熟眠障害の症状とは?充分寝ても寝た気がしないのです

熟眠障害とは不眠症の症状の一つで不眠症の中でも深い睡眠が得られなく、ぐっすり寝むれないというような症状を指します。熟眠障害の場合はいくら長時間寝たとしてもよく寝たと言う感覚が得られる事はありません。そして見た目は寝ているように見えるので気付かれにくいのです。そのような熟眠障害で苦しんでいる人の為に原因と解決策を調べて見ましたので参考してみてください。

熟眠障害とは?寝た気がしないという症状です

熟眠障害とは睡眠時間はしっかりとっていて眠れているはずなのに、全然疲れが取れず寝た気がしないという症状なのです。別名としては熟眠感欠如とも呼ばれています。

自覚症状としては?

熟眠障害の人によく見られる自覚症状は、寝ているはずなのに全く疲れが取れないとか、寝た気がしない、日中は一日中体がだるい感じがしたり、頭痛がしたりする。そして悪い夢ばかり見ている記憶が残っている事が多いのです。

熟眠障害の特徴は?

熟眠障害には次のような特徴があるので心配な場合は自分の症状と照らし合わせて見てください。

    <熟眠障害の主な特徴>

  • 寝付き自体は悪くは無い
  • 睡眠時間は十分確保できている
  • 夜中には眼が覚めることは無い
  • 熟睡した感じがせず、寝たという感じがしない
  • 目覚めが悪く起きた時にスッキリとしない
  • 日中は体がだるくぼーっとする感じがする

熟眠障害の人の体で起きている事は?眠りが浅い

熟眠障害が起きている時の人間の体がどのようになっているかというと通常の人であれば睡眠直後にはノンレム4という最も深い眠の状態になるのです。そしてその時間が長ければ長いほど睡眠の質が高く疲れが取れるのですが、熟睡障害の人は、寝た直後から目覚めるまでそのノンレム4と言う状態に全くならないで朝を迎えてしまうのです。

その為、体は休んでいても精神的な疲労感は回復する事無く寝た気がしないという事になるのです。

その原因は?

そのような状況が起きてしまう原因として考えられているのが、メラトニンの分泌が正常に作用していない事が考えられています。メラトニンとは主に体内時計を調整する役割を果たしていてこのメラトニンが正常に動いていないと常に体内時計が狂った状態となってしまうのです。

熟眠障害になってしまう原因は?4つの原因が考えられます

熟眠障害となってしまう原因は、メラトニンの不足なのですが様々な理由によってそのようになってしまうと言われてはいます。大きくタイプを分けると次の4つが原因となります。

加齢による体質変化

人間が生きていく上でどうしても避けられないのが加齢なのですが、人間は年をとるとどうしてもホルモンの分泌量が減少してしまい、このため寝る為に必要なメラトニンの分泌も減少してしまうのです。その結果、睡眠の質が低下し寝た気がいしないという症状を引き起こしてしまうのです。

ストレスによる神経過敏

熟眠障害はストレスによっても引き起こされてしまいます。その理由は人間がストレスを感じる状態にいる時はこの場所は危険であり、何かあればすぐに起き上がって逃げる体制をとろうと体が勝手に判断してしまうのです。よって体がいつでも起き上がれるように睡眠の質を落としてすぐに動けるような体制を整えてしまうのです。

睡眠時無呼吸症候群

これはある種病気で寝ている時に一時的に呼吸がとまってしまう状態の為、結果としては寝むれていないのと同じようになってしまっているのです。この症状としては医学的には10秒以上呼吸がとまるような状態を一晩のうちで30回、又は一時間に5回以上無呼吸状態が起きている場合には無呼吸症候群として認定される事になります。

飲酒によるもの

眠りやすいからと飲酒をしてから寝る人が、多くいる事は間違いないのですが、睡眠の質から言うとレム睡眠という浅い眠りの時間が多くなってしまう為、寝た気がしないという状態を招いてしまいがちなのです。

眠れているのに眠れていない?思い込みの場合も

熟睡に対しては、実はちゃんと眠れているのに自分は眠れていないと強く感じている場合もあります。この思い込みは非常に怖く本当は眠れているのに思い込むだけで本当にそうなっていってしまうので注意が必要です。

不安な時は?

このような場合は実際に熟睡できているかどうかを日々記録をとって確認する事をして見ると勘違いであることが理解できるはずです。今はスマホのアプリなどでも簡単にチェックする事ができるので試して見ると睡眠の改善につながります。

熟眠障害になってしまったら?寝る為の環境を整える事です

熟眠障害になってしまったら対策としては次のことをしていく事が改善に繋がっていきます。

まずは寝る環境を整える

睡眠の質は寝室の環境に大きく影響を受けます。よってよく眠る為の改善ポイントとしては寝室の環境を整える事なのです。その時のチェックポイントとしては寝る時の温度は適切か?明るさは丁度良いか?音は問題ないか?寝具は自分の体にあっているか?といった事を確認してください。

自分自身寝る為の準備ができている

寝る為の環境が整ったら次は自分自身が準備できているかの確認です。その時のポイントは、まず睡眠欲求が高まるように適度に体がつかれているか?自律神経の乱れやストレスが溜まっていない?寝る前に体温をあげるような事をしていないか?といった事をチェックしてください。

まとめ

熟眠障害とは、いくつかある不眠症の症状の一つでしっかりと寝ているはずなのに寝ていない、寝むれていないという感じがしてしまい日中の活動に支障が出てしまいます。この原因は加齢やストレスなどにより睡眠ホルモンであるメラトニンが不足し、眠りについてもいわゆる深い眠りであるレム睡眠状態にならない事なのです。

メラトニン不足以外にも睡眠時無呼吸症候群であったり、過度の飲酒が原因である場合もあるので自分がいくら寝ても寝た感じがしないようであれば一度自分の生活習慣などを見直して見る必要があります。よく寝ているのに眠れていないという思い込みという事もあるので日々の睡眠記録をつけて確認する事も必要な事なのです。

このような症状が出てしまった場合には、メラトニンの分泌を促す為の栄養素であるトリプトファンの摂取を心がけ、原因となる生活環境の見直しや寝る環境の整備などを改善していく事で改善できるはずなのです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ