うつ病になることもある?子育てで気をつけたいポイント!

初めて子育てするお母さんは、思い通りならない子どもを相手に、悪戦苦闘します。あやしても泣き止まない、夜泣きがひどいなどで、心に負担を感じてうつ病になる人もいます。こうした子育ての負担は、自分の思い通りになるはずだ、という願望からきています。

子育てに大きな負担感を感じないために、どういった心構えが必要なのでしょうか。うつ病などにならないための、心構えのポイントを解説します。

初めての子育て!子どもの要求がわからない!

生まれてきた子どもは、最初にs泣くことでお母さんに自分の要求をします。しかし、子どもは言葉をしゃべるわけではないので、その要求をいろいろなところから推測する必要があります。初めて子どもを持った場合、その要求がどのようなものなのか、わからない場合があります。

赤ちゃんは泣いて要求する

子どもは泣いて自分の要求をするために、お母さんがうろたえてしまったり、子どもが泣くことに対して、嫌悪感のようなものを感じてしまう人もいます。赤ちゃんにとっては、原始的な要求ではありますが、お母さんによっては負担を感じる人もいるです。

なぜ子どもが泣くことに負担を感じる?その理由

赤ちゃんが泣くのは、要求しているからですが、その要求を理解できないことで負担感を感じます。自分は子育てが向いていないのではないか、と思います。しかし、それは自分に完璧を求めている証拠で、わからない中で手探りで子育てする、心のエネルギーが無いといえます。

マタニティー・ブルー

また、出産後はホルモンバランスが崩れているために、うつ状態や育児ノイローゼになりやすいといえます。それを、マタニティ・ブルーと呼びます。完璧を求める上に、ホルモンバランスが崩れれば、うつ病を発症してもおかしくないでしょう。

うつ病はどんな病気?どんな症状が出るの?

うつ病になると、普段のできることが億劫に感じたりします。なぜなら、脳のホルモンのバランスが変わってしまうからです。うつ病の主な症状は以下です。

  • 睡眠障害(朝早く目覚めたり、夜眠れない、また、日中もずっと眠っている)
  • 体がだるい、重い
  • 注意力の欠如
  • 意欲の低下
  • 普段の習慣の行動をしなくなる(毎朝、新聞を読む人が読まなくなる)
  • 憂鬱、イライラ、焦燥感
  • 疲れやすさ

心のエネルギーが無くなる

うつ病になると、さまざまな症状が出ますが、どれも心のエネルギーが無い状態のために起こるものです。心のエネルギーとは、生きていく上での意欲のようなものです。これによって行動の面、精神的な面とさまざまな障害が出てきます。

異様な疲れやすさやイライラ感

体がだるくて重くて、少しウォーキングなどの運動をしただけで、とても疲れてしまいます。そういった何もできないような状態に対してもイライラしますし、何もしていなくてもイライラしてしまうといった、心の悪循環が起こってしまいます。

完璧を目指すのはダメ!うつ病にはこうしてなる!

うつ病になりやすいのは、責任感が強く、完璧主義な人です。そういった人は、初めてのことだったり、予測不可能なことが起こるとパニックを起こします。子育ては、まさに予測不可能なことの連続です。子育て書はいろいろとありますが、子どもによっても対応などが変わるのは当たり前です。

脳がオーバーフローする

そうして対応ができない中で、不安や混乱が強くなって、脳がそれに耐え切れずにオーバーフローします。それによって、脳が機能障害を起こすのがうつ病なのです。責任感が強いほどそうした不安に弱く、自分が予想不可能な状態が起きたときに、不安が強くなってしまうのです。

100点を取ろうとするのが最悪

子育ては、基本的に予測不可能なものなので、100点を目指すようなものではありません。100点を取ろうとするので、うまくいかないことがあると、より気持ちが凹んでしまうのです。

60点の子育てを目指す!3つのポイント!

100点を目指さずに、60点を目指すことが、うつ病などの精神的に辛い状態にならないポイントです。100点をとろうとするのを捨て、60点を取るためのポイントは以下の3つです。

  • 子どもとコミュニケーションを多くとる
  • 1人で気分転換できる方法を見つける
  • 生きていてくれればいいと考える

子どもとコミュニケーションをとる

まずは、子どもとコミュニケーションをとることです。たくさん話しかけたり、笑いかけたりします。そうすることによって、子どもに関心がより向くようになってきます。気持ちが通じているように感じられれば、泣かれたとしてもそれほど負担感を感じずに済みます。

1人で気分転換できる方法を見つける

気分転換できる方法を見つけることは大事です。それによって、心のエネルギーをためることができます。ボーっとするのもいいですし、好きな小説を見るのもいいですし、パズルをするのでもいいです。1人ですることが重要です。

生きていてくれればいいと考える

いい子育てをしなければならないと、意気込んでしまうのもわかりますが、生きていてくれさえすればいい、と割り切ることも大事です。少し基準を落として、自分のできる範囲でできることをすることが重要です。

まとめ

子育てでうつ病になってしまうのは、完璧を目指して、いい子育てをしなくてはならないと考えてしまうからです。それによって、泣かれたりしたときの対処がうまくてきないときに、必要以上に落ち込んでしまいます。

子育てを完璧にするのは、不可能なことです。予測不可能な子どもの行動は、どんな親でも悩まされるものです。自分ができる範囲のことをきちんとする意識を持つことで、「100点を目指さない子育て」を目指しましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ