うつ病の過眠症改善には朝日の中でのウォーキングが効果的!

うつの症状はいといろありますが、その中に睡眠障害もその症状の1つです。

うつの睡眠障害には夜寝ようとしても眠れない、一度目が覚めると眠れなくなるなどの不眠症の傾向が多いのですが、不眠症よりも寝すぎてしまう過眠症の方がもっと気をつけなければなりません

過眠症って?

過眠症とは浅い睡眠が理由で目覚めている時も意識がボーっとしてしまい、半分眠ったような状態で眠くてたまらないという状態のことです。この場合、寝れば寝るほど眠くなってしまい、まったく活動ができなくなってしまいます。

この過眠症はうつの症状の1つというよりも、うつ状態に陥り働けなくなって休職してしまうと、何かやることもないし、何かやる気にもなれない。

人と会ったり話をすることや外出することが面倒くさい、今まで趣味だったこともつまらなくなってしまった、テレビを見てもつまらない、身体も重い感じがして外出するのも億劫というような環境が、ついつい眠ることで時間を過ごしてしまい過眠症になってしまうという悪循環を繰り返すことになります。

規則正しい生活がうつの改善に必要!

しかし、こんな状態では治るうつも治りません。うつの改善には、ゆっくり休養することが大切ですが、それは眠ることではなく規則正しい生活と適度な運動の中で心身の健康を取り戻すということです。

しっかりと午前中に起床して朝日を浴びてウォーキングなどの軽い散歩をすることで過眠症で狂った体内時計が正常化されますし、軽い運動でここちよい汗をかいてスッキリすることもあると思います。

また運動による適度な疲労は深い睡眠や食欲増進にも繋がります。このように毎朝運動するだけで生活リズムが整いうつの改善に大きな効果を発揮します。

うつ治療には抗うつ剤を使用するのが一般的ですが、薬はその効果が切れてしまうとまた服用せねばならなくなり、薬に頼り、休養を勘違いして過眠症となって悪循環を繰り返します。

うつの根本的な治療は生活習慣の改善にあります。もしうつじゃなくても、不眠・仮眠の睡眠障害を感じている場合は朝日の中でウォーキングをしてみてください。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ