うつ症状の4つの特徴とは?

うつ自分がうつ病だと自覚できる方は少ないかも知れません。

うつ症状があっても、こんなことではいけない、廻りから怠けていると思われるのが辛い、早く元通りの自分に戻りたいと思いながら、月日を過ごしてしまう方が少なくないのではないでしょうか。

うつ病の症状の特徴に客観的に物事を判断出来ないというのがありますので、ご本人の自覚がなくても、うつ病の症状を家族や周りの方が認めれば、一旦は専門医に診てもらうように勧めることも必要だと思います。

うつの症状の特徴は?

うつ状態の特徴は一般的に、憂うつ、億劫、堂々巡りが重なる状態とされています。

心身のエネルギーが停滞している状態で、

感情面では

  • 気分が沈む
  • 自信がなくなり弱気になる
  • 気疲れしやすくなる
  • 好きなことに関心を持てなくなる

意欲面では

  • 何とかしないとと焦る何をするにも億劫になる

身体面では

  • 食欲が落ちて、食事を美味しいと思えなくなる
  • 性欲が減退する
  • 夜寝付けず、夜中に何度も目が覚めて、朝早く目が覚める
  • 全身の倦怠感、頭痛、肩凝り、胸やけ、便秘や下痢症状がある

思考面では

  • 決断が出来なくなる
  • 小さなことを繰り返し考える
  • 集中力が落ちてミスが増える
  • 物事を悲観的に考える

などがあります。

うつになるのはストレスの影響が大きい

どんな時にうつ状態に陥るか、それは個人差がありますが、ストレスの影響が大きいと言われます。どんな時に受けるストレスかと言うと、家族や親しい人との死別、離婚、事故や病気を発症した時などは悲しく、苦しい出来事を経験するため、多くの方にとって大きなストレスになると理解されます。

しかし、時には喜ばしい明るい出来事がその人にとって大きなストレスになる場合もあります。どんな時かと言えば、職場での昇進、結婚、出産、子供の独立など人生の転機が急激な変化となって、対処することが難しい場合、ストレスからうつ病を発症することもあり得るのです。

特に今の社会は日々目まぐるしく経済や社会のシステムが変化していますし、入ってくる情報も膨大になっています。変化のスピードが早い、情報化社会であることもうつ病患者の増加に繋がっているのかも知れません。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ