5大栄養素の役割がスッと分かる!

栄養素私たち人間は3kgほどで生まれた後、成人する頃には約15倍~25倍になります。

その体はすべて食べたものから作りあげられていますが、いったいどのような食べ物がどんな栄養素を持ち、どんな役割があるのかについてご説明します。

栄養素の役割

人の体を作る上で必要なのは、炭水化物(糖質)・たんぱく質・脂肪の3つの栄養素。

そしてこれらの体を動かすエネルギー源の代謝を良くしたり、補助する役割を持っているのがビタミンミネラルを合わせて、5大栄養素と呼ばれています。

ここではこの5大栄養素の役割について見てみましょう。

炭水化物

活動のエネルギー源となる糖質のこと。穀類や麺、いもなどです。食べ過ぎの場合は、皮下脂肪となるので要注意です。

たんぱく質

臓器や筋肉など、体の全ての組織や血液を作りますが、貯蔵はできないしくみです。体作りにたんぱく質は欠かせない栄養素。たんぱく質は20種類のアミノ酸から作られていますが、その内10種類の必須アミノ酸は体内では作れません。

脂肪

エネルギー源となる脂肪酸と体脂肪となるリン脂質、コレステロールは少ない量でも大きなエネルギー源となります。また、使われた後は皮下脂肪となって体温の維持などに役立てられます。

ミネラル

体が動くための潤滑油的な働きをする無機質栄養素。体の構成成分としての役割と、生理作用を調整する役割をはたします。

ビタミン

生理作用の調整、および酵素を活性化させる新陳代謝に使われます。ビタミンB2は皮膚や粘膜を健康に保つ働きが、ビタミンCにはストレスに対する対抗力と免疫力を高めてくれます。動物は体内で作ることができますが、人間はできないので食物から摂取しなければなりません。

栄養素が体を作る

このように5大栄養素を中心にその他のいろんな栄養素がそれぞれの役割を果たすことで、健康な体が作りあげられるわけです。

今食べたものが10年後の体を作ると言っても過言ではありません。好き嫌いをしないことはもちろん、なるべくたくさんの栄養素を摂取できる食事を心がけましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ