適応障害を克服するストレス対策とは?問題解決にみる8分類とは?

適応障害は、「ストレス障害」の一部に位置づけられ、アメリカの診断基準「DSM-5」には「症状はストレス因子の始まりから3ヶ月以内に出現し、ストレス因子の消失後6ヶ月以内に改善する」とされ、ストレスと関係深い疾患です。

診断基準では、ストレスの性質や強度は特定されていませんが、適応障害にストレスがどのように影響しているかについて説明します。

ストレスの定義とは?ストレスの種類とは?

ストレスとは、元々物理学用語で、「物事に異変を生じさせる」、「圧力や衝撃」を意味していましたが、それが人間の心理的な異変を起こす原因として使用されるようになっています。

確立した定義はまだない!

「ストレス」とは、科学的に確立した定義がまだありませんが、現在では、個人ごとの心身の負担となる出来事や要求のことを「ストレス要因(ストレッサー)」、それに対する感情や行動への反応を「ストレス反応」と呼び、この二つを合わせて「ストレス」と総称しています。

程度より受け止め方が重要!

ストレス要因となりえる事象は、個人の日常生活で生じるレベルから災害など地域社会を巻き込むようなレベルまでその範囲は幅広く、苦痛や悲しみなどネガティブな事象だけでなく、結婚や昇進といったポジティブな事象も対象となり得ます。

そのため、ストレスとは「何が」ではなく、個人のストレスに対する受け取り方や耐性が大きな影響を及ぼすことになっています。

    <ストレス要因の種類>

  • 社会環境:住居や経済的な問題など
  • 健康面:病気、食習慣、労働など
  • 心理面:家族、異文化、学校、職業など
  • コミュニケーション:人間関係の問題など
  • ポジティブイベント:結婚、出産、就職、子どもの独立、昇進など

ストレスは脳で評価される!ストレスと脳の働きとは?

ストレスを受けると、脳内の神経伝達物質の分泌に変化が起こることが研究で確認されており、脳とストレスには密接な関係性があります。

ストレスの評価は人それぞれ!

ストレス要因に対するストレス反応に人それぞれの違いが現れるのは、「個人の経験や記憶に基づいて、ストレスによる影響、苦痛の強さや解決への難易度など、脅威の程度を脳内で認知し評価」しているためです。

そのため、同じ環境で同じストレスに遭遇しても、心身に影響が現れる人と何も問題が生じないない人がおり、個人差がみられことになります。

三大神経伝達物質とは?

ストレス要因が脳内で評価されると、脳内の神経伝達物質の分泌に変化が起こります。ストレスに関係深い脳内の神経伝達物質は、主に「セロトニン」、「ドーパミン」、「ノルアドレナリン」の3つが挙げられ、通称「三大神経伝達物質」と呼ばれています。

    <三大神経伝達物質>

  • セロトニン:心の不安や緊張の緩和など精神の安定、睡眠の質向上に働く物質
  • ドーパミン:「快感」、「意欲」、「集中力」などに働く物質
  • ノルアドレナリン:心拍数や血圧をあげるなど、神経を興奮させる物質

ノルアドレナリンは、ストレスを受けると放出されるため「怒りのホルモン」とも呼ばれており、適応障害で悩む方の多くは、セロトニンやドーパミンの分泌量が低く、ノルアドレナリンの分泌量が高くなっている可能性があります。

問題解決の8分類とは?発症しやすいタイプとは!

アメリカの心理学者ラザルスは、ストレス要因への問題解決の仕方を8つのタイプに分類しています。

    <問題解決の8分類>

  • 計画型:特徴は慎重と熟慮。性急に判断せずに、計画的に問題解決に動く。
  • 対決型:特徴は強い自己信頼感。自信をもって問題に積極的に対処する。
  • 社会的支援型:特徴は過信をしない。自分の力だけで無理に対処せず、他者を信頼し、相談や助力を求め問題解決に動く。
  • 責任受容型:特徴は強い自己認識。自分の役割やなすべきことを強く認識し、物事を調整して問題解決に動く。
  • 自己コントロール型:特徴は自己抑制。自分の感情や行動の制御を試み、自分自身で対処に動く。
  • 逃避型:特徴は現実逃避と他責性。問題解決の意欲を失い易く、問題から逃げようする。
  • 離隔型:特徴は思考停止と逃避。問題を考えようとせず、趣味やアルコールなどで忘れようとする。
  • 肯定価値型:特徴はポジティブ思考。問題解決においても自己発見や自己啓発、自己改革などの意義を見出そうとする。

逃避型はストレス耐性が弱い!

適応障害になりにくいのはどのタイプは、「計画形」と「肯定価値型」で、ストレス耐性が弱い「逃避型」のタイプに適応障害の方が多くみられます。

自己抑制ができ、理性的かつ計画的に問題解決に動くタイプと、ポジティブ思考の方は、ストレスへの適応力が強く適応障害になりにくい特性となっています。

一番の治療はストレスの除去!適応力の高め方とは?

適応障害も含めた多くの精神疾患は、その根底に必ずストレスが存在しており、ストレスへの対処が治療の基本となっています。

ストレスの除去が困難なら?

適応障害における一番の治療方法は、ストレス要因の除去であり、環境調整することです。しかし、家族のように動かせないもの、離れるのが難しいものもあり、ストレス要因の除去や回避が困難なケースもあり、このような場合は本人の適応力を高める治療が必要となります。

治療は本人の主体性が重要!

ストレス要因に対してどのように受け止めるかには、本人の思考のクセ「認知の歪み」が存在していることが多くみられます。

この認知の歪みにアプローチしていくのが、精神療法の一つ「認知行動療法」です。また、問題と症状自体に焦点を当て治療者と本人が協同的に解決方法を模索していく「問題解決療法」も適応力を身に着ける効果があります。

精神療法は医師やカウンセラーなど治療者と本人が協力して進める治療法ですが、基本的には治療を受ける本人が主体的に取り組む姿勢が重要となっています。

ストレス対策の進め方とは?段階に合わせたアプローチを!

ストレス対処行動を「コーピング」と呼び、さまざまな手法があります。その一つに「ストレス対処行動スキルの向上」があり、ストレス反応の抑制に効果があります。

まずは関心を高める!

メンタルヘルスへの関心が乏しい方に、ストレス対策を説いても簡単には従ってくれません。その人のストレスへの関心度やストレス低減のための努力度の違いに合わせ、アプローチを変えていく必要があります。

段階的かつ継続的に!

ストレスへの関心が無い段階の方は、ストレス低減のために発生する不利益を重視して利益を無視する傾向があります。まずは、メンタルヘルスやストレスの弊害について関心を高める意識づけが必要です。また、ストレス低減の対策の実行に対し難しさを感じている段階では、時間や労力の損失より恩恵が大きいことを教え、実行を後押ししていきます。

自ら自主的にストレス低減を実行している方には、多忙な環境や苦境に遭遇して、以前の状態に逆戻りしないよう予防する対策が重要です。

まとめ

現代社会では、一つのストレス要因や問題を解決しても、次々と新たなストレスが発生してきます。そのためには、ストレスへの適応力と耐性を身に着ける必要があります。また、自分がどのようなタイプの問題解決をするかを把握しておくことも、適応障害などストレス関連の精神疾患要望に効果的です。

「ストレス対処行動のスキル向上は誰にでもできること」、「個人のQOLの向上にも役立つこと」、「習得ペースには波があるため一喜一憂しないこと」を忘れずに、ストレスを克服していきましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ