしまうと睡眠欲が低下し、さらに睡眠不足になってしまいます。

うつ病の原因というのは基本的に2つです。これらの理由がうつ病になってしまう原因となってしまうということですね。

しかしこれらの原因から起こるうつ病は漢方薬を使って克服することができます。では、どのような漢方薬を処方すれば良いのでしょうか。

漢方薬で克服!うつ病に効く漢方薬の効果とは??

今では医療技術が発達し、様々な症状を治すことができる薬がたくさんあります。漢方薬も同様に、古来から伝えられた伝統療法を現代の医療技術に取り込んでいます。

そんな万能薬である漢方薬には「抗うつ剤」と呼ばれる薬があります。これは、その名の通りうつ病を克服させる薬です。

では一体「抗うつ剤」にはどんな効果があるのでしょうか。

抗うつ剤を摂取する

漢方薬の抗うつ剤を処方した場合、3ヶ月も飲み続ければもう必要がなくなるくらい効果の発揮されるスピードが早いです。

初めは1?2週間で効果が出始めますが、そこでやめてしまうと再発するリスクが高まります。ですから、地道に飲み続けることが大切になってきます。

抗うつ剤の副作用は?

やはり、抗うつ剤は脳内のターゲットとする神経伝達系だけではない、他の神経に作用してしまうため副作用があります。代表的な副作用は口が渇く、便秘・排尿障害、眠気、胃腸障害、頭痛があります。

その他、抗うつ剤の投与を増量しているときや早期には、精神的な不安や焦燥感、衝動が高まることが見られることもありますが、これらの副作用には個人差があります。

抗うつ剤について不安がある方必見!抗うつ剤のメリット・デメリットを紹介!

先に述べたように、抗うつ剤は処方したからといってすぐに効果が現れるというわけではありません。ただ、効果が現れる時にはどれくらい効いているのかが気になるはずです。

ここでは抗うつ剤の効果に関するメリット・デメリットについて紹介していきます。

抗うつ剤のメリット

抗うつ剤を処方することによって効果が得られるのは事実です。ただし、従来の抗うつ剤は非常に副作用が強いため、処方を懸念する人がいます。しかし、漢方薬の抗うつ剤は、従来のものに比べて副作用があまりないということがメリットです。

抗うつ剤のデメリット

抗うつ剤は、鼻水やくしゃみなどといった目に見える症状ではなく、不安や倦怠感などの目に見えない症状なので、処方してから効果が出てきたと正確な判断をするのは難しいです。

このようなことから、実は効果が出ているのに効果が出ていないと判断して服用をやめてしまって再発してしまったり、逆に全然効果が出ていないのに効果が出ていると判断してしまい漫然と飲み続けてしまうというケースも存在していることがデメリットです。

しかし、自分自身で効果の効き具合や摂取量を記録することで、このような漫然な摂取や途中で服用をやめてしまうことを防ぐことができるので、もし不安ならば記録をつけてみるのも良いでしょう。

失敗はしたくない!正しい漢方選びとは

漢方薬は効果があることはここまで紹介してきました。ではここからは、失敗しないための漢方薬の選び方についてお話しします。

うつ病にオススメの漢方薬

基本的なうつ病の症状は、やる気が起きない、倦怠感がある、落ち込みやすいといった症状です。
これらの症状に効果的な漢方薬は補中益気湯(ほちゅうえきとう)と呼ばれるものや香蘇散(こうそさん)、加味帰脾湯(かみきひとう)と呼ばれるものです。

補中益気湯はもともと胃腸虚弱な人で、無気力や食欲不振の人に処方されます。香蘇散は、ストレスが発散できずに内気になっている人に処方されます。加味帰脾湯は、もともと貧血のある人に処方されますが、かどの精神疲労による不安感やうつ病に処方されます。

このようにして、それぞれ効果は違いますがどれもうつ病には適しています。自分が主にどの症状なのかを把握して漢方薬を選ぶのも、1つの手ではないでしょうか。

自分に一番合った漢方薬を!うつ病克服に大切なこと

このようにして、自分の症状にどの漢方薬が一番合っているのかを選ぶのはとても大切なことです。

また、自分のうつの症状がどれくらいなのかについて知る必要があります。また期間によって漢方薬の服用を変えてみるのも良いですよ!

漢方薬を使ってうつ病の克服をしていきましょう!

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ