うつ病で休職はできるの?休職の手続きや休職中の過ごし方!

慢性的に抱えたストレスが肥大し、うつ病となってしまうケースが年々増加しています。うつ病はストレスの悪循環をどこかで断ち切らなければ、悪化の一途を辿っていくばかりです。そこで、「ゆっくりと休むこと」が非常に大切になります。

そこで、「ゆっくりと休む」ための手段が「休職」です。この記事では、うつ病での休職にあたって、どのような手続きや書類が必要なのかといったことや、休職中の過ごし方について解説します。

そもそも、うつ病で休職はできるの?休職のメリットを解説!

うつ病で休職できる?できない?

結論から言うと、うつ病での休職は可能です。むしろ、仕事や職場から離れることがうつ病では大切になります。

なぜうつ病で休職することが大切なの?

なぜうつ病で休職することが大切なのかと言うと、社内での人間関係や、仕事のめまぐるしい手順の変化、コンピューターがもたらす身体的疲弊や客先との関係維持など、仕事や職場にはストレスの原因が多く存在しているからです。

ただでさえストレスを抱えすぎたことでうつ病へと発展している中、それ以上にストレスを抱えてしまっては、うつの症状が悪化してしまう可能性があります。よって、思い切って仕事や職場を離れてストレスの原因を減らすことで、結果的にうつ病の早期改善を図ることができます。

うつ病で休職する場合、どのような手続きが必要?まず大事なのは相談!

まずは上司に相談する

もちろん、うつ病の診断が出たからといって、何も言わずにいきなり休職するのは望ましくありません。まずは直属の上司に、「うつ病の診断が出たので休職をしたい」と申し出ましょう。

人事部門へ相談し、必要書類を提出する

直属の上司から承諾を得られたら、人事部門へ休職の旨を伝えましょう。会社の規則によって手続きが異なりますので、休職にあたってどのように手続きを進めるべきか、しっかりと人事部門の人間と打ち合わせをしたり、社内規定を確認したりすることが大切です。

場合によっては、休職の際に書類の提出が必要です。必要書類については後述の通りです。

うつ病で休職する際に必要なものは?会社によって違うものもあるので注意!

うつ病で休職する際に必要なものは、主に休職願いと医師の診断書、傷病手当金の申請書類です。

休職願い

会社によってフォーマットが違いますので、人事部門の指示に従って必要事項を記入します。また、会社によっては休職願いのフォーマットが存在しない場合もあります。その場合は、人事部門に指示を仰いで作成、提出をします。

医師の診断書

会社によっては、医師の診断書を求められます。かかりつけ医に相談することで発行してもらえますので、入手次第、人事部門に提出します。

傷病手当の申請書類

休職中は給与が支払われません。その代わり、申請書類を出すことで社会保険事務所または健康保険組合から傷病手当が支給されることになります。

傷病手当金の仕組みは?書類の提出は忘れずに!

傷病手当金は、傷病手当金の申請書類を社会保険事務所または健康保険組合に提出することによって支給されます。休職から3日間は「待機期間」と呼ばれ、手当金の支給はありません。よって、休職の4日目から復職前日までが傷病手当金の支給期間になります。

傷病手当金はどれくらい支給されるの?

傷病手当金は1ヶ月ごとの振込となり、

標準報酬額×0.6×1ヶ月の日数(土日祝日含む)

の金額が支給されることが一般的です。大体給与の6割程度と考えてください。
当然、申請書類を提出しなければ傷病手当金は支給されませんので、忘れずに書類を提出してください。

傷病手当金の書類がもらえなかった場合は?

休職の旨を職場に申し出た段階で人事部門から渡されるケースが多いですが、もし言及されなかった場合は自分から「傷病金手当の申請書類が欲しい」と申し出ることで入手することができます。後は必要事項を記入し、提出することで傷病手当金の支給を受けることができます。

休職期間中、どう過ごす?大切なのは自分が心地よいと思うことをすること!

数々の手続きを終え、晴れて休職できるようになっても、どのように過ごせば良いのかわからないという人も非常に多いです。そこで、休職期間中の過ごし方について紹介します。

    <休職期間の過ごし方>

  • 治療をする
  • 散歩をする
  • 自分と向き合う

治療をする

そもそも、休職期間は治療に専念するための時期です。最低でも2週間に一度は通院する必要があります。また、通院し薬を貰ったりカウンセリングを受けたりすることによって、症状が改善される傾向にあります。時間を見つけて通院するのがおすすめです。

散歩をする

太陽の光と一定のリズムを刻む運動は、セロトニンの分泌を促す効果があります。また、朝の光は自律神経を調整するのに大いに役立ちます。よって、30分程度の散歩を早朝に行うことで、うつ病の症状を緩和させることができます。

自分と向き合う

休職期間中は、仕事を離れることができるので、日々のことに忙殺されずに済みます。よって、自分自身の感情と向き合うのに最適な期間であると言えます。

「自分は本当は何を感じているのか?」「自分は今後どう生きていきたいのか?」と考えることは、うつ病の有効な治療方法である認知療法と通じる部分があります。休職期間を使って、自分自身の感情を認めることで、ストレスを軽減させることができます。

それでも不安が消えない時は?休職期間は人生に与えられた夏休みと心得る!

うつ病による給食の手続きや、必要なもの、休職中の過ごし方について紹介しました。休職期間中でも、仕事のことがなかなか頭から離れないという人も少なくありません。

しかし、休むための休職期間中に仕事のことを考えてストレスを生み出してしまっては本末転倒です。しっかりと「今、自分は休むべき状態だ」と自覚し、暑い夏を乗り切る体力を温存するために与えられた夏休みと同じように、自分に必要な休みであると割り切ることが大切です。

しっかりと休職期間中に心と体を休めることは、将来の自分への投資になります。うつ病の休職期間は、人生にとってとても重要なことであると言えます。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ