うつになって何も手につかない!私が回復できた対策は? 女性 ウエディングプランナー 31歳 A.T.さん

うつを経験したことがある人は様々な辛い思いをします。それは実際にうつを経験したことがある人しか分からない感情です。私は自分がうつになるなんて予想もしていませんでした。

だからこそ、うつだと分かったときの落ち込みっぷりは酷かったです。そんなうつの辛い症状と治すきっかけをご紹介します。

最も辛かったのは何も手につかないこと!

私はうつになったときに自分がうつだなんて思いたくありませんでした。うつなんて恥ずかしいと思って自分を余計に追い詰めました。

また最初は仕事が段々手につかなくなって来て、おかしいと思いました。そして休職した頃には仕事どころか何もかもが手につかなくなっていました。

特に一番辛かったのが料理です。料理をしようとしたらできなくて唖然としました。説明しにくいですが、本当にやりたくないというよりもできないという状況なのです。家事が手につかなくて辛いと思いました。料理を待っている夫と子供に少々怒りが湧いたこともあります。誰も助けてくれない、料理も手伝ってくれないのが辛かったです。

家にいるのに何もできない私への夫の冷たい視線も辛いと思いました。何もできないことが苦しかったです。

うつ対策になったことは!?

私がうつ対策で良かったと思うのは、担当の病院を変えたことです。最初に受診した病院の先生は私とは相性が悪かったです。カウンセリングをしていても、ちょこちょこ傷つくことを言われてショックでした。

でも別の病院に受診するようになってから、すごく良い先生に出会いました。「無理しない」が口癖の先生で、無理に仕事に復帰しろとは言いませんでしたし、面白い話で笑わせてくれたりもしました。相性がいい医師にうつのことを相談していたら、段々と気持ちが楽になりました。

先生から「何かした方がいい」と言われて、散歩を始めたのも良かったと思います。外に出るのは大変怖かったですが、人があまりいないような山の上の公園まで散歩するようになってからはどんどんうつが回復して行きました。

おそらくうつになると何も手につかなくなります。しかし、定期的に何かをするようにした方が良いです。私にとっては散歩が良いリフレッシュになりまして、うつを回復させました。休職後に復帰したのは、この病院の先生のおかげだと思います。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ