何でも完璧でないと心配で動けなくなる事がある?不完全恐怖かも!

多少の物事の正確性や、対象性にこだわる事はだれにでもある事です。しかし、時にはそれが尋常ではない状況にまでなる人もいます。

ひとつの例ですがお風呂に入る時など、服の脱ぎ方や入浴の方法に関しても決まった順序で行なわないといけないと強く感じている人もいます。

その順番が少しでもくるうと初めからやり直しを何度も繰り返すのです。この為に、時間が使われてしまうのです。これは、強迫性障害の不完全恐怖になります。今回は、この不完全恐怖について調べました。

完璧を目指して不完全恐怖?不完全を恐れている!

不完全恐怖とは、強迫性障害の症状で自分のした事が完全ではない事を恐れているのです。自分のした事が不完全と感じ完璧を求め同じ行動を繰り返すのです。完璧主義とは違います。

会社では、初め仕事は丁寧で正確との評判もいいです。しばらくすると神経質な人という印象を与える事になります。症状が重症化すると、確認の作業に時間を使いすぎて仕事の能率が下ります。仕事への支障も増え、仕事を続ける事が困難になります。

症状とはどんなもの?

不完全恐怖の症状とは、人により様々あります。全てではありませんが、よく見られるケースを挙げてみましたので、参考にしてみて下さい。

    <不完全恐怖の症状として代表的なもの>

  • 家の中のものが常に同じ状態でおかれていないと嫌
  • 本棚の本は常に順番が守られていないと嫌
  • 洋服の着替えが自分のルールで完璧に出来ていないと嫌
  • 作業の途中で手を止められると始めからやり直す
  • 相手に言われた事が理解できているかをしつこく確認をする

完璧主義とは違う!

不完全恐怖は、完璧主義に似ているような気もしますが違います。それは、確認をするという強迫行為が不完全恐怖にあるのです。

なぜ不完全恐怖になる?過去の経験も原因の1つ!

完璧を求める事に異常な程の確認を繰り返す強迫性障害になる原因として、脳の神経伝達物質の機能異常がある事が最近認められています。

不完全恐怖になる原因は、その他にも色々とあり1つに決める事は難しいです。その中でも過去に受けた経験も、大きな原因の1つになります。そして、ストレスや患者さんの性格も発症に大きな影響を与えやすいといえます。

過去の経験とは何の事?

外出する時に鍵をかけたか不安になり、確認の行為を繰り返すという症状があります。これは、過去に泥棒に入られた事があるとか近所で刑事事件等があったりするとその事が心の傷になり症状が始まる事もあります。

性格も影響を与える?

性格が影響を与えるとは、患者さんの性格により発症しやすい時もあるという事です。患者さんによく見られる性格を、下記に挙げてみました。

    <患者さんによく見られる性格>

  • 完璧な事を求めやすい
  • 自分の責任を考えやすい
  • 几帳面である
  • 神経質
  • 内気な性格

不完全恐怖は治る?専門の医療機関を受診する事!

以前は治療が難しいと言われてしたが、最近は強迫性障害は治る病気になってます。ただし、症状は人により違いがあり治療に掛かる時間はだれでも同じではないのです。

大事な事は、専門医療機関を受診する事です。「精神科」「精神神経科」そして「心療内科」になります。「心理相談室」などでは、臨床心理などの資格をもつカウンセラーによる対応になります。医師ではないので、診断などは出来ないので向いていないのです。

専門の医療機関がいい?

病院への受診を考える時には、評判がいい所や家から通いやすい等を考慮して選ぶ事が多いのですが強迫性障害を熟知している専門の医師のいる医療機関を受診する事がポイントになります。

治療の効果を上げる為に?治そうと気持ちを持つ事!

病院へ通うだけでは完治する事は難しいものです。治療を始めたら、「病気を治そう」という患者さん本人の強い気持ちを持つ事がポイントになります。

治療方法の1つである、認知行動療法では患者さんの気持ちが治療の効果に大きく影響します。治療に対する気持ちが少ないと、時間が掛かります。

良い方向に進んでいたのに後戻りするような時もありますが、そんな時は「上手くいかない時もあるさ」と気持ちを切り替えていきましょう。

上手くいかない時もある!

治療を進める中では、いい時も悪い時もあります。順調に進んでいる中で、つまづく時もありますがそんな時には上手くいかない時もあるとゆったりとした気持ちで進みましょう。

家族へ手助けを求められたら?医師と相談の上対応!

家族の方はまず、病気の事を正しく理解してあげて下さい。そして、患者さんも止められない事を悩んで苦しんでいる事をわかってあげて下さい。

家族の協力は、治療を進める上でもとても大切になりますが方法を間違えると逆に症状を重症化させてしまう事もあります。ですから、注意が必要です。言われたとおりに手助けするのではなく、家族も患者さんと共に受診をして医師と相談をしながら治療を進めていきましょう。

症状を重症化させない?

家族が患者さんの為と思い、言われるままに手助けをする事や患者さんに対して間違えた対応をする事もありその事が症状を悪化させてしまう事に繋がるのです。

ストレスを溜めない事?

患者さんは、家族に対しても自分と同じ方法での行動を求めてくる事もあります。その事が家族の中で問題になる事や、家族も大きなストレスを抱える原因にもなります。そうならない為にも、医師との連携してストレスを溜めない事が必要になります。

まとめ

今回は、強迫障害の不完全恐怖という病気について、症状や原因に、治療の効果を高める方法、家族の対応について等調べました。

不完全恐怖は、強迫障害の症状の1つで自分の行為が完全でない事を恐れ完全にする為同じ行為を繰り返します。原因は、1つに決める事は難しいのですが過去に受けた経験も、原因の1つです。ストレスや、本人の性格も発症に影響を与えます。

強迫性障害は治る病気ですが、人により掛かる時間は違います。専門医療機関を受診する事と、本人が治療に積極的になる事が大事な事です。

家族の協力は、とても大切ですが方法を間違えると悪化させるので本人と受診をする事で病気の理解と医師との連携も大事な事です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ