適応障害患者への適切な対応は?関係性ごとに詳しく解説!

適応障害を抱える人の言動は、そうではない人から見ると不可解に見えることが珍しくはありません。患者本人にとってはごく自然なふるまいであっても、周囲の人がそれを理解することが出来ない場面が多数存在しています。

その謎を解くためにも、適応障害の症状や患者の特徴、周囲の人はどのように接すればいいのかを伝授します。

適応障害患者ってどんな人?症状の特徴とは?

適応障害患者の言動が不可解なのは、適応障害という疾患の特異性を知らないためです。適応障害患者への接し方を知るためには、最初に適応障害そのものについて知っておく必要があります。

適応障害とはどんな疾患?

適応障害はしばしば「うつ」と同一視されます。しかし発症の原因にあるものは全く異なっているのです。適応障害とは、特定の環境下における限定されたストレスに耐えられなくなる疾患です。

簡単に言うと、特定のストレスに対する過度な恐怖心によって、著しく生活に支障が出てしまうのが適応障害なのです。ストレス環境下での症状は「うつ」と酷似していますが、ストレスから離れると症状が治まってしまうのが「うつ」との違いです。

適応障害に独特な症状

適応障害の最大の特徴は、症状が現れる原因がはっきりとしており、それ以外の環境では何ら健康な人と変わらない点にあります。このギャップが、適応障害患者の言動を理解不能にさせている原因なのです。

どうやって治す?適応障害に有効な治療法とは?

適応障害は「甘え」や「わがまま」ではありません。医学上も疾患として定義されており、治療法も確立されています。適応障害に有効な治療法を知ることで、患者に対する接し方のヒントを得ることが出来ます。

薬物療法

薬物療法とは、適応障害の症状に対するアプローチの方法です。主に使用されるのはこのような薬です。

  • 抗不安薬
  • 抗うつ薬
  • 睡眠薬
  • 気分安定薬
  • 頭痛薬
  • 胃腸薬
  • めまい止め

薬は治療の補助的な手段に過ぎず、薬のみでは完治を望むことはできません。

辛い症状を一時的に緩和し、本格的な治療を始められるようにするために行われるのが薬物療法なのです。

認知行動療法

認知行動療法とは、物事に対する認識が歪んでしまっている状態から、正常なものの味方へと修正する治療法です。

適応障害は、特定の物事に関する認識(=認知)が歪んでしまっていることが原因で起こります。原因となる事象に対する過度な恐怖心がストレスとなり、その環境に耐えられなくなってしまうのです。

認知の歪みを修正することで、根本から適応障害を治療することが出来ます。

患者は社会人が大半!職場での接し方がとても重要!

適応障害は予後が良好な疾患です。しっかりと回復し、戦力として再び活躍してもらうことは十分に期待できます。そのためにも、適応障害を抱える人に対する職場での接し方の指針を学んでおく必要があります。

職場の占める割合は非常に高い

適応障害を発症する患者の大半が社会人です。そしてその原因は職場にあります。つまり、適応障害患者への職場における接し方は、症状の改善や悪化にとても重要なウェイトを占めるのです。

まずは本音を知ることから

適応障害を発症する人は、まじめで完ぺき主義な性格の持ち主である傾向が強くあります。そのような人たちは本音を隠し、一人で抱え込んでしまいがちです。本人が心の中にため込んでいる職場に対する本音を引き出すことが不可欠な対応となります。

その際、「所属部署の長だから」、「人事担当だから」などといった役割による人選は適切ではありません。本人が安心して本音を表出できる信頼関係を持った人にお願いしましょう。

適応障害患者への接し方!職場ではどうする?

適応障害患者は会社に対して恐怖心と不信感を抱いてしまっています。それを解消することが、適応障害からの回復に大きな役割を果たすのです。そんな従業員には組織としてどのように接していけばよいのでしょう?

職場としてできることを探す

時には「わがまま」と映るのが適応障害の人の言動です。会社も組織ですから、すべての要望を聞き入れていては成り立ちません。

そこで、本人から引き出した要望のうち、組織としてできる事とできない事を明確化しましょう。全ての希望をかなえる必要はありません。

肝心なことは、「会社は全体として真摯にあなたと向き合っている」ということが伝わることなのです。これが伝わるだけでも、会社に対する本人の恐怖心やストレスを大きく軽減させる効果があります。

安易に休職をすすめない

労災や過労死などのリスクを考えると、健康に不安のある従業員に対しては休職をすすめたくなります。しかし、適応障害においては休職はかえって悪影響を及ぼす可能性のほうが高くなります。

休職ではなく、時短や限定勤務などで対応する方が回復への近道となります。

適応障害患者への接し方!家族はどうする?

毎日一緒に過ごすのが家族です。特に精神的な距離が一番近いため、かえって対応に迷う場面も多くなります。良かれと思ってしたことも回復の妨げになってしまう場合もあるのです。

家族は適応障害患者にどう接したらよいのでしょう?

過度に干渉しない

家族の不調に対しては、無条件で心配になってしまうものです。ところが、やたらと心配したり気を回したり、「○○したほうがいい」などといったかかわり方は厳禁です。

本人にプレッシャーを与えるだけでなく、治療に対する主体性も奪ってしまうことにつながるからです。

訴えがあるときには傾聴する

傾聴とは、自分の意見や感情を間に挟むことなく、ひたすら相手の訴えに耳を傾けることを言います。相手を批判したり、途中で話を遮ったり、アドバイスなどを行ってはいけません。

ただただ相手の話に耳を傾け、その感情に共感すること。それだけで本人の心はとても軽くなります。傾聴することは、「私はあなたの味方である」ということを伝える最も確実な手段なのです。

先送りは無意味!過度な患者扱いが回復を遅らせる!

適応障害の人とのかかわり方にはコツがあります。それは、相手の主体性を尊重することです。適応障害では、目の前の苦痛から逃れることで頭がいっぱいになっています。

そのような追い詰められた状況で「自分を個人として尊重してもらう」ことは回復のための第一歩となるからです。

とはいえ、相手の要求全てを受け入れることは逆効果です。それは結局すべてを相手に依存していることを意味し、真の問題の解決を先送りしているにすぎないからです。過度な患者扱いは治療の妨げになります。

適応障害の治療には「自分が治す」という主体性が不可欠なのです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ