うつになりやすい4タイプの性格とは?

うつうつになりやすい人とうつになりにくい人がいます。それには性格が大きく起因している場合もあります。

また、過度のストレスや環境の変化が発病の引き金になることもあります。脳の神経伝達物質のセロトニンの働きも関係しているようです。

一般的にうつ病は、過度のストレスが原因だと思われています。特に、人間関係のストレスと環境の変化によるストレスは多いです。身近な人の死やリストラなどは、当事者にはものすごいストレスがかかります。

これらのストレスは誰でも接する可能性がありますが、個人の性格によりそのストレスへの感じ方が異なります。そのためうつになる人とうつになりにくい人がいるわけです。では、うつになりやすい4タイプの性格を見ていきましょう。

タイプ1:真面目な人はうつになりやすい

真面目で責任感が強く完璧主義な人がうつになりやすいといわれています。いわゆる頑張りやさんです。

このタイプは自分の許容範囲を越えてもがんばっても目標を達成しようとします。そのためストレスを抱え込み、心のバランスが保てなくなります。なんでも完璧にこなすことは無理だということを理解して、たまには手を抜いたり休むことも大切です。

タイプ2:循環気質な人もうつになりやすい

他にもうつになりやすいタイプがいくつかあります。循環気質の人(気分が変わりやすい人)は、社交的で人当たりもよい反面、激しやすいです。元気いっぱいの躁状態とうつ状態を繰り返す双極制うつになりやすいといわれています。

タイプ3:執着気質な人もうつになりやすい

義務感が強くて、凝り症でこだわりが強い執着気質の人もうつになりやすいです。一つの仕事を完成させる為に一生懸命働きます。がんばりすぎて、ある日突然うつ状態にはいります。

このタイプはなんでも物事を白黒はっきりさせたがります。また、優先順位をつけることを苦手とします。

タイプ4:気を遣いすぎる人もうつになりやすい

周りに気を遣いすぎるタイプもうつになりやすいです。このタイプは常識的で周りの人達に気配りを忘れません。一方で、他人の評価をとても気にして、何か問題が起こると、パニックになり悲観的になります。

これらのように性格に起因してうつになりやすい状況がマッチした時にうつになる可能性が高まります。自分がどんなタイプの人なのかを理解してうつになりやすい状況が出てきたときに早目に対処できるようになるとうつを重症化しないようにできます。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ