要注意!日本人がうつになりやすい理由

うつ子供から高齢者まで、誰でも発症する可能性があるうつ病は、現在とても増加している精神疾患の1つです。

最近では、日本は自殺大国とも言われていて、年間3万人もの人が自ら命を絶っているというデータがあり、うつ病との関連にも注目が集まっています。

では、うつ病にはどんな人がなると思いますか?うつ病にどんな人がなるかというと疲れやすい性格の人です。

疲れやすい性格の人とは、真面目で頑固、几帳面で完璧主義なところがあり、周囲がいい加減な場合にイライラしたり、腹を立てたりしてしまいますし、期待をかけられるとそれに応えようと無理をしてしまう人のことです。

日本人はうつになりやすい

勤勉といわれる日本人には、このタイプの人はとても多いですよね。

このタイプの人は、思うような成果が得られなかったり、周囲の期待に応えられないときに、自分を責めてストレスを溜め込み、うつ病を発症してしまいます。また、発症しやすい環境というものがあり、その環境にいる人の発症率は高まります。

うつ病は、そもそも仕事や家庭で受けるストレスが原因で発症します。その中でも環境が変化するほどの事柄は、大きなストレスとなるのです。例えば、配偶者との死別や、離婚、退職、リストラなど、生活環境が変化する程のストレスを受けたり、小さなストレスの積み重ねによって発症してしまいます。

うつ病にどんな人がなるのか考える上で、男性と女性では発症率が異なります。女性には、大きなストレスを受ける妊娠、出産などがあり、仕事の合間に家事や育児をこなすなど、男性に比べると発症率が2倍になると言われています。

もしも疲れやすく、気分が沈んでなかなか回復できないなどの症状があるときには、精神科や診療内科を受診することをお勧めします。自殺者はストレスを受けやすい女性よりも、精神科を受診するのに抵抗がある男性の方が多いというデータもありますので、まずは軽い気持ちで電話相談などをしてみるのもいいかもしれませんね。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ