うつ病治療はどれくらいかかる?うつ病の克服に必要な時間

うつ病を治療していると、「もうずっと治らないのではないか……」と感じてしまうものです。うつ病の症状により悲観的な思考になっている為、今現在抱えているうつ病も治療できないと思ってしまいます。

そんな時、うつ病はどれくらいの時間で克服できるのかを知っておけば、焦りや悲しみも解消できます。このまとめではうつ病を克服する時間について解説します。

どれくらいで治る?うつ病克服に掛かる時間は約半年!

うつ病を克服するためには、およそ半年間の治療が必要と言われています。うつ病を患った人が克服するまでにかかった期間を統計的に調べると、だいたい3ヶ月~7ヶ月で克服する人が多いです。

これはあくまで平均なので、人によってはこれより短くも長くもなる可能性があります。症状の重さや性格などで違いがでますが、だいたい半年と覚えておくと良いでしょう。

「早く治さなきゃ……」と焦ると、ますますうつ病が悪化してしまう!

うつ病になると社会的な活動が困難になるので、早く治さなければと焦ってしまう人も多いです。うつ病に罹りやすい人は真面目な性格が多いので、一日も早く社会に復帰しないと……と感じてしまうからです。

しかし焦りはうつ病治療に禁物です。焦りる事で逆に悪化してしまう事もあります。

平均値を聞くとそれ以上を目指そうとする真面目さがうつ病に罹りやすい人の特徴ですが、こと治療に関しては平均を超える必要はありません。ゆっくりとでも確実に克服していくのが大切です。

治療の効果が見られない?前と変わった部分を探しましょう

うつ病の治療をしている以上、何の変化も無いということはありません。一部分でも改善できた所が必ずあります。もし焦りを感じてしまったら、「前と比べて変わった所」を探してみましょう。

前と比べて悲観的になる時間が減った・前向きな考えが浮かぶようになった……など。こうした変化を探すと、治療に対しても前向きになれます。

治療の変化が見られなければ、医師に相談する

もしも全く克服出来ている実感が見えない、もしくは悪化していると感じた場合、それを医師に相談すると良いでしょう。必要であれば薬の変更や治療方針の見直しを行わなければなりません。

それに、自分で気付けていないだけで、アナタを客観的に見ている医師は変化している部分に気付いているかもしれません。長く通院している場合ならなおさらです。自分で克服出来ている部分が見つからなければ医師に相談してみましょう。

治療の効果を確認するため、うつ病日記をつけると良い

うつ病は脳内伝達物質の分泌量が低下するなど、脳の機能が正常に働いていない状態です。なので身体の病気と違い、精神疾患は病状の重さも治療の効果も自分では分かりづらい場合が多々あります。

そこで、うつ病の治療日記をつけるのをオススメします。その日感じた事や思った事を文字に書き起こすと、後々に見直す事が出来るので心境の変化が分かりやすいです。

治ってくれば安全なの?うつ病で最も重要なのは『再発防止』

克服時間以上に気をつけるべきなのは、「再発」です。うつ病は再発する病気であり、医師が治療方針を決定するとき、再発予防も視野に入れています。症状が改善してからの処置も大切です。

うつ病が改善するのは、治療が上手くいって克服寸前になった時です。治療を始めて3~4ヶ月で回復の兆しが見える人も居ますが、再発する可能性が多いのもこの時期です。

うつ病を克服するには3つの期間が必要

うつ病の期間は「急性期」、「回復期」、「再発予防期」の3つがあります。これらもそれぞれ克服する時間が異なり、「急性期」は1~3ヶ月、「回復期」が4~6ヶ月、「再発予防期」が1年以上と言われています。

これらの中でも再発予防期が長いですが、逆に言うと”それほど時間をかける必要がある”という意味です。

「急性期」はストレスを遠ざけるのが重要

十分な休養と薬物療法を開始する期間です。抗うつ剤が処方され、症状の度合いによって薬を増減させます。この時期は薬よりも休養が大切な時期で、ストレスの原因から離れ心身を休めるのが何よりも重要です。平均1~3ヶ月ほどです。

「回復期」で少しずつ症状を改善

症状に波が来る時期です。緩和されたと思ったら再度症状が重くなるという事が繰り返され、そうした状況で徐々に改善をしていきます。急性期よりも精神的に楽になり、少しずつ前向きになっていきます。平均4~6ヶ月です。

「再発予防期」最も気をつけるべき!

再発予防期は症状がかなり緩和し、社会復帰も可能になる時期です。しかし完全に治ったわけではなく、むしろここが一番気をつけるべき時期です。

「うつ病は治りかけが一番危ない」と言います。これは症状が和らいで気力が湧いてくると、ふとした事がきっかけで自殺してしまう場合があるからです。

症状の重い時期は気力が激しく低下しているので、むしろ自殺の心配は少ないです。しかし症状が改善されて気力が湧いてくると、回復した気力が自殺に向かってしまう可能性があるからです。平均1~2年で、治療に最も長くかかります。

治ってきたら薬も治療もいらない?自分の判断で治療を止めたら悪化してしまう!

例えば抗うつ薬や睡眠薬を服用している場合、服用を止めようと思ったら「減薬期間」をはさむ必要があります。

いきなり薬の服用を止めると身体に負担がかかり、症状が悪化してしまう可能性があります。なので少しずつ薬の服用量を減らしていく期間が必要です。

うつ病の場合、薬で脳内伝達物質の量を調節している状態です。この時にいきなり服用を止めると、脳内伝達物質のバランスが急激に崩れ、症状が悪化してしまう危険性があります。自己判断で薬の服用や通院を止めるのは控えるべきです。

回復後もしばらくは通院が必要!

うつ病を克服するには回復後のケアも非常に大切です。前述の再発予防期も適切なケアが必要で、それにより再発を防ぐ事が出来ます。

症状が回復した後も通院・カウンセリングをして、再発予防をする事が重要です。再発の心配が無いと判断してもらって、初めてうつ病克服に成功したと言えます。

どうしても焦ってしまう?ジックリと克服を待つのも大切!

もう一度言いますが、うつ病治療は焦って行うと逆効果です。もしもアナタが半年以上、うつ病の治療を続けている場合でも、焦る必要はありません。前述したようにうつ病を克服する時間は人によって違うので、3ヶ月で治る人も居れば5年かけても治らない人も居ます。

克服時間は人によって違うので、焦る必要はありません。心を休め、回復するのをひたすら待ちましょう。やりたくない事をやらず、嫌だと思うことはせず、じっくりと克服を待つのもうつ病治療に必要です。

まとめ

うつ病の克服はおよそ半年ですが、個人差が大きいので遅くても焦る必要はありません。むしろ平均通りには行かないと思い、落ち着いて治療に望む事が重要です。さらに再発防止の時期も長いので、焦らずじっくり治療に望むという気持ちで治療していきましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ