うつを告白!家族を大切にする渡辺正行さんの治療とは?

うつ病になって治療を続けている人って多いですよね。芸能人でも、以前、うつに悩んでいたと告白した方がいます。

その人の名前は、渡辺正行さんです。

2016年には還暦を迎えた渡辺さんですが、10年ほど前、50才ぐらいの時にうつ病を発症し、治療をしていたそうです。では、どうやって乗り越えたのでしょうか。

渡辺さんがうつ病になるまで

1980年にお笑いトリオ、コント赤信号としてデビューをした渡辺正行さん。グループのリーダーとして活躍し、伝説ともなっているお笑い人気番組だった「オレたちひょうきん族」などのテレビ番組で大活躍をしていました。赤いマフラーとサングラスがトレードマークの暴走族コントで、お茶の間を賑わす活躍ぶりでした。

また、コント赤信号を経て、司会者やM-1グランプリでの審査員などの方面でも活躍し、若手の育成にも力を注いでいます。1999年に結婚して翌年、女の子が生まれています。

うつ病を告白

大活躍の渡辺さんですが、テレビで50才ぐらいの時にうつ病だったと告白し、話題になっています。お笑いを率先し、みんなを引っ張るリーダー気質が目立っている渡辺さんですが、実は、涙もろい一面があります。

告白したきっかけは、タレントのマルシアさんが過去にあったうつ病を告白した後のことです。渡辺さんが「オレも昔、うつだった」と告白したのです。知り合いの男性医師に診てもらった所、男性の更年期うつと言うことが判明し、薬を服用することになったそうです。

その後、うつから回復して、その時の心情を語っています。「舞台をやっていて、初日に今までに感じたことのない、血が逆流するぐらいあがっちゃって。初日だからかと思っていたら、2日も、3日も」と当時の気持ちを語っています。

うつ病を乗り越えて

男性の更年期症状は、女性に比べると感じないと言う人も数多く存在し、個人差があります。しかし、つらい場合には疲労感や不眠、ほてり、イライラ、のぼせの症状があります。渡辺さんの場合には、更年期症状に加えて、うつの症状も引き起こしたことで、治療に時間を要しました。うつの緩和は、渡辺さんのように薬の服用のほかに、適度な運動や心理的な療法もあります。

渡辺さんは、10年間、飼っていた愛犬が亡くなった時には、その死を悲しんで絵本を出版しています。「飼っている時は、家族じゃないって思っていたんですが、死んじゃってから寂しいというか、切ないというか、やっぱり家族なんですね。お前に飼ってもらってよかったと思ってもらえるように形にしたいと思いました。」と話す渡辺さん。自身の家族もきっと、うつ病の支えになってくれたことでしょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ